おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天銀行の評判とメリット、デメリット。金利や手数料、口座開設の流れまで解説

楽天銀行は日本で二番目に開業したネット銀行です(旧:イーバンク銀行)。現在は楽天の子会社となっています。楽天グループということもあり、楽天ポイントなどのポイントを使ったキャンペーンやサービスのほか、同グループの証券会社である楽天証券との連携サービスも充実しています。

今回はそんな楽天銀行が提供している特徴的なサービスやATM手数料、振込手数料、預金金利といった銀行としてのスペック比較をしていきます。

楽天銀行公式ホームページ

スポンサーリンク

楽天銀行の総合的な評価と評判

ネット銀行としては総合的な銀行となっています。手数料や金利などのスペックも決して低くありません。一時、イーバンク銀行から楽天銀行に変わったときに手数料体系などがやや改悪が続いた時期もありましたが、近年は逆に改善が行われています。

楽天グループということもあって、楽天市場との連携(楽天スーパーポイントの付与など)や楽天証券との連携(マネーブリッジによる資金共有サービス)などがあります。

以下のような方にとは特におすすめです

  • 預金を高金利で運用したい
  • 株式投資や投資信託への投資となった資産運用に興味がある
  • 楽天市場のヘビーユーザーである

楽天銀行公式ホームページ

 

楽天銀行の特徴的なサービスを徹底分析

楽天銀行の銀行関連サービスについてまとめてみました。各種手数料や預金関連サービス、キャッシュカード、ローン回りなどをソニー銀行ならではのサービスや他の銀行との違いなどを比較しながら紹介していきます。

  • 楽天銀行のハッピープログラムとATM手数料・振込手数料
  • 預金関連サービス(普通預金、定期預金、外貨預金)
  • キャッシュカード・デビットカード
  • キャンペーンはかなり豊富。上手に使えばお得。

 

楽天銀行のハッピープログラムと手数料

楽天銀行のサービスを理解するうえで重要になるのが「ハッピープログラム」という優待プログラムです。預金残高などの条件に応じてランクが決まるプログラムで、ランクがあがるとATM手数料や振込手数料を無料にできます。

楽天銀行を活用する上では、このハッピープログラムで最低でもアドバンスト、できればプレミアム以上を満たせないとATM手数料や振込手数料などの面で使い勝手が悪いです。

楽天銀行のハッピープログラムとは?ハッピープログラム活用のポイント
2015-06-03 12:47
大手ネット銀行の楽天銀行は「ハッピープログラム」という優待プログラムを用意しています。ベーシック、アドバンスト、プレミアムといったように楽天銀行のサービス利用状況に応じて5段階のス
リンク

 

ATM手数料・振込手数料は条件付き無料サービスあり

楽天銀行ではATM手数料や振込手数料(他行)については、上記のハッピープログラムで最低でもアドバンスト(預金残高10万円以上)が必要になります。

2~3回は利用したい……と考えるとするとい預金残高100万円のVIPくらいは欲しいところ。そうなってくるとある程度、資金量があるのが前提になってきますね。

やや資金力が必要になってきます。この辺りが厳しいというのであれば、無条件またはもっと低い条件でATM手数料無料、振込手数料無料という銀行はあるので、そうした銀行を活用するほうが良いかもしれません。

2017年 ネットバンクのATM手数料、振込手数料を無料にするためのまとめ
2013-04-17 13:46
2017年4月現在における主要ネットバンクにおけるATM手数料や振込手数料、振込手数料の無料条件などをまとめます。特に、ネットバンクを普段使いの銀行として便利に活用したい方は、あな
リンク

 

銀行預金は普通預金(マネーブリッジ)がお得

預金については、楽天銀行は普通預金の金利が高いことで知られています。

ただし、その特別金利の普通預金を利用するには「マネーブリッジ」という楽天銀行の普通預金口座と、楽天証券(ネット証券)の投資資金口座の紐づけが必要になります。
この手続きをすれば、楽天証券で株や投資信託を買うときの資金を楽天銀行の普通預金口座から充当することができ、楽天証券に支払われる配当金などは楽天銀行の口座に振り込まれる形になります。

銀行の普通預金金利が大幅アップ。楽天銀行「マネーブリッジ」のメリット、デメリット
2015-05-26 16:59
楽天銀行が提供している「マネーブリッジ」というサービスがあります。これは、楽天銀行と同じグループの楽天証券との口座を紐付けすることで楽天銀行の預金金利が大幅にアップするというサービ
リンク

これだけで普通預金の金利が通常0.02%が0.10%へと5倍にアップします。ちなみにこの金利水準は普通預金としてはネットバンクの中でも最高水準です。
※金利調査日は2017年9月3日時点

普通預金の金利が高い楽天銀行とイオン銀行を徹底比較
2016-07-22 10:22
2017年現在、普通預金の金利は都市銀行やゆうちょ銀行などでは0.001%にほぼ固定されています。100万円を預金してもたったの10円しか利息が付かないご時世です。 そんな時
リンク

ちなみに、楽天証券はネット証券の中でも大手で、口座数でいえば、最大手のSBI証券に次ぐ第2位の証券会社です。投資関連サービスも充実しているので、楽天銀行+楽天証券を組み合わせはおすすめです。

投資ツールが魅力の楽天証券の特徴と評判。マケスピや日経テレコンなど情報面にも強み!
2017-07-21 11:05
大手ネット証券としてSBI証券に続き、第2位の口座数を持つ楽天証券。楽天証券はネット証券の中でも特に人気のトレードツールとして「マーケットスピード(通称:マケスピ)」をほとんどの投
リンク

楽天証券公式ホームページ

 

キャッシュカード(デビットカード)はVISAとJCBの2ブランド

楽天銀行のキャッシュカードは「VISAデビット付き」「JCBデビット付き(一般・ゴールド)」の3種類があります。デビットカードは銀行口座から直接支払いが可能なカードのことで、VISAデビット、JCBデビットはそれぞれVISA加盟店、JCB加盟店で利用することができるカードとなっています。

クレジットカードとデビットカードの違いを比較、それぞれのメリット、デメリット
2017-08-31 13:34
VisaやJCBなどのクレジットカードブランドのデビットカード。銀行預金(普通預金)の残高の範囲内においてVISAやJCB加盟店で即時決済が可能なカードとなっています。 ネッ
リンク

ちなみに以下のスペック比較を見ていただくとわかるように、楽天銀行のVISAデビットカードを選ぶメリットは基本ないです。選ぶならやっぱりJCBブランドがおすすめです。

JCBデビット VISAデビット VISAデビットゴールド
年会費 無料 953円+税 2857円+税
カードブランド JCB VISA VISA
ポイント還元率 1.0% 0.2% 0.5%
デビットカードなら楽天銀行デビットカード(JCB)が高スペックでオススメ
2015-04-28 16:27
最近、デビットカードの普及が進み始めているようです。クレジットカードの国際ブランドと連携したVisaデビットや2014年からサービスを開始したJCBデビットなどカードブランドと銀行
リンク

ただ、しいて言うのであれば、楽天銀行を利用する方は、楽天市場(ネットショッピングモール)も利用される機会がある方かと思います。

それならば、あえて楽天銀行のJCBデビットカードを作るよりも、素直に楽天カード(クレジットカード・年会費無料)を作るほうが、楽天市場内で様々なポイント特典がありますのでおすすめです。

楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

 

キャンペーンはかなり多いけど、「要エントリー」が多い

楽天銀行は全体的にキャンペーンが多いです。

  • 配当金の入金があればポイントゲット
  • デビットカードを○○円使えばポイントバック
  • 楽天Edyへのチャージ(楽天銀行から)でポイントプレゼント

こんな感じで、いろいろあります。ただ、こうしたキャンペーン「要エントリー」となっていることが多く、楽天銀行の口座にログインしてエントリーをしないと適用にならないものが多いです。

特に毎月継続している「配当金の入金でポイント」などは、自動エントリーにしてくれればいいのに……と思いますが、毎月1度は手続きが必要で面倒です。

ケチ?戦略?楽天銀行の株式配当金受取プログラムと単元未満株取引
2012-05-22 10:55
楽天銀行では、「株式配当金受け取りプログラム」というキャンペーンがずっと行われています。これは株式の配当金を楽天銀行口座で受け取ると件数に応じてもれなく現金がもらえるというお得なキ
リンク

ある程度、楽天銀行をメインバンクとして毎日とは言いませんが、月に数回くらいはログインしないとキャンペーンへのエントリーを見落とす、忘れてしまうこともあると思いますので、注意が必要です。

 

楽天銀行がおすすめな人、向いていない人

ネット銀行としての特徴や特典としては「楽天証券との連携」や「ハッピープログラム」がかなり大きな部分になっています。
ATM手数料無料や振込手数料無料の条件となる条件はやや厳しめとなっているので、楽天市場をよく利用されている方で、楽天銀行+楽天証券を使った金融サービスを活用したい方に向いていると考えられそうです。

楽天銀行公式ホームページ

 

一方で楽天銀行の口座を作るのに向いていない人としては、楽天のサービスを全く使っていない人でしょうか。ハッピープログラムについては楽天ID(楽天市場のアカウント)とのリンクが必要ですが、楽天を全く使っていない人にとっては魅力度が薄いです。

 

楽天銀行の口座開設の流れ

楽天銀行の口座開設はのオンライン申し込みが便利です。
すでに楽天会員(楽天のIDやPWを持っている方)であれば「かんたん口座開設」が可能です。

パソコンやスマートフォンを通じて簡単に以下の公式サイトからオンラインで口座開設手続きが可能です。

楽天銀行公式ホームページ

銀行の口座開設に必要な本人確認書類(運転免許証等)については、「楽天銀行アプリ」をダウンロードして本人確認書類を撮影して送信することで簡単な手続きで本人確認が可能です。

 

以上、楽天銀行の評判と特徴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP