おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ゆうちょ銀行「定額貯金」と「定期貯金」の違いと選ぶべきポイント

yucho多くの方に利用されている銀行の一つに「ゆうちょ銀行(郵便局)」があります。日本でも最大級の預金(貯金)を扱っている金融機関であり、利用されている方もおおいかと思います。そのゆうちょ銀行における預金(貯金)商品の代表が「定額貯金」と「定期貯金」です。今回はこの2つの貯金商品の特徴と、それぞれにどのような特徴があるのかをまとめていきます。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行での貯金に関するおさらい

まず、ゆうちょ銀行(郵便局)で扱う商品は○○貯金となっています。一般的な銀行では○○預金とかかれますが、郵便局時代の流れで、現在でも貯金という名称で呼ばれていますが、しくみは預金と同じです。

またゆうちょ銀行では、総額で1000万円までしかお金を預かることができません。一般銀行では預金額に上限はありませんが、ゆうちょ銀行ではこの額を超えて貯金することはできないようになっています。

ちなみに、普通の銀行と同様に1000万円までの貯金(預金)はゆうちょ銀行が仮に破綻した場合でも保護されるようになっているのでご安心ください。

 

定期貯金とは何か?

定期貯金は、一般銀行における「定期預金」とほぼ同じ性質の貯金です。1000円以上1000円単位で預金することが出来ます。満期は1カ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、4年または5年として設定を行なうことができ、満期前に解約することは出来ません(解約する場合は中途解約利率が適用される)。

金利は満期期間ごとに定められており、一般的には満期までの期間が長くなるほど適用される金利は高くなります。運用性を求めるのであれば満期が長期の定期貯金を選ぶと良いですが、その長い期間資金が拘束されることになります。

定額貯金と比較した長所
・同じ期間の貯金なら定期貯金のほうが金利が高い

 

定額貯金とは何か?

定額貯金はゆうちょ銀行(郵便局)における主力貯金商品です。最大の特徴は、預け入れ後「6ヵ月」が経過すると「いつでもどこでも払い戻しができる」と言う点です。
最長満期は10年間となっていますが、半年をすぎれば窓口で手続きする必要はありますが、普通の通常貯金(普通預金)と同様にすぐに引き出すことが出来ます。

適用される金利は「3年目までは半年が経過するごとに上昇します」。それ以後は同様の金利が適用されることになります。

定期貯金と比較した長所
・最長10年まで貯金できる(定期貯金は5年まで)
・半年経過後はいつでもペナルティなしに解約できる(流動性が高い)

 

定期貯金と定額貯金はどちらがお得か?

それぞれの貯金の強みから考えることが出来ます。
5年以内の範囲で確実に預けておける資金と言うのであれば、その期間の定期貯金のほうが有利です。一方で、半年さえ経過すればいつでもペナルティなしに解約できるという定額貯金は期間が明確でない資金にとって有利と言えるでしょう。

 

一方で、定期貯金と定額貯金の選び方については、現在の低金利状況ではどちらを選んでもさほど差はないというのが現状です。ゆうちょ銀行(郵便局)と言うと金利が高いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

最近ではネットバンク・ネット銀行のほうが圧倒的に高い金利を付与しているので運用性をみれば圧倒的にネットバンクがお得です。(参考:ネットバンク金利ランキング

運用性を考えた時の管理人がおすすめの銀行はソニー銀行です。
毎月の積立預金ができるなどじっくり貯めたい人にお勧め。ネットバンクの中でも金利が高いのも魅力です。
>>ソニー銀行の詳細情報はこちら

 

また、銀行やゆうちょ銀行(郵便局)における預貯金商品についてもっと詳しく知りたい方は「銀行預金の種類と特徴」もぜひご一読ください。銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)などが扱っている預金商品の特徴や強み、弱みなどがまとめられています。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP