おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

便利!? 住信SBIネット銀行の定額自動入金サービス

tei住信SBIネット銀行が提供している「定額自動入金サービス」は毎月、他の銀行から住信SBIネット銀行の口座へと自動的に入金するというサービスです。しかも、手数料は無料(回数制限あり)。

上手に活用すればかなり使えるサービスだと思います。特に、勤務先から振込先の銀行が指定されているようなケースでは、この定額自動入金サービスと、定額自動振込サービスを併用することでお手軽マネー管理ができちゃいます。

スポンサーリンク

定額自動入金サービスとは?

定額自動入金サービスとは、毎月指定された銀行から住信SBIネット銀行の口座へと資金を移すことが出来るサービスです。
具体的なイメージについては下記の画像を見たいただくとわかりやすいかと思います。

teigaku

毎月5日または27日に指定金額を指定銀行から住信SBIネット銀行の口座に移すことが出来るというサービスです。

なにが便利なのかと言うと、住信SBIネット銀行はネットバンクの中でも金利や手数料などでスペックが高いのですが、同行を給与振込先として指定できない会社が多いという点を解決できるからです。

住信SBIネット銀行は「こちら」などでランキングされているとおりネットバンクの中でもかなり優秀なスペックの銀行です。

振込手数料が無料:月1回~15回まで
ATM手数料無料:月2回~15回まで

こうした手数料の無料サービスは2016年に「スマートプログラム」と呼ばれる段階性のサービスに移行しました。詳しくは「住信SBIネット銀行のスマートプログラムの内容と活用方法のまとめ」の記事でまとめています。

 

定額自動入金サービスをどう活用する?

要するに他行の銀行に預けているお金を自動的に住信SBIネット銀行の口座に移してくれるというサービスなわけです。

使い方はいろいろあるでしょう。

 

1)貯金用の銀行として利用する

一番オーソドックスな方法として使えるのが、住信SBIネット銀行を貯金専用の銀行にしてしまうというものです。毎月貯金として貯める金額を決めておき、その金額分を天引き貯金するような感覚で利用するというものです。

預金通帳を見てわかるその人の貯金力やお金が貯まらない理由」でも紹介したように、一つの銀行の普通預金だけで預金を管理するのはためているお金と生活費が一緒になりやすく好ましくありません。

積立預金や定期預金を使うというのも手ですが、こうした方法も有効です。

 

2)住信SBIネット銀行をハブ銀行として使う

住信SBIネット銀行を活用した資金管理術」などでも紹介しているとおり、住信SBIネット銀行は自動入金だけでなく自動送金にも対応しています。振込手数料が無料というポイントを活かして、一度お金を給料振込先の銀行などから住信SBIネット銀行に移して、そのお金を自動送金するという方法も使えますね。

毎月の固定的な支払い(家賃や子供や家族への仕送りなど)にも活用できる方法といえそうです。

 

欲を言うともうちょっと指定日を柔軟に対応してくれたら

欲を言えば、指定日というのが5日か27日しか選べずに、住信SBIネット銀行への入金もそこから4日間のタイムラグがあるというのがちょっといただけないです。
指定日はこちらで自由に設定できて、さらにリアルタイムに資金に反映されるといったことができればいいんですけどね。

>>住信SBIネット銀行公式ホームページはこちら

 

以上、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスについて紹介しました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP