おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカード・財布を拾ったら、交番に届ける前にカード会社に電話しよう。お礼がもらえる。

誰かが落としたクレジットカードを拾った時は、交番に届ける前にカードの裏面に記載されている電話番号に電話をして取得した旨(拾った旨)を伝えると薄謝がもらえます。

薄謝というのは簡単なお礼という意味で、謝礼の謙譲語です。クレジットカードを拾うという機会はそうそうあるものではないと思いますが、覚えておくと役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

カードを拾ってカード会社に電話したらお礼がもらえるって本当?

実際にクレジットカードの裏面を見てみてください。以下のように、見つけてくれた人向けのお礼についての記述があります。

・JCBカード
このカードを取得された方は直ちに当社に連絡ください。(薄謝進呈)

・SBIカード(MasterCard)
このカードを取得された方は当社にご連絡ください(薄謝進呈)

・セゾンカード
このカードを取得された方は、上記インフォメーションセンターへご連絡ください(薄謝進呈)

・三井住友カード
このカードを取得された方は、直ちに三井住友カードにご連絡ください(薄謝進呈)

・ヨドバシカメラのクレジットカード(Visa)
If found, Please return to above issuer,Reward.

・アメリカン・エキスプレスカード
記載なし

・dカード
このカードを取得された方は直ちに上記にご連絡下さい(薄謝進呈)

このように書かれているはずです。
ヨドバシのクレジットカードは英語表記しかなかったのは不思議ですが、意味合いは一緒ですね。Rewardが謝礼という意味になります。

あとアメックスについては表記自体はありませんが、確認したところ取得者に対するお礼の制度自体はあるようです。

 

電話ってどこにすればいいの?

クレジットカードの裏面には必ずインフォメーションセンター、問い合わせ専用窓口などの電話番号が記載されています。
あるいは紛失・取得専用の電話番号が記載されているケースもあるようです。こちらに電話をしてオペレーターの方に取得した旨を伝えたら対応してくれるはずです。

 

薄謝って、いくらくらいもらえるものなの?

500円~3000円くらいのギフト券(カード会社の商品券、図書券)で金額はカード会社によって異なります。
私も聞いた話でしかないので、本当かどうかの確認はできませんが、1万円近い謝礼がもらえたという話もあるようです。

 

財布を拾ったときに、中身のクレジットカードを取り出して電話をかけてよいの?

実際にクレジットカードを拾う場面を想像すると、カードだけが落ちていてそれを拾うというケースは少ないと思います。
多くの場合は、財布自体が落ちていて、その中にクレジットカードが入っているというケースでしょう。

じゃあ、そうして財布を拾ったときに、その中身からクレジットカードを抜いて、カード会社に電話をかけるのはアリなのでしょうか?

 

拾った財布の中身を見るのは違法?

見ること自体は違法ではありません(もちろん、見て中身を盗ったら遺失物横領です)。
オフィスのようにクローズドな空間であれば中をちょっと見て、免許証などがあれば、落とした本人がすぐに特定できて渡せるというケースもありますからね。

 

拾った財布の中からクレジットカードを取り出し電話してもよい?

私個人としてはアリだと思います。クレジットカード会社に取得の連絡を入れると、拾われたということがカード会員(落とした人)にも伝わるはずです。そちらのほうが不正に利用されていないということが本人にもわかって安心できるはずです。
もっとも、クレジットカードの場合は、紛失で不正利用されたとしてもカードに付帯している保険で実害は出ないようにはなっていますが。

クレジットカードの盗難保険を解説。紛失や盗難で不正利用の被害にあった時の補償の仕組み
2017-05-23 05:21
クレジットカードには「盗難保険」と呼ばれる保険がセットされています。これはクレジットカードの不正利用や盗難などによって被害(損害)が生じたときのための保険です。こうした保険がセット
リンク

カード会社に電話をしたときに、取得した財布自体はこれから○○交番に届けます、とでも付け加えておけば、所有者に伝言してくれると思われますので、落とした本人にとってもなくした財布を見つけやすくなるはずです。

財布を落とした時・紛失時にやるべき対応と見つかる確率を高める方法
2017-06-09 14:34
財布を落としてしまう……。かなりのアンラッキーな出来事になりますが、気を付けていたとしても自分の身に降りかかってきてしまうかもしれません。落としてしまった、なくしてしまったのであれ
リンク

 

うるさい人もいるということは考えておいたほうがいいかも

例えば、拾った財布は実はその前に他の人が拾っており、中身が抜かれていた状態で捨てられていて、それをあなたが拾ったという場合に、中身が足りない、盗んだんじゃないか?とか疑われるかもしれません。

また、世の中にはいろいろな人がいらっしゃり、財布の中身を確認したことを、プライバシーの侵害だとかいう人もいるかもしれません。

中身を抜いた云々について、立証責任は相手にありますので、あなたが中身を抜いていないというのであれば、そんなことはしていないと正しく主張すればよいだけです。個人情報(プライバシー)に関しても、拾った財布の中身を確認することは法に触れるようなものではありません。

ただ、そういった面倒を避けたいのであれば中身は一切見ないで、拾った施設の管理者か、警察(交番)などに財布ごと届けたほうが無難かもしれません。

 

以上、クレジットカードを拾ったときの小ネタの薄謝進呈についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP