おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

明治安田生命の「じぶんの積立」のメリット、デメリット。税効果が期待できる良商品

明治安田生命が販売している貯蓄型(貯金型)の保険が「じぶんの積立」という保険です。この保険最大の特徴といえるのが「加入後すぐの解約返戻率が100%を超える」というものです。

貯蓄型の保険としては画期的といえる保険です。保険で積立貯蓄ということについて私はあまり積極的ではありませんが、こちらの保険については、保険に入っていない人なら入ったほうがいい保険の一つだと思います。

今回はそんな明治安田生命のじぶんの保険のメリット、デメリットやその活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

明治安田生命のじぶんの積立

じぶんの積立は正直言って、近年まれにみる生命保険業界のヒット商品だと思います。

保険という名前がついていますが、「生命保険料控除が使えるお得な定期預金」のような商品設計になっています。

  • 保険料は5年払いで満期は10年
  • 掛金は月額2万円が上限
  • 満期時には103%の満期保険金が戻る(確定利回り)
  • 5年以内に解約した場合でも100%の解約返戻金
  • 診査・健康状況の告知不要、既往歴があってもOK
  • (5年以内に死亡)既払込保険料の死亡保険金(災害死亡なら1.1倍)
  • (5年以降に死亡)死亡した日の積立金相当額

ざっくりいうと、死亡保険としての機能はほぼ無いです。
万が一の場合でも払った保険料が戻ってくるだけですから……。

 

じぶんの積立のメリット、デメリット

では、実際にこの保険に入る価値はあるのか?それとも価値はないのか?という点に焦点を絞って説明していきます。

 

収入があって生命保険に入っていない人限定の商品

大前提となるのがこの条件です。明治安田生命の「じぶんの積立」は今現在で収入がある人で生命保険に入っていない人向けの商品です。

この保険の最大の特徴はいつでもリスクなしに解約できるのに「生命保険料控除」が使えるという点なんです。

 

生命保険料控除と「じぶんの積立」

生命保険料控除は年間で払った生命保険料の金額に応じて一定額を所得から差し引くことができる税制上の控除(所得控除)です。これから保険に入る人には下記のような所得控除が受けられます。

所得税の生命保険料控除

年間正味払込保険料 控除される金額
20,000円以下 全額
20,000円超 40,000円以下 (年間正味払込保険料×1/2)+10,000円
40,000円超 80,000円以下 (年間正味払込保険料×1/4)+20,000円
80,000円超 一律 40,000円

住民税の生命保険料控除

年間正味払込保険料 控除される金額
12,000円以下 全額
12,000円超 32,000円以下 (年間正味払込保険料×1/2)+6,000円
32,000円超 56,000円以下 (年間正味払込保険料×1/4)+14,000円
56,000円超 一律 28,000円

たとえば、毎月10000円の保険料で「じぶんの積立」に入るします。
年間だと120,000円ですね。この場合、所得税の場合で4万円、住民税なら2.8万円だけ所得から差し引くことができるわけです。

たとえば、年収が600万円くらいのサラリーマンだとすると所得税率は20%。住民税(所得割)は10%なわけです。

この場合、40,000円×20%+28,000円×10%=8000+2800=10,800円分だけ税金が安くなる計算になります。

120000円の保険料を払って税金が10800円安くなるならかなりお得。実質9%の還付を受けられるという計算になります。

今の超低金利の金利状況を考えるとかなり魅力的です。

※じぶんの積立は口数単位で1口5000円(一人最大4口まで)となります。

 

加入・解約・再加入を繰り返せば9%の超高利回り運用

1年加入して解約して100%の解約返戻金を受け取り、また新しく加入するというサイクルを繰り返せば実質9%という超高利回りとなります。

もっとも、こうした極端なことをすると明治安田生命側から加入を拒否される可能もあるのでおすすめはしませんが……。

(追記)
約款を確認したところ、契約を解約した場合には、同一契約者は失効日から3年間は同じ保険に加入できないそうです。

 

じぶんの積立と定期預金の比較

じぶんの積立は10年後に103%になって戻ってくるけど、5年以内の解約だと利回りがゼロという金融商品になります。なので単純に定期預金と比較することはできません。

ただ、単純な運用で考えた場合、年率0.3%くらいで運用ができるといすると、10年後には103%ちょっとくらいの利回りが期待できるわけで、それほど高利回りではないです。

逆に、途中解約(5年以内)だと利回りゼロなので、単純な貯金用と考えているのであれば決しておすすめとは言えないですね。

そのため、じぶんの積立は生命保険料控除とのセットでのみ、光る保険商品といえそうです。それ以外の場合、あえて加入する価値はあまりないでしょう。

 

最大のデメリットはネットで手軽に加入できないこと

こちらの商品は加入にあたって明治安田生命のセールスレディ(保険営業マン)との面談が必要になる商品です。

商品が商品なだけにネットで手軽に加入ができれば爆発的な人気が取れそうなんですが、こちらの商品は典型的なドアノック商品であり、面談を通じて、おそらく何かしらの別の保険も提案されることになるものと考えられます。

この辺りは跳ねのけて、じぶんの積立だけに加入するという強靭な意思(?)を示す必要があります。

 

以上、明治安田生命の「じぶんの積立」のメリット、デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP