おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

おこめギフト券(お米券)の購入方法、使い方、換金の方法のまとめ

okomekenお中元やお歳暮などのギフトや株主優待の一環などとしても受け取ることが多いギフト券の「おこめギフト券(お米券)」についてその上手な活用方法についてまとめていきたいと思います。ちなみにおこめギフト券とお米券は実は同じように見えますが、発行しているところが違います。ただ、内容的にはほとんど一緒なので少し紛らわしいです……。

今回はそんなおこめギフト券やお米券の購入方法や上手な使い方、貰ったけど使い道がないという方向けの換金方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

おこめギフト券とお米券の違いは何?

発行している主体が違います。

全国共通おこめギフト券は全国農業協同組合連合会(JA)が発行しています。一方の全国共通お米券は全国米穀販売事業者共済協同組合(全米販)が発行しています。

いずれも1枚当たりの販売額(発行価格)は500円ですが、額面(購入できる商品券としての価値)は440円となっています。というわけで名前は違っていますが、基本的なスペック的にはほぼ同じということになりますね。

この二つのおこめギフト券とお米券は発行体は違いますが、価格設定も一緒ですし、使えるお店もほぼ同じなのでどちらも同じお米が買えるギフト券となっています。

 

おこめギフト券やお米券をお得に買う方法

原則的に440円の価値がある金券で販売価格は500円になりますので、正規の通常ルートで購入すると当然ですが、損をすることになります。このように販売価格よりも額面価格が低いのは「ビール券」と一緒ですね。

金券ショップやオークション、フリマアプリなどでの販売もあるようです。こちらのケースでは額面(440円)に近い金額で購入できるようです。ただ、それ以下で購入というのはあまりありませんね。

以上から、得をするためにお米ギフト券やお米券を購入するというのはお勧めできるものではなく、あくまでも「ギフト」として誰かに渡す前提で購入する形になります

 

おこめギフト券やお米券の使い方

当然お米を購入することができるわけですが、イオンやイトーヨーカ堂などのスーパーはもちろん、多くのデパートでも利用できます。お米だけでなく額面価格である440円の金券としてスーパーで販売している商品を購入することができます。

また、「東横インにお得に安く泊まるための方法のまとめ」でも紹介したように東横インのようにお米券を宿泊料金として使えるところもあります。基本は額面通りの金券として利用できます。

 

お米券はお釣りは出る?出ない?

おこめギフト券やお米券は利用した時に金額以下の決済の場合にお釣りを出すかどうかは加盟店の判断に任せるとしています。これはビール券と同様ですね。ただ、実際に私が聞き取りをしたところによるとお釣りは出さないというところが圧倒的でした。他の金券と同様にお釣りは出ないものと考えておく方がよさそうです。

ギフト券で例外的にお釣りが出るのは「ジェフグルメカード」くらいだと思います。

 

換金するくらいなら使った方がいい

基本的にお米ギフト券やお米券を換金するというケースでは、ほとんどの場合で「額面以下」の金額で処分することになるでしょう。使えるお店は幅広いので、わざわざ換金して額面未満で処分するくらいならスーパーなどで消費してしまう方がよっぽどお得になるはずです。

 

以上、おこめギフト券(お米券)の購入方法、使い方、換金の方法についてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP