おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天ポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ。

rakutenpoint楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は、国内最大級のオンラインショッピングモールである「楽天市場」におけるポイントプログラムです。楽天経済圏とも呼ばれることがある、インターネット上の様々な楽天のサービス(トラベル、銀行、カード、証券、Edyなど)との連携は昔から行われていましたが、2014年10月よりRポイントとして共通ポイント化し、リアルにも進出しました。

楽天市場がやっぱり中心ではありますが、利用可能な店舗も増え、ポイントの使い道も拡大しました。上手に活用しましょう。なお、共通ポイントについてざっと理解したいのなら「共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法」の記事でまとめています。

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違い

まず、最初に楽天グループには2つのポイントがあることを知っておく必要があります。

1)楽天スーパーポイント
2)楽天ポイント

楽天スーパーポイントは、楽天のショッピングモールである「楽天市場」で貯めたり、利用したりすることができるポイントです。楽天のクレジットカードである楽天カードで貯まるポイントもこちらの楽天スーパーポイントですね。

一方の楽天ポイントは一時期は「Rポイント」と呼ばれたこともある楽天が主導する「共通ポイント」です。TポイントやPontaポイント、dポイントといったように色々なお店で共通して使うことができるポイントプログラムです。

提携店は楽天グループのサービス以外に「サークルK」「サンクス」「ポプラ」等のコンビニや出光石油(ガソリン)、大阪松坂屋(デパート)、ミスタードーナツ、Cafe&Bar Pronto、しゃぶしゃぶ温野菜、紳士服のコナカ、大江戸温泉物語などがあります。

ちなみに、名称は違うのですが、「楽天スーパーポイント」と「楽天ポイント」は共通したアカウントで管理されており同じものとして扱われています。

2016年12月現在では、楽天スーパーポイント、楽天ポイントというように名前が分けられていますが、今後は統一されるものと考えられます。

この記事では、以後「楽天ポイント」で表記を統一いたします。

 

楽天ポイントをお得に貯める

楽天ポイントを貯める方法としては「楽天市場でのショッピング」「楽天カードを使う」「楽天ポイント加盟店での提示」などで貯めることができます。

 

楽天市場でのお買い物で貯める

楽天市場でのお買い物に対して基本ポイントとして100円あたり1ポイント~20ポイントが貯まります。このポイント付与率は楽天市場に出店しているお店や販売している商品によって異なります。

さらに、楽天市場では様々なイベントやポイントアップキャンペーンを行っています。「楽天スーパーセール、お買い物マラソンで賢く買い物するためのポイントと注意点」などの買い回り企画のほか、2016年からは「楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(ポイント7倍)の攻略方法と注意点」というポイントサービスも開始しています。

楽天ふるさと納税のメリット、デメリット。寄付をしてポイント還元が魅力」でも活用方法を紹介していますが、話題のふるさと納税でも楽天ポイントが貯まります。

 

クレジットカードで貯める

楽天ポイントを貯めるのであれば楽天カード(クレジットカード)がやっぱりお勧めです。常時1%の還元率に加え、2016年から楽天でのお買い物で利用すれば通常のポイントに加え3%分のポイントがプラスされる「スーパーポイントアッププログラム」もスタートしています。
楽天カードについては「楽天でのお買い物がお得になる楽天カードのメリット、デメリットを知ろう」の記事で詳しく紹介しています。

>>楽天カード公式ホームページはこちら

 

楽天ポイントカードの提示で貯める

楽天ポイント加盟店ならポイントカードの提示で100円の利用で1ポイントのポイントを貯めることができます。

加盟店は「サークルK」「サンクス」「ポプラ」等のコンビニや出光石油(ガソリン)、大阪松坂屋(デパート)、ミスタードーナツ、Cafe&Bar Pronto、しゃぶしゃぶ温野菜、紳士服のコナカ、大江戸温泉物語などとなっています。

楽天ポイントカードのアプリ画面の提示の他、楽天カード(楽天ポイント機能付帯)を提示すればポイントを貯めることができます。

 

サークルKサンクスなら+Kカードがお得

+K(プラスケイ)はサークルKサンクスの利用がお得になる楽天ポイントカードです。普通の楽天ポイントカードと同様に利用できるほか、毎週火曜日はポイントが2倍になるなどの独自の特典が用意されています。

サークルKサンクスで対象商品の購入でボーナスポイントが貯まるほか、お得なクーポン券も利用することができるようになります。サークルKサンクスは使わないというのなら別ですが、使うのであればノーマルなら楽天ポイントカードよりも+Kカードの方がお得です。

 

楽天ポイントのお得な使い方

楽天ポイントは楽天でのお買い物が多い人ならかなりのポイントを貯めることも可能なポイントプログラムとなっています。前述のお買い物マラソンやSPU(スーパーポイントアッププログラム)なども活用すれば数万単位のポイントを貯めることもそう難しくないはずです。

となると重要なのは、その「使い道」ではないでしょうか。できるだけお得に使いたいものですね。

 

楽天でのお買い物ならポイント消費でもポイントが貯まる

まず、楽天ポイントは楽天市場での消化がお得です。通常の多くのポイントプログラムは「ポイントで買った分はポイント対象外」になります。「ヨドバシカメラでのお買い物で損をしないヨドバシポイントカードの活用方法」でも紹介したヨドバシカメラのポイントもポイント消費をした分はポイントが付きません。

一方の楽天ポイントはポイント消費時でもポイントが付きます。
たとえば1万ポイントを、ポイント10倍のお店で使った場合、1万円分のポイントを使ったら、1000円分のポイントがさらに加算されるという仕組みになります。

ポイント消費ということを考えたら魅力的ですね。

 

期間限定ポイントも消費できる

楽天市場で時々扱いに困るのが期間限定ポイント。ポイントアップキャンペーンで貯まるポイントは多くが利用可能期間が短い期間限定ポイントです。

楽天市場の期間限定ポイントの注意点と賢い使い道」でも紹介している通り、利用可能な時間が短いです。まとまったポイントならまだしも、数十とか数百とか言ったポイントは通販で使おうと思っても送料もかかるし使いにくいです。

楽天ポイントカードとして利用すれば、たとえばサークルKサンクスなどのコンビニで期間限定ポイントも利用できるので失効しがちな期間限定ポイントの利用先としてもお勧めです。

 

ふるさと納税にも利用できる

ふるさと納税ポータルサイトを比較。どこでふるさと納税をするのがお得?」でも紹介している通り、楽天はふるさと納税のポータルサイトも運営しています。

寄付可能な自治体の数は多くはありませんが、寄付の際に楽天ポイントを使って寄付ができるので、沢山貯めたポイントをふるさと納税で活用するというのも一つの手ですね。ちなみに、ふるさと納税について詳しく知りたい方は「ふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」のページも参考になるかと思います。

 

使わない楽天ポイントはANAマイルなどにも交換可能

楽天ポイントは提携しているANAのマイルと交換が可能です。2ポイント→1ANAマイルとなります。
ANAのマイルについては無料航空券(特典航空券)との交換に利用できるなどの価値があります。この交換レートの場合は、1マイル=2円となります。

そこまでレートがよいわけではありませんが「ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ」や「飛行機のファーストクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得」でも紹介したように、マイレージは上手に活用すれば1マイルあたり5円、10円といった価値にまで高めることができるので、使い方によってはお得です。

一方でANAマイル自体を他のポイントに交換するという場合は1マイル1円としての価値しかないため、あくまでもANAマイルを有効活用することができる人向けといえそうです。

 

以上、楽天ポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめでした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP