おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

結婚を機に考える夫婦のマネープラン・家計の設計

marriage結婚をするとこれまで別々だった財布(家計)が一つなります。結婚後の働き方は様々で共働きを選択する家庭もあれば、どちらかが家庭に入るという選択もあるかと思います。いずれのケースであっても新しい家計を作るという作業が必要になります。なるべく早く家計のあるべき姿を見つけて、生活を軌道に乗せ「お金がたまる家計」にする必要があります。今回はそんな結婚を機に考えるべき新しい家計のあり方について紹介していきます。

スポンサーリンク

将来をしっかりと話し合うことがまず大切

まずは、結婚前後においてお金についての話し合いをしておくことが大切です。まずお互いが働いている場合の今後の働き方が第1になるでしょう。
専業主婦のコストは1億円?」でも書かれていますが、金銭的なことを考えると「共働き」と言う選択はベストチョイスです。しかしながら「専業主婦」に憧れを持っている女性は多いという事実もありますので、そのあたりはしっかりと話し合った上で今後の働き方を決めていきましょう。

また、働き方とも直結するのが子供を産み育てるのか?ということです。「晩産化」と言う言葉がでているように、晩婚化に伴って子供を産む年齢を上がってきています。
ところが「妊娠する確率ってどのくらい?」などにも書かれている通り、女性の年齢が上昇するほど妊娠率は下がっていきます。

子供を産むタイミングというものにもある程度の期限があることを含めて話し合っていく必要があります。

 

まずは家計のルールを決めよう

共働きを選択した場合、ダブルインカム状態で収入が大きくなります。そのため、家計がルーズになったり、プチ贅沢がいつの間にか標準となってしまい、世帯全体では高収入なのになぜかお金がたまらない家計になることが危惧されます。

そのために、家計のルールを先に作るべきです。おすすめは「項目別の分担」あるいは「家計の共通化」が挙げられます。

項目別家計分担とは?

夫婦お互いが正社員で長期的な共働きをするというケースでお勧めです。
まずは最初に話し合いを行って、どの費用をどちらが負担するかを決めてそれぞれが支払いをするようにします。年1回くらいは話し合いを行って年収などに応じて、細かい取り決めをするようにして不公平感がでないようにしましょう。

家計の共通化とは?

夫婦の収入をそれぞれが別個に管理するのではなく、一つの財布に入れて生活費などを支払うと言う方法です。全額を共通化するのがおすすめで、夫婦の収入をまとめて一つの口座に入れてそれを夫婦の生活費にあてるというものです。
余った分は共通の貯金に回していきましょう。

特に、最初は共働きで子供が出来たら仕事をやめると言う場合には、妻の収入分については全額以上を貯金できるように家計を調整していくことが求められます。

 

収入の2割は貯金に回せるようにしよう

また、家計を考える際は「2割以上」は貯金に回せるようにしていきましょう。特に結婚直後は結婚生活全体においてもっともお金を貯めやすいタイミングです。子供が出来てしまうとどうしても貯金をしていくことが難しくなります。共働きであれば3割を目標に出来るとよいですね。

貯金の習慣を作っておくことは非常に重要なことです。ためやすいタイミングで貯金できないというのはどこかに無駄な出費があるはずです。収入の多寡はあるでしょうが、家計の見直しを徹底して何とかやりくりをしてお金を貯めていきましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP