FX会社で取引回数(ロット)を稼ぐ方法とキャッシュバックキャンペーンの活用術

presentFX会社(外国為替証拠金取引業者)はよく口座開設・取引キャンペーンなどをやっています。口座開設で○万円、入金で×万円、取引で□万円といった具合に相当魅力的に思えるキャンペーンを展開されていて目にしたことがあるという方も多いでしょう。

中でも多いのは、取引回数(lot数)に応じて現金プレゼントなどを行うキャンペーンですね。

取引回数(取引量)を増やせばそれだけたくさんのキャッシュバック・プレゼントがもらえますが、取引量を増やせばそれだけリスクも高くなります。

今回はそんなFX会社が行っている現金キャッシュバックキャンペーンを上手にそしてリスクなく行うためのテクニック、活用術をまとめていきます。

スポンサーリンク

FX取引の取引回数・ロット数で現金プレゼントキャンペーン

ほんとによくあります。

上手に使えば数千円、数万円といったお金がもらえるキャンペーンになるので実際にお得です。その一方で大きな投資をする=為替レートの変動で損をするリスクが高まるということでもあります。

 

取引回数(取引量)で現金プレゼントがもらえるキャンペーンとは?

多いのはFX会社に口座開設をして100万通貨の取引をすると○万円を還元といったようなキャンペーンです。

100万通貨というのは米ドルであれば1億円という金額になります。とてもじゃないけど、そんなリスクは負えないというように考えるのが普通かもしれません。

ところが、100万通貨を取引すればいいだけです。

1万通貨を買って、即売却するという取引を100回繰り返せばいいだけです。そしてタイミングさえ間違えなければ短期間でそう大きく為替レートは動かないのでコストは後述する「理論コスト」に落ち着きます。

その理論コストと還元されるキャッシュバックやポイント還元を天秤にかけてチャレンジするかしないかを判断すればよいだけです。

 

どれくらい利益があるの?

これは自分で計算する必要があります。
以下に理論コスト計算シートを用意しております。

・取引数量
・取引コスト(スプレッドの大きさ)

を入力すると、そのロットを得るためにかかる理論コストが計算できます。たとえば、100万通貨の取引が必要でその通貨のスプレッド(コスト)が0.15銭という場合、理論コストは1500円というように表示されます。

このコストに対して、キャンペーンでもらえるポイント還元やキャッシュバックがどの程度なのか?ということを計算してみましょう。

 

FXキャンペーンに必要資金はどれくらい?

必要な資金は必要な取引量から逆算できます。ただし100万通貨の取引が必要という場合であっても、一度に取引をする必要はありません。そのFX会社の裁定取引量が1万通貨単位であれば、1万通貨の取引を100回繰り返せばよいだけです。

以下に必要な証拠金(取引のためにFX会社に預けなければならない金額)を計算するシートを用意しておりますのでご活用ください。

ざっくりドル円で為替レートが120円で1万通貨単位で取引するなら必要な最低入金額は4万8千円という計算になります。

 

どのくらいリスクがあるの?

  • できるだけ細かく売り買いをして即決済をする
  • 重要な経済指標発表前後は避ける
  • 取引が少ない時間帯は避ける

という対応を取れば、リスクは極めて限定的です。私も数十以上のFX会社でこうしたキャンペーンを活用してきましたが、過去に大損をしたようなことはありません。

こうしたキャンペーンに取り組んでいる最中に天変地異や戦争のような大事件が発生し為替レートが大幅に変動するようなことがあれば、ある程度のリスクが発生する可能性はあります。

ただし、ドル円でも1万通貨単位と取引を小さくしていれば仮にそういったことが発生してもリスクはせいぜい数万円です。そうした起こる可能性が低いリスクを気にしすぎていたらそもそも何もできない気がします。

 

FXの取引回数を稼ぐ方法

今回は、FXで儲けるという話ではなく、FXの現金プレゼント(キャッシュバック)を受けるとるための方法ということなので、できるだけ損をせずに取引回数だけを稼ぐ方法を考えていきます。

 

基本的に買ってすぐ売ればほとんど動かない

基本的に為替は急激に動くことはめったにありません。なので例えば、米ドルを買ってすぐに売れば、基本的にプラマイゼロに近い水準で売れます。

たとえば、上記のような為替レートの状況があるとします。

  • Askレート:1ドルを113.262円で買える
  • Bidレート:1ドルを113.259円で売れる

という相場なわけです。この時に113.262円で買って、即113.259円で売れば損失は1ドルあたり0.003円で済むわけですね。

多少の手数料(スプレッド)はかかりますが、最近のFXトレードのスプレッドは極めて小さいのでほとんど無視できる水準です。

たとえば、「DMM FX」の場合、米ドルのスプレッドは1ドルあたり0.3銭(0.003円)です。1万ドル(1ロット)の取引だと30円になります。10ロット300円、100ロット3000円ですね。

取引回数だけを稼ぎたいという場合は基本的には買ってすぐ売るという方法が一番良いと思います。この取引をするなら取引量が活発な時間帯にやるようにしましょう。急激なレート変化のリスクが小さいです。

 

IFD注文で逆指値を入れておけば瞬時にロスカット可能

FX取引なんてどうでもよくて、取引回数だけを稼いで、キャンペーン等の条件だけを達成したいという方は、IFD注文を使うとよいでしょう。

株の自動売買注文の種類と仕組み。株の自動売買とは何か?
2019-02-06 06:14
株の注文は通常「指値」または「成行」という二つの注文が基本ですが、自動売買注文は特定の条件を満たした時に執行される株の注文方法です。 代表的なものには逆指値注文がありますが、
リンク

IFD注文は、もし注文が成立したら追加の注文を出せるという取引方法です。

これを使って「逆指値」で決済する反対売買注文を入れます。逆指値の値段は買い注文と同額以上にしておきます。こうすれば買えた瞬間に売り注文が出されて決済されるので、損失はほぼスプレッド分に納めることができます。

ただ、即売りをするのであればわざわざ面倒なことをしなくても「買いボタン」を押した後に「売りボタン」を押せば即売りできますので、その機能まで使う必要性は薄いと思います。

 

IFO注文を使えば、リスクをコントロールした売買注文が出せる

FXではIFO(アイエフオー)という注文が利用できます。詳しくは「IFO注文とは」などをご参照いただきたいところですが、簡単に言うと、買い注文を出した時同時に売り注文も出せるという注文方法です。

さらに売り注文は「利益確定の売り」と「損切りの売り」の2種類を同時に出せます。

たとえば1ドル97.50円で買った時に、97.70円での売り(利益確定)と97.30円での売り(損切り)の二つの売り注文を同時に出すことができます。この場合、利益、損失とも最大20銭に限定されます。(米ドル1枚の場合プラスマイナス2000円)

せっかくだからFXでちょっと儲けるか損するか試してみたいなという方はこういう方法を使うのもありです。もちろん、売り値は自分で決められます。もっと幅を小さくしてもいいし、大きくしてもいいです。

 

注意!儲かったからといって調子に乗らないこと

ちなみに、FX業者なぜこんなキャンペーンをやるのか?と申しますと口座開設、取引につなげたいからです。FXというと難しいイメージがありますが、実際に取引をするとそんなに難しくないということがわかります。

なので、言い方は悪いですが、プレゼントキャンペーンで釣っているわけです。

現状維持バイアスのエントリーでも説明た通り1回目の取引というのはハードルが高いのですが、一度経験するとそのハードルは大きく下がります。別に取引を継続してはいけないとは言いませんが、その場合はしっかりと為替について勉強した上で取引をするようにしましょう。

FXって良く分かってないけど、とりあえず口座開設や取引キャンペーンで手軽にお小遣いを稼ごうと思っている人は続けて取引するときはこのことを一度思い出してください。それでも取引を継続するなら為替やFX取引についてしっかりと勉強するようにしましょう。

特に、プレゼント目的でちょいちょいと売買してちょっと儲かったという方は注意。

以上、FX会社の現金キャッシュバックキャンペーンの活用術と注意点をまとめてみました。

2019年 FX取引業者を徹底比較。目的別におすすめのFX業者を徹底分析
2019-07-31 06:46
FX取引業者の比較というと今更という感じがする人も多いかと思います。今回はそんなFX業者について純粋な為替取引という部分だけでなく、日常の生活などにも活用できるといったちょっと変わ
リンク

執筆者・監修者:ふかちゃん
元証券マン。2004年より個人の金融リテラシー底上げのために投資、節約、キャッシュレス、ポイントなどの活用に関する情報を15年以上にわたり発信するマネー専門家です。
SNS苦手でしたけど最近はtwitterやっています。ぜひ絡んでくださいませ。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP