おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

FX会社で取引回数(ロット)を稼ぐ方法とキャッシュバックキャンペーンの活用術

presentFX会社(外国為替証拠金取引業者)はよく口座開設・取引キャンペーンなどをやっています。口座開設で○万円、入金で×万円、取引で□万円といった具合に相当魅力的に思えるキャンペーンを展開されていて目にしたことがあるという方も多いでしょう。

中でも多いのは、取引回数(lot数)に応じて現金プレゼントなどを行うキャンペーンですね。

取引回数(取引量)を増やせばそれだけたくさんのキャッシュバック・プレゼントがもらえますが、取引量を増やせばそれだけリスクも高くなります。

今回はそんなFX会社が行っている現金キャッシュバックキャンペーンを上手にそしてリスクなく行うためのテクニック、活用術をまとめていきます。

スポンサーリンク

FX取引の取引回数・ロット数で現金プレゼントキャンペーン

ほんとによくあります。

上手に使えば数千円、数万円といったお金がもらえるキャンペーンになるので実際にお得です。その一方で大きな投資をする=為替レートの変動で損をするリスクが高まるということでもあります。

 

取引回数(取引量)で現金プレゼントがもらえるキャンペーンとは?

たとえば、FX取引において10枚(10Lot)の取引が必要なケースを考えてみましょう。
1枚(1Lot)というのはFX取引における最低取引単位です。1枚が何ドルになるのかはFX業者によって異なります

ここでは、一般的な1枚=1万ドルとして考えます。

1枚(1Lot)=1万ドルということは約110万円。10枚なら110万円!ということになります。

そんな大金持ってない!という方も多いでしょう。また、金額の大きさに驚いた方も多いかもしれません。しかしながら、FXの場合レバレッジが20倍まで効かせることができるので1枚(米ドル)の取引に必要なお金(証拠金)は約6万円になります。6万円をFX業者に預ければとりあえず1枚の取引はできることになります。

 

どのくらいリスクがあるの?

1ドル=110円として約1100万円相当の取引になります。仮に為替レートが0.1%変動したら1.1万円分の損益が発生します。

結構な値動きになりますよね?

必要な取引量(ロット)が大きくなればなるほどリスクも大きくなります。もちろん、損をするだけではなく、逆に儲かる可能性もあるわけですけどね。

 

ほぼリスクなしでFXの取引回数を稼ぐ方法

今回は、FXで儲けるという話ではなく、FXの現金プレゼント(キャッシュバック)を受けるとるための方法ということなので、できるだけ損をせずに取引回数だけを稼ぐ方法を考えていきます。

 

基本的に買ってすぐ売ればほとんど動かない

基本的に為替は急激に動くことはめったにありません。なので例えば、米ドルを買ってすぐに売れば、基本的にプラマイゼロに近い水準で売れます。

たとえば、上記のような為替レートの状況があるとします。

  • Askレート:1ドルを113.262円で買える
  • Bidレート:1ドルを113.259円で売れる

という相場なわけです。この時に113.262円で買って、即113.259円で売れば損失は1ドルあたり0.003円で済むわけですね。

多少の手数料(スプレッド)はかかりますが、最近のFXトレードのスプレッドは極めて小さいのでほとんど無視できる水準です。

たとえば、「DMM FX」の場合、米ドルのスプレッドは1ドルあたり0.3銭(0.003円)です。1万ドル(1ロット)の取引だと30円になります。10ロット300円、100ロット3000円ですね。

取引回数だけを稼ぎたいという場合は基本的には買ってすぐ売るという方法が一番良いと思います。この取引をするなら取引量が活発な時間帯にやるようにしましょう。急激なレート変化のリスクが小さいです。

 

 

IFD注文で逆指値を入れておけば瞬時にロスカット可能

FX取引なんてどうでもよくて、取引回数だけを稼いで、キャンペーン等の条件だけを達成したいという方は、IFD注文を使うとよいでしょう。

株の自動売買注文の種類と仕組み。株の自動売買とは何か?
2019-02-06 06:14
株の注文は通常「指値」または「成行」という二つの注文が基本ですが、自動売買注文は特定の条件を満たした時に執行される株の注文方法です。 代表的なものには逆指値注文がありますが、
リンク

IFD注文は、もし注文が成立したら追加の注文を出せるという取引方法です。

これを使って「逆指値」で決済する反対売買注文を入れます。逆指値の値段は買い注文と同額以上にしておきます。こうすれば買えた瞬間に売り注文が出されて決済されるので、損失はほぼスプレッド分に納めることができます。

 

IFO注文を使えば、リスクをコントロールした売買注文が出せる

FXではIFO(アイエフオー)という注文が利用できます。詳しくは「IFO注文とは」などをご参照いただきたいところですが、簡単に言うと、買い注文を出した時同時に売り注文も出せるという注文方法です。
さらに売り注文は「利益確定の売り」と「損切りの売り」の2種類を同時に出せます。

たとえば1ドル97.50円で買った時に、97.70円での売り(利益確定)と97.30円での売り(損切り)の二つの売り注文を同時に出すことができます。

この場合、利益、損失とも最大20銭に限定されます。(米ドル1枚の場合プラスマイナス2000円)

せっかくだからFXでちょっと儲けるか損するか試してみたいなという方はこういう方法を使うのもありです。もちろん、売り値は自分で決められます。もっと幅を小さくしてもいいし、大きくしてもいいです。

 

注意!儲かったからといって調子に乗らないこと

ちなみに、FX業者なぜこんなキャンペーンをやるのか?と申しますと口座開設、取引につなげたいからです。FXというと難しいイメージがありますが、実際に取引をするとそんなに難しくないということがわかります。

なので、言い方は悪いですが、プレゼントキャンペーンで釣っているわけです。

現状維持バイアス」のエントリーでも説明た通り1回目の取引というのはハードルが高いのですが、一度経験するとそのハードルは大きく下がります。別に取引を継続してはいけないとは言いませんが、その場合はしっかりと為替について勉強した上で取引をするようにしましょう。

FXって良く分かってないけど、とりあえず口座開設や取引キャンペーンで手軽にお小遣いを稼ごうと思っている人は続けて取引するときはこのことを一度思い出してください。それでも取引を継続するなら為替やFX取引についてしっかりと勉強するようにしましょう。

特に、プレゼント目的でちょいちょいと売買してちょっと儲かったという方は注意。

その時は下記のエントリーも読んでみてください。

レバレッジ取引で必ず理解しておきたいリスク

 

以上、FX会社の現金キャッシュバックキャンペーンの活用術と注意点をまとめてみました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP