おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ロードサービスが無料でつく自動車保険やクレジットカードの比較と活用方法

ロードサービスは自動車の車両トラブル等によって運行できない場合などに、助けてくれるサービスです。普通にお願いするとそれなりの料金がかかるものですが、実はこうしたロードサービスは一定の範囲で無料で使える特約(保険)が付帯した自動車保険やクレジットカードがあります。

こうした保険やクレジットカードを持っていれば、万が一の時にも自己負担なしに助けてもらうことができます。今回はそんな無料ロードサービスが付帯している自動車保険やクレジットカードの比較とその活用方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

ロードサービスにかかる料金は高い?

ロードサービスを有料で使った経験がある方はお分かりかもしれませんが、実はかなり高いです。
代表的なJAFの場合、非会員向けのロードサービス料金は下記のとおりです。

ロードサービス内容 料金(基本料+作業料金)
バッテリー上がり 12,880円(交換が必要な場合は別途)
タイヤ交換(1本) 11,020円
パンクの応急措置 12,880円
キーとじ込み 12,880円
落輪(側溝・1輪) 11,950円
ガス欠 8,230円+ガソリン代
※ディーゼルの場合でエアー抜きが必要な場合は別途
故障車両の牽引 12,880円+720円/1㎞

かなり高いですね。かなり痛い出費となります。

でも、私の経験で過去に室内灯を付けっぱなしにしたことによるバッテリー上がりを2度経験していますが、一度も料金は払っていません。無料のロードサービスが付帯しているサービスを利用していたからです。

たとえば、上記のJAFの場合、年間4000円の年会費を支払えばこうしたロードサービスはほとんどが無料になります。このほかにも、わざわざ年会費を払わなくても、クレジットカードや自動車保険などロードサービスが無料付帯しているものもありますので、上手に活用してください。

なお、この記事の本筋ではありませんが、JAFについては以下の記事でも活用方法をまとめていますので、年会費を払ってもよいという方はご一読いただければと思います。

有料ロードサービスJAFのメリット、デメリット。豊富な会員特典/割引を活用しよう
2014-10-21 18:43
ロードサービス最大手のJAF(ジャフ・日本自動車連盟)。様々な自動車のトラブルの強い味方です。ただし、最近は自動車保険やガソリン系のクレジットカードや自動車保険にもロードサービスが
リンク

 

自動車保険の無料ロードサービス

自動車保険のロードサービスは各社が対応していますが、サービス内容はそれぞれです。

また、無料とはいっても、実質的には自動車保険料という保険料の中にサービス料金が込々となっているわけですから、ロードサービスの内容だけで保険を決めてしまうと、保険料総額が高くなってしまった……というケースもあります。

 

自動車保険付帯のロードサービスは契約車両のみが対象

また、自動車保険は「自動車保険の悪い等級をリセットする方法の比較」でも説明しているように、記名被 保険者(運転者)に対する保険ではなく、車両に対する保険です。

なので、自動車保険のロードサービスはその車でしか使えません。なので、あなたが別の車を運転してバッテリーが上がった……という場合には使えません。

そうした面ではJAFのような会員サービスはどの車でもOKなので強いですね。ただし、後述しますが、この点だけであればクレジットカードのロードサービスが代替できる場合があります。

 

無料のロードサービスが充実している自動車保険

各自動車保険ではたいていが何らかの形でロードサービスをセットしています。
以下ではその中でも特にロードサービスが充実していると思われる保険会社をピックアップします。

作業料金 ガス欠 落輪 牽引 宿泊費用 帰宅費用
ソニー損保 時間制限なし 初年度は実費。
2年目以降は10リットルまで無料。
※年1回まで
対応 50㎞無料
※指定工場なら制限なし
車検証定員数を限度に補償 車検証定員数を限度に補償+車両搬送無料
アクサダイレクト 時間制限なし 10リットルまで無料 対応 35㎞無料
※指定工場なら制限なし
搭乗者全員の1泊分 搭乗者全員+車両搬送無料
そんぽ24 時間制限なし 10リットルまで無料 対応 100㎞無料
※指定工場なら制限なし
搭乗者全員の1泊分 搭乗者全員+車両搬送無料
イーデザイン損保 時間制限なし 10リットルまで無料 対応 60㎞無料
※指定工場なら制限なし
なし なし+車両搬送10万円まで無料
SBI損保 30分まで 10リットルまで無料 対応 50㎞無料
※指定工場なら制限なし
1.5万円/1名 2万円/名+車両搬送10万円まで無料

やはり内容的には充実しています。特に自走不能な状態の場合に限りますが、宿泊費用や帰宅費用まで出るというのは結構大きなところだと思います。

実際に、年会費が必要なJAFのケースと比較してみましょう。

作業料金 ガス欠 落輪 牽引 宿泊費用 帰宅費用
JAF 時間制限なし 実費 対応 15㎞無料 なし なし

正直、対応内容だけを見るとJAFよりも損保のロードサービスの方が充実してるんじゃない??と思えるようなレベルになっています。

実際、車を買って自動車保険に入らないという人は数少ないと思いますので、他人の車に乗る機会が少ないのであれば、JAFには入らず損保のロードサービスで十分といえそうです。

なお、途中にも書きましたが自動車保険のロードサービスについてはその料金分が保険料に含まれていると考えるべきです。ロードサービスのためにあえて保険料が高い自動車保険に入るというのはおかしな話になるので、保険を決める前は条件をめて保険料をしっかりと比較したうえで決めるようにしましょう。

保険料の見直しについては「自動車保険一括見積のインズウェブ」などがおすすめです。

 

クレジットカードに付帯する無料ロードサービス

一部のクレジットカードには無料のロードサービスが付帯しています。ただし、これらの内容については正直言って必要最小限といえるようなレベルです。

ただし、あるのとないのとでは大きな違いです。また、クレジットカードの無料ロードサービスの契約者は「カード所有者」となります。そのため、後述する自動車保険付帯のロードサービスのように、契約車両以外を運転している場合(たとえばレンタカーや友達の車を借りた場合)なども対象になります。

なので、お守り代わりに持っておくというのも一つの手かもしれませんね。

 

エネオスカードS

エネオスカードSはガソリンスタンドを運営しているエネオスのクレジットカードです。年会費は初年度無料で翌年以降も年1回以上の利用があれば年会費無料になります(支払いが無ければ1215円+税)。

作業料金 ガス欠 落輪 牽引 宿泊費用 帰宅費用
エネオスカード 30分無料 実費 落差1mまで無料 10㎞まで無料 なし なし

作業としているのはバッテリーのジャンピングサービスやタイヤ交換、キーロック解除やガソリンの補充といった作業です。30分を超えた場合には料金がかかることになりますが、簡単な作業であれば30分を超えるということはほとんどないと思います。

前述のように、自動車保険のロードサービスと比較してしまうと少し弱いと思ってしまいますが、これが実質無料で付く上に、どの車を運転していても使えるというのは大きいですよね。自動車保険のロードサービスの補完的に使えます。

なお、エネオスカードSならエネオスのガソリン・経由がリッターあたり2円引きとなる特典もあります。

エネオスがお得になるクレジットカードを比較。還元率を徹底シミュレーション
2017-04-21 12:30
エネオスは日本のガソリンスタンドの中でも最も店舗数が多いスタンドです。そのためよく利用する機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 今回はそんなエネオスでガソリンを給油
リンク

エネオスカード公式ホームページ

 

まとめ。無料ロードサービスは組み合わせが強い

無料のロードサービスはクレジットカード+自動車保険の組み合わせがおすすめです。

自動車保険のロードサービス
ロードサービスの内容は充実しているけど、ロードサービスの対象になるのは契約車両のみ。自分の車以外でのロードサービスには使えない。

クレジットカード(エネオスS)のロードサービス
ロードサービスの内容は一般的だけど会員(個人)が対象なので、レンタカーや友達に借りた車などの場合でもロードサービスが使える。

ということで、この二つを持っておけば、自分の車のロードサービスなら保険会社、それ以外の車の時はクレカのロードサービスと使い分けをしてオールマイティ利用できます。

 

以上、ロードサービスが無料でつく自動車保険やクレジットカードの比較と活用方法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP