おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

住信SBIネット銀行を給与振込口座にしたマネー管理術

住信SBIネット銀行私がおすすめしているのが「住信SBIネット銀行」というネットバンクを給与振込口座と指定することで行うマネー管理術です。具体的には住信SBIネット銀行の振込手数料無料サービスと自動定額振込サービスを活用して、同行を「ハブ銀行」にしてお金を様々な形で管理しようというものです。

最初の設定は面倒ですが、一度設定すれば変更いらずでとても便利です。ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行を「ハブ銀行」に

ハブとは車輪の中心という意味で、ネットワーク用語として使われています。分岐の中心とでも思ってください。「ハブ空港」とか言いますが同じ意味です。
具体的にどのようにして住信SBIネット銀行をハブ化するのでしょうか?

住信SBIネット銀行には下記のような特徴があります。

  1. 振込手数料は他行あてでも月1~15回まで無料
    振込手数料が月1~15回まで無料になっています。
  2. 定額自動振込サービスというサービスがある
    毎月一定の日にちに特定の銀行口座(他行OK)に対して定額を自動で振込してくれるサービスです

この二つのサービスを活用して、この銀行をハブ化して、資金管理を容易にしてしまおうというのが今回の趣旨です。

要するにお給料などの入金口座を住信SBIネット銀行にしてしまい、そこに集まったお金を目的に応じて1~15か所までの銀行に自動振込をすることで、自動的に資金管理をしてしまおうというものです。いくつか具体的なその使い方をピックアップしていきます。

 

お金を「生活費」「貯金」「投資」などに振替

たとえば、毎月3万円を投資資金に、3万円を貯金(預金)に預けて貯めようと考えているとします。このような時に、証券会社の銀行口座への振込、自分の貯蓄用銀行への振込といったように自動設定しておけば、毎月自動的に振り込みをしてくれます。

そして、住信SBIネット銀行に残ったお金を生活費としてもいいですし、あと1回の無料手数料が残っているので生活費用として別の銀行に振込をしてもいいですね。

このように資金に目的と金額を設定して自動的にそれぞれの口座にお金が流れるようにしておくと「ついつい使ってしまった」ということを予防することができます。
特に、なかなかお金が貯められないという方におすすめです。

 

仕送りや家賃等の支払いなどを自動化

このほかにも、仕送り、家賃など毎月振込をしている案件を自動化することができます。自動化することにより手間を小さくすることができます。仕送りや家賃といった毎月定額の振込や支払いが必要な場合にはこのような方法も活用することができます。

 

住信SBIネット銀行に「給与振込」ができない場合

便利そうだけど、ネットバンクを給与の振込口座には指定できない。という会社さんも多いかもしれません。そんな方にお薦めなのが、住信SBIネット銀行が2013年から提供を開始した「定額自動入金サービス」。

こちらは振込ではなく、別の銀行から手数料無料で定額を住信SBIネット銀行に自動的に入金してくれるというもの。たとえば、地方銀行や都市銀行などに振り込まれたお給料を、自動的に住信SBIネット銀行に入金してもらうことができます。

この手数料は無料なので、ネットバンクに振込ができないという方はこの入金サービスを活用することで同行をハブ化することができます。

住信SBIネット銀行についてもっと詳しく知りたい方は「住信SBIネット銀行の評判・口コミ」もご参照ください。

>>住信SBIネット銀行公式ホームページはこちら

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP