おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

他行から嫌われまくりの楽天銀行ゴールドラッシュプログラム終了へ

2017/02/24最終更新   銀行のライフハック 銀行振り込み

他の銀行から振込を受けるだけでお金を受け取ることができる、「楽天銀行ゴールドラッシュプログラム」の終了が発表されました。2012年12月28日で終了となるようです。

当ブログでも「楽天銀行ゴールドラッシュプログラムと端株取引」などの形でゴールドラッシュプログラムを使った活用術などを紹介してきましたが、2013年からは使用できなくなります。ご注意ください(追記あり)

スポンサーリンク

追記)ゴールドラッシュプログラムは終了しましたが、株式配当金の振込に対して1件につき10円のキャッシュバックをするプログラムがスタートしております。

 

ゴールドラッシュプログラム終了の原因と分析

終了の理由は、他行から嫌われまくったということが挙げられるかと思います。
預金者からすればお得なサービスかもしれませんが、他の銀行から見てみると無駄に楽天銀行への振込回数が増えるとコスト増にしかなりません。

たとえば、ある銀行が振込手数料を月に3回まで無料にしていたとしましょう。
こうしたケースで無料回数が余っているからということで、ユーザーは必要もないのに楽天銀行に振り込みをするわけです。そうすればお金がもらえますからね。

ただ、それをされる銀行としてはたまったものではないでしょう。銀行が取っている振込手数料無料サービスというのは、ユーザーの利便性を向上させるために、その部分だけみれば赤字で実施しているわけです。

それを無意味(キャッシュバック目当て)で行われるというのであればいい気はしないはずです。

 

すでに振込手数料が無料の銀行は対策済み

振込手数料無料の住信SBIネット銀行や大和ネクスト銀行なども楽天銀行は除外するなど、楽天銀行外しが本格化しました。

こうなってくると、楽天銀行からすると、自分の銀行だけ振込手数料が無料にならないということになりユーザーの利便性は大いに失われることになります。結果としてゴールドラッシュプログラムがあることによって楽天銀行はその魅力を失ってしまう事になるわけです。

こうしたこともあり、ゴールドラッシュプログラムのサービスの停止に踏み切ったものかと思います。

預金者の方で、ゴールドラッシュプログラムを活用してきた方はご注意くださいね。なお、他行からの振込については対象外となっておりますが、「株式配当金」の受け取りに関しては1件につき10円が受け取られるプログラムが別途スタートしております。

参考
楽天銀行 / ネットバンク徹底比較

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP