おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

仮想通貨のトークンとは何か?仮想通貨との3つの違いと投資のメリット、リスク

2018/01/22最終更新   仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨への投資をするときに“トークン”という言葉が使われます。トークンという言葉は様々な用途で使われていますが、代用貨幣(お金の代わりに使われるコイン)という意味があります。仮想通貨におけるトークンというのはこの“代用貨幣”といった意味で用いられています。

今回はそんな仮想通貨界隈で利用されている“トークン”という言葉の意味と使われ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨とトークンの違いはどこにある?

まず一つ目は仮想通貨と呼ばれるはカレンシーと呼ばれるタイプのコイン、一方でトークンはアセットと呼ばれるタイプのコインであるという違いです。

仮想通貨というと、ビットコインが代表的ですね。この他にもイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ネムといったようなアルトコイン(オルトコイン)と呼ばれる様々な仮想通貨・暗号通貨が存在しています。

ビットコインやイーサリアムなどはブロックチェーン技術(分散型台帳技術)と呼ばれるシステムをもとにして作られたプラットフォーム(取引の場)なのです。そしてそのプラットフォーム上で用いられる通貨が仮想通貨(BTCやEther)なのです。

このようなプラットフォーム自体を構成しているコインを仮想通貨と呼びます。

この仮想通貨とトークンには大きく3つの違いがあります。ただし、正直言って、仮想通貨とトークンの境界は微妙なものがあり、定義はあいまいです。

たとえば、海外などでは仮想通貨を含めて通貨はすべて“トークン”と呼んでいることがあります。逆に、管理者がいても独自のブロックチェーンプラットフォームを作っているリップルはトークンではなく仮想通貨(アルトコイン)扱いされています。

 

トークンは仮想通貨プラットフォームを間借りしているという違い

トークンというのは、こうしたビットコインやイーサリアムといった仮想通貨のプラットフォームのシステムを“間借り”させてもらって作られているコインのことを指します。

ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンプラットフォームを持っているわけではなく、それらのシステムを背景として独自に発行されているコインなのです。

たとえば仮想通貨取引所でもある「Zaif」を運営しているテックビューロという会社はビットコインのプラットフォームを利用した独自のトークンとして“Zaifトークン”を発行しています。

 

カレンシーとアセットという違い

このような仮想通貨プラットフォームを元に発行されている通貨を仮想通貨と呼びます。

それ自体が価値を持つことはありませんが、これらのプラットフォームに価値があると考えている人たちが仮想通貨を売買しているため、その時価として価値があります。実際にビットコインを使って現実社会で物を売買することができますよね?

一方、トークンは“アセット”と呼ばれることがあります。

アセット=資産ということからわかるように、そのトークンには一定の使い道が用意されていることがあります。用途についてはそれぞれのトークンで違います。

ただ、その用途がどの程度なのか?現実性はどうなのか?といったことはトークンによって違いますし、微妙なものも多いです。詳しくはトークンへの投資のリスクで説明します。

 

発行者・管理者の有無の違い

仮想通貨はブロックチェーン技術(分散型台帳技術)を利用して、特定の管理者がおらず、中央集権化されていないプラットフォームです。

たとえば、ビットコインの場合、販売所で購入することはできますが、あくまでもすでに流通している通貨を売買しているにすぎません。だれかが“発行”しているわけではありません。

一方でトークンというのは基本的には発行者がいます。前述のZaifトークンの場合はテックビューロが発行しています。

すこし雑ですが、トークンはショップの独自ポイントカード、ゲームセンターのコインやプリペイドカードのようなものといえるかもしれません。

 

トークンに投資をする方法と注意点

ここまで、トークンと仮想通貨の違いについてまとめてみました。さて、それではトークンに投資をするという事について考えてみましょう。

 

トークンを購入(投資)する2つの方法

  1. ICO(プレセール)に応募して購入する
  2. 取引所等で売買されているトークンを買う

一つ目は、新しくトークンを発行する際のプレセール・ICO(Initial Coin Offering)などに応募して購入するという方法です。

こうしたプレセール・ICOについては法的な制約やルールがあるわけではなく、玉石混交です。どちらかというと石ばっかりだと思います。案件の中には事業の成功失敗以前に詐欺をするつもりの案件もあるようで、投資家としては慎重になる必要があります。

2017年4月からの仮想通貨への新規制とプレセールやICOへの投資リスク
2017-04-10 19:46
2017年4月よりビットコインなどに代表される仮想通貨に対する規制が始まりました。この規制を受けてか、規制対象外となるプレセール中(上場前)の暗号通貨。最近ではこうした暗号通貨への
リンク

 

もう一つは仮想通貨取引所等で上場(売買)されているトークンを買うという方法があります。日本の仮想通貨取引所ではZaifで一部のトークンを売買することができます。

Zaifの評判と登録、口座開設の方法。アルトコイン売買に適した仮想通貨取引所
2018-01-09 14:16
日本の仮想通貨取引所の中でもビットコイン以外のアルトコインを積極的に売買したい方に向いているとされているのがZaif(ザイフ)という仮想通貨取引所です。 取扱い通貨はビットコ
リンク

ただし、「取引所で売買できる≠信頼できる(成功する)」ということは理解しておく必要があります。取引所で扱うという事についても法的なルールはありません。

 

トークンも仮想通貨同様に価格は変動する

トークンも仮想通貨同様に価格は変動します。なので、そのトークンの知名度上昇や利用価値が認められた場合には価格が上昇する可能性があります。

一方で、いつまでたっても価格が上昇しないばかりか、取引されずに価値がゼロになってしまうような可能性もあります。

 

トークンは株式のようなもの?というのは正しいか?

結局のところ、企業が発行したトークン(コイン)は、お金ではありません。

その会社がサービスを停止したら終わってしまうものでしかないです。トークンの説明について“株式のようなもの”、ICOは株の“IPOのようなもの”という表現をすることがありますが、法的にも様々な権利がある株式とは全く違います。

たとえば、株は会社の経営権を分割したものとして持ち株に応じた様々な権利が法的に担保されています。議決権、配当を受ける権利、残余財産分配権などですね。トークンにはこうしたものはありません。

株とは何か?株主になることで得られる権利と負うべき責任
2018-01-22 13:34
証券会社を通じて株を買ったり、未上場企業に出資をしたりすることによって、あなたはその会社の株主となることができます。株主というのはその会社のオーナーということです。 今回は、
リンク

また、IPOについても様々なルールや制約、第三者よる審査などがあります。上場すれば様々な開示義務も負います。一方で、ICOの場合、ホワイトペーパーと呼ばれる、宣伝パンフレットがあるくらいです。

こうしたものはトークンやICOにはありません。

 

投資は自己責任のうえ、自由なので仮想通貨のトークンに投資をすることを止めはしませんが、相当リスクが高い上、法的な保護や規制がある分野ではないことをしっかりと理解した上で実行するべきです。

以上、仮想通貨のトークンとは何か?仮想通貨との3つの違いと投資のメリット、リスクについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP