おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?カードブランドの違いを知る

2016/12/02最終更新   クレジットカードのライフハック

blandクレジットカードを初めて作るという方にとって、一つ決めなければならないものとしてクレジットカードのロゴとして印刷されている「JCB」や「VISA」、「MaterCard」といったカードブランドをどれにするか?ということが挙げられるのではないかと思います。同じクレジットカードでも、JCBとVISA、MasterCardの中から好きなものを選べるというものもあり、どれを選ぶべきか迷っているという方も多いのではないでしょうか?今回はこうしたカードブランド(国際ブランド)の違いや、選ぶならどれがいいのか?といったことを説明していきます。

スポンサーリンク

そもそも、カードブランド(国際ブランド)って何?

クレジットカードの券面についている「JCB」や「Visa」、「MasterCard」といったロゴがカードブランド(国際ブランド)です。

rakuten-card左は楽天カードの例です。

同じ楽天カードでも右下に「JCB」や「VISA」「MasterCard」のロゴが印字されているのが分かるかと思います。これがカードブランド(国際ブランド)となります。

この場合、楽天カードというカード会社が発行するクレジットカードの中に「JCB」「VISA」、「MasterCard」の3種類の国際ブランドのカードがあるということになるわけです。

 

国際ブランドの役割とは何か?

じゃあ、国際ブランドの役割って一体どういうものなのでしょうか?
国際ブランドは、様々なカード会社に対して世界中の加盟店での決済機能を提供している会社なのです。

クレジットカードはお店でカードを通すことで買い物ができるようになっています。そのときにカードが使えるかどうかの確認やいくらまで買い物ができるか?と言った事を瞬時に計算してカードでの決済の使用可否を判断し、クレジットカード発行会社に対して通知するなどの役割を担っているのです。
こうしたサービスを国際的に展開し、世界中で利用できるためのシステム提供会社が「国際ブランド」なのです。

国際ブランドについては先ほどから述べている「JCB」「VISA」「MasterCard」の他にも「AmericanExpress(アメックス)」「DinersCluc(ダイナースクラブ)」があり、他にも中国銀聯カード(ちゅうごくれんぎんかーど)、Discover Card(ディスカバーカード)なども新興の国際ブランドとなりつつあります。

 

国際ブランドによる違いは何か?

大きな違いは「加盟店の違い」が挙げられます。

 

加盟店の違い=使えるお店の違い

クレジットカードが利用できるお店というのは全部のカードが使えるとは限りません。それぞれの国際ブランドと提携した加盟店でなければ利用できません。そのため、JCBは使えるけれどもVISAは使えないというお店はありますし、その逆もあります。

そのため、クレジットカードを持つ時は、一つの国際ブランドに集中してもつのではなく、たとえば3枚のクレジットカードを持つなら国際ブランドはバラバラに分散させておいた方が便利ということになります。

 

JCBやVISA、MasterCardで審査内容は違うのか?

たとえば、楽天カードはJCB,VISA,MasterCardの3ブランドを扱っています。同じクレジットカード会社であればどのカードブランドを選択したとしても審査内容に違いはありません。

 

JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?

日本のクレジットカードにおける国際ブランドとしてはJCB、VISA、MasterCardの三つがやはり有名どころと言えるでしょう。では、この三つの国際ブランドを持つとしたらどれがいいのでしょうか?選び方のポイントをまとめます。

 

基本としてJCB+(VISA or MasterCard)がおすすめ

まず、加盟店を考えた時、日本国内ではやはり日本発の国際ブランドである「JCB」は強いです。海外旅行なんて行くことはないというのであればJCBだけでも不便と感じることはほとんどないのではないでしょうか。

その一方でJCBは世界(海外)という目で見ると弱いです。ハワイのように日本人観光客が多い地域には加盟店も多いですが、そうでない場所では加盟店も少ないです。ヨーロッパなどでは「JCBなんて聞いたことが無い」という人も多いのが現実です。

一方のVISAやMasterCardは世界中で強いです。VISAは世界の加盟店数が3000万店以上とも言われており、JCBの2倍弱の加盟店を持っています。
海外旅行や海外出張など海外に行く機会が多いというのであればJCBだけでは心配ですのでVISAあるいはMasterCardも持っておくと安心です。

ただし、JCBは海外世界60カ国にJCBプラザという窓口があり日本語での観光相談などもできるようになっています。JCBブランドのカードを持っていれば無料で利用できますので、海外旅行での決済には利用しづらいですが、一枚持っていくとお守り代わりになりそうです。
参考:JCB PLAZA

以上から、保有するクレジットカードが今無いという方はJCBブランド1枚と、VisaかMasterCardのどちらかを1枚もっておけば、カード払いをしたいお店で使えないという問題はほとんど起きないと思います。

 

クレジットカードとしてのサービスは「カード会社」「カード」ごとに異なる

クレジットカードにおけるJCB、VISA、MasterCardといった国際ブランドの違いは主にそのお店で「使えるかどうか?」が大きな違いとなります。

それ以外のポイントサービスや補償・保険、特典などはそれぞれのカードを発行しているカード会社やそれぞれのクレジットカードごとに提供されています

たとえば、ポイントの還元率や、どこどこで使うとお得なカードといったような特典などはクレジットカードを発行する会社やそれぞれのクレジットカードの独自サービスとなっているわけで、JCB、VISA、MasterCardといった国際ブランドによる違いではありません。

 

JCB、Visa、MasterCardのおすすめクレジットカード

JCBブランド、Visaブランド、MasterCardブランドにおけるおすすめクレジットカードを紹介していきます。

・三井住友カード
国内におけるVisaカードとしてはもっともスタンダードな一枚。どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードです。Visaカードを考えているならこちらの一枚がおすすめ。
なお、三井住友カードでは、MasterCard版の発行も可能です。
>>三井住友Visaカード公式ホームページ

 

・楽天カード (JCB、Visa、MasterCardからの選択)
発行枚数2000万枚を突破(2015年12月)するなど勢いのあるクレジットカード。年会費無料で還元率は1%とポイント面も魅力。ちなみに、楽天カードの場合、個人的には電子マネー(nanaco)へのチャージ等でもポイントが貯まるJCBブランドがお勧めです。
>>楽天カード公式ホームページ

 

クレジットカードを作る時にどのブランドで作ろうか迷った時は、他に持っているカードを見ながら持っていないブランドのものを作ると良いかと思います。クレジットカード自体を探しているという方は「おすすめクレジットカード選び 自分にあったカードが探せる」などのサイトも参考にされると良いかと思います。

 

以上、JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?というお話でした。個人的にはお財布の中にはJCB一枚とVisaかMasterCardが一枚入っていれば、外出先でクレジットカードが使えない!なんてことにはならないと思います。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP