おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

短期の資金運用に便利な新生銀行の2週間預金

投資のようにリスクにはさらしたくないけど、長期の定期預金に預けるのは嫌。短期資金を有利に運用したいという方におすすめなのが、新生銀行が提供している「2週間満期預金」です。満期までの期間がわずか2週間という短期にも関わらず、同行における3年満期の定期預金よりも高金利で運用できます。もちろん、預金保険の対象で元本保証商品となっています。
ここでは、2週間満期預金のメリット・デメリットを踏まえながら、短期の運用として利便性の高いこの商品を紹介していきます。

スポンサーリンク

2週間満期預金のしくみとメリット

2週間満期預金は「新生銀行」が提供している預金です。名前の通り、満期は2週間で、インターネットから申込をすることもできます。最低預金額は100万円となっており、少しハードルは高いかもしれません。
基本的には元利継続(満期後はあらたに2週間定期預金に元本+金利が2週間満期に組み込まれる形)になりますので、イチイチ手続きをする必要はありません。
また、2週間ごとに利息が自動的に複利運用できることにより総合的な利回りは上昇します。
(複利の経済的な効果については「複利とは」を参照)

解約したいときは、途中解約、終了手続きの両方を選ぶことができます。なお、途中解約(といっても2週間のうちですが……)した場合には、最後の2週間の分はペナルティ金利が適用されます(通常よりも低い金利)。

 

2週間満期預金のメリット

・2週間ごとの複利運用ができる。
・超短期の定期預金なのにそれとは思えない高金利(年0.27% 11年6月現在)
・預金で新生ゴールドの資格が得られる(他行振込5回まで無料などの特典)

 

2週間満期預金のデメリット

・最低預け入れ単位が100万円単位と普通の定期よりも高額。

ちなみに、新生ゴールドというのは新生銀行の預金者向けプログラムで(新生ステップアッププログラム)の会員等級の一つです。
「スタンダード」「ゴールド」「プラチナ」の3種類があり、ゴールドになれると以下の特典が受けられます。
・他行振込手数料が月5回無料(超過の際の手数料も300円→200円に)
・全国のATMで引き出し手数料無料
・預金金利優遇
・為替手数料が25%off
・住宅ローン事務手数料50%off (新生銀行住宅ローンの特徴

 

参考リンク
2週間満期の超短期定期預金(新生銀行)
新生銀行では、超短期の円預金サービスとして、満期が2週間の円預金を提供しています。数ヶ月も資金を拘束されるのは嫌だけど、普通預金よりは有利に運用したいという方にオススメの円預金です。

 

以上、短期の資金運用に便利な新生銀行の2週間預金の特徴やメリット、デメリットなどをまとめました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP