おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード

2016/08/17最終更新   webサービス 節約術

mfowardマネーフォワード(Money Foward)は、家計簿管理と資産管理の両方が一つでできてしまう管理ツールです。パソコンやスマートフォンで利用可能で、利用料などは無料です。今回はこの便利なマネーツールであるマネーフォワードのメリットや使い方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

マネーフォワードのしくみ

マネーフォワードは以前紹介した「マネールック」と同様に金融機関や金融サービスなどを登録することでその情報をまとめて管理することができるツールです。
複数の銀行や証券会社に分かれている金融資産の状況のほか、カード会社の利用や銀行の出金履歴などから家計の支出状況も管理することができます。また、各種ポイントや年金などの情報も一元管理できるようになっています。利用はパソコンのほか、スマートフォンが可能です。

強みとしては
・家計簿管理として手軽に使うこともできるし、詳細な分析も可能
・多くの銀行、証券会社の金融資産を登録可能。公的年金や401kなども分析可能
といったところが挙げられます。以下ではマネーフォワードの強みをもっと詳しく掘り下げていきます。

 

簡易家計簿としてツカエル!

マネーフォワードは簡易家計簿として使えます。
お給料の振込先銀行口座や普段から使っているクレジットカード、電子マネーなどを登録すれば、それぞれの入出金履歴から簡易的な家計簿として使えます。

たとえば、20万円のお給料が入金されればそれは「収入」としてカウントされます。
その上で、ATM出金は「支出」、クレジットカードの利用も当然「支出」として扱われます。このほか、一部のショッピングサイトの利用履歴も登録可能です。

昔の記事で「クレジットカードで赤字拡大の罠」と書きましたが、このマネーフォワードを使えば、クレジットカードで使用したお金も支出としてほぼリアルタイムにカウントすることができるので支出管理が容易となります。
クレジットカードを利用していれば、どこでカードを使ったのかも一発でわかるので、むしろカード払いの方が支出分析に向いています。

また、iPhoneなどのスマートフォンにもアプリを入れておけば、細かい支出情報なども手軽に入力できますので、より細かい家計管理(家計簿作成)をしたいというニーズにもこたえています。
また「ReceReco」というアプリとも連携しており、レシートをスマートフォンカメラで撮影することで自動的に家計簿登録をしてくれるという機能も付いております。

わざわざ、家計支出を記録しなくても「簡単な家計簿ならマネーフォワードで何もしなくてもつくられる」また「しっかりと家計簿をつけたいというニーズにも十分に応えている」いうのは、家計簿アプリとして相当秀逸なソフトといえます。

 

貯金や資産管理ツールとしてツカエル!

マネーフォワードでは登録した銀行、証券、FX、年金など金融情報を自動で取得。
取得した情報を円グラフや推移を棒グラフなどでも表示することができます。これを見ることで資産配分の状況を確認することもできます。

また、複数の証券会社で株を持っている場合はそれぞれの銘柄などもまとめて損益表示が可能です。年金などの受給見込み額なども「401k(確定拠出年金)」はもちろん、「ねんきんネット」を通じて公的年金の情報も含めて確認することができます。
また、負債がある場合はその負債状況も入力可能で、家計のバランスシートなども作ることができます。

前述の収支管理と連動して、今後の資産状況の予想シュミレーションも簡単に作ることができ、将来のライフプランや教育資金等の計画にも役立てることができます。

 

なぜ無料なの?

ここまで充実したソフトがなぜ無料なのか?という点ですが、無料の理由については、基本機能を無料の状態にした上で「プレミアム会員」に対しては課金するサービスとなっているからです。
プレミアム会員になると月額500円で、様々な付加サービスが利用できるようになっています。ただし、個人的には無料版でも十分だと思います。
また、スマートフォンのアプリについては通常会員の場合はアプリ下に広告が配信されるようになっています。このような理由で無料にしても十分なサービスを提供できているということです。

 

安心していいの?

また、セキュリティも心配です。銀行、証券、クレジットカードなどの重要な金融機関の情報をまとめるということはそれだけ万が一の時のリスクが大きいことになります。

マネーフォワードはすべてのデータを暗号化した上で、システムの運用は金融機関のシステムを担当してきたプロが担当しています。また、登録するパスワードは「口座の閲覧」に必要なもののみで、実際に取引に必要なパスワードは登録していません。
登録に必要な個人情報は「メールアドレス」のみとなっており、名前や住所なども利用していないので匿名性も担保されています。

 

実際に使ってみると相当便利なツールです。PCだけで使用するのもいいですし、スマホと連携させて使えばより充実した家計簿管理や資産管理が可能です。料金は一切かからないのでお気軽に試してみてください。

 

以上、無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワードを紹介してみました。
私は、住信SBIネット銀行の利用者が使える住信SBIネット銀行版を利用しています。くわしくは「住信SBIネット銀行公式ホームページ」よりご確認ください。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP