おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点のまとめ

jalJAL(日本航空)が提供しているポイントサービスにJALマイレージバンク(JMB)があります。こちらはANAをはじめとした他の航空会社と同様にマイルと呼ばれるポイントが貯まるサービスで、マイルを貯めることによって無料航空券(特典航空券)などと交換することができるという人気のポイントプログラムとなっています。

今回はそんなJAL(日本航空)のマイレージプログラムについて、マイルの上手な貯め方や使い方などの活用方法やJALのマイルを貯める上での注意点をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはJMB(JALマイレージバンク)に入会しよう

JALは自社のマイレージプログラム・会員サービスとして「JMB(JALマイレージバンク)」というサービスを提供しています。JALを利用する上でも、マイルを貯める上でも入会しておくことをお勧めします。

JALマイレージバンクへの入会は基本的には無料です。ただし、会員証(カード)の発行については「JMBカード(会員証のみ)」「JMB提携カード(クレジットカード)」「JALカード(クレジットカード)」の3種類があります。

 

1)JMBカード

JALマイレージバンクの基本会員証です。マイレージ(マイル)を貯める機能のほか、JAL便に搭乗する際の「JALタッチ&ゴー」サービスや電子マネー(WAON)の機能などが付帯しています。未成年の方でも取得可能です。

 

2)JMB提携クレジットカード

JALと提携している一部のクレジットカードにはJALマイレージバンクの会員機能が付帯したものもあります。それぞれの提携先とJALとの連携サービスのようなものもありますので上手に活用しましょう。
JALと親密な企業が発行するクレジットカードが多いため、ポイント交換などが可能であることが多いのが特徴です。

 

3) JALカード

JALのクレジットカードになります。JAL便への搭乗ボーナスマイルなどの特典がプラスされるほか、クレジットカードでショッピングした時にもらえるポイントを比較的高いレートでJALマイルと交換することができます。
一般カード、ゴールドカード、プラチナカードなどグレードも豊富です。JALのマイルを貯めるのであれば最低でも一般カードは持っておきたいところです。

 

JALのマイルのため方

JALのマイルを貯める方法としては下記の方法ああります。

 

1)フライトマイルを貯める

JALの飛行機やグループ会社、提携会社の航空便に搭乗することでマイルが貯まります。搭乗でもらえるマイルは距離と座席のグレード、予約方法によって変わります。また、JALカードを保有者はさらにボーナスマイルを受け取ることができます。

 

2)クレジットカード(JALカード)の利用で貯める

マイルを飛行機のフライト以外で貯めるとなると筆頭候補に挙がってくるのがクレジットカードの利用によるポイントをマイルに交換するというものです。
JALのクレジットカードであるJALカードの場合は利用金額のおよそ1%分のJALマイルを貯めることができるようになっています。また、そのほかのJMB提携クレジットカードでもJALカードほどの還元率ではないことが多いですが、カードのポイントをJALのマイルと交換できることが多いです。

 

3)提携サービスの利用でマイルを貯める

JALの提携店(マイルパートナー)でカードを提示することでJALのマイルが貯まります。対象店舗は商業施設(お店)やホテル、温泉、オンラインショッピングサービスなど多数です。

旅行好きは活用。旅先の口コミ情報を投稿してANAマイル、JALマイルを貯める方法」などでも紹介したように、JALマイレージバンクと提携したサービスを活用することで無料でJALマイルを貯めるような方法もあります。

 

4)ポイント交換でJALのマイルを貯める

JALと提携しているポイントプログラムとJALマイルとをポイント交換することもできるようになっています。JALはポイント交換の提携先を非常にたくさん持っており、貯めたポイントを様々な形でJALのマイルに交換することができます。

代表的なポイントとしては共通ポイントの「dポイント」や「Pontaポイント」と交換可能です。

クレジットカード各社のポイントでいえば「JCBカード」「ビューカード」「イオンカード」「クレディセゾン」「DCカード」「ポケットカード」などの各クレジットカードのポイントも多くのポイントがJALマイルとの交換に対応しています。

他にもネット系のポイントサイトとのポイント交換にも対応しています。

 

JALマイルの賢い使い方をマスターしよう

JALマイルの利用方法としては主に下記の使い道があります。

・eJALポイント特典との交換
・JALクーポンとの交換
・JALとっておきの逸品との交換
・国内線クラスJ-eクーポン特典
・アップグレード特典
・特典航空券との交換

 

eJALポイントとの交換

e JALポイントは、JALホームページでの航空券・ツアー購入代金の一部または全額のお支払いにご利用いただけるポイントです。10000マイル=15000円相当のポイントと交換することができます。利用できるのはネット予約のみです。

航空券代金に充てることができるのはもちろん、ツアーにも利用できます。デメリットとしては「キャンセルした場合に払い戻しにならない」ということでしょうか?
ライバルのANAが提供する同様のサービスのスカイコインはキャンセルの払い戻しに対応しているのでここはぜひ対応してほしいところです。

 

JALクーポンとの交換

JALクーポンは、JALグループ航空券・ツアー購入や機内販売・ホテルでのお支払いなどにご利用いただけるクーポン券です。前述のeJALポイントと比べるとやや汎用性が高いのが特徴ですね。その一方で交換レートが悪く10000マイル=12000円相当(2000円券×6枚)となっています。

 

JALとっておきの逸品との交換

JALが選んだ様々な商品とマイルを交換することができます。こうしたポイント交換において商品との交換はあまり割がよろしくないケースが多いです。
わざわざマイルと交換するくらいならAmazonなどのネット通販で安く買ったほうがお得なことが多いと思います。

 

国内線クラスJ-eクーポン特典

国内線におけるJクラス(上位座席)が利用できるクーポン券と交換ができます。3000マイルで2区間分(往復分)となります。これは正直交換するメリットはあまりないかなと思います。そもそも普通席からJクラスへのアップグレード料金は1000円です。

となると往復2000円の料金で済むものを3000マイルで交換するのは少しもったいないと思います。なお、JALは国内線座席を「ファーストクラス」「Jクラス」「普通席」の三段階に分けています。

いわゆるライバルのANAはプレミアムクラス、普通席の二段階でサービス内容的にはファーストクラスと同様です。

 

国際線アップグレード特典

国際線における座席グレードのアップグレードにも利用できます。エコノミークラス→ビジネスクラス、ビジネスクラス→ファーストクラスといった具合です。
一見魅力的に見えますが、アップグレード特典を利用する場合は座席の予約を所定の料金(正規料金)で予約しておく必要があり、こちら自体がかなりの高額となっています。

 

特典航空券との交換

無料の航空券との交換です。国内線、国際線(提携会社含む)の両方で利用できます。

国内線は片道7000マイルより、国際線は片道7500マイルから利用できます。JALの1マイル当たりの価値を最大化しようとするのであればこちらの特典航空券との交換が最善といえそうです。

なお、マイル効率を高めたいのであれば、国内線よりは国際線、中でもエコノミーよりもビジネスクラスやファーストクラスなどの上位シートの方が利用価値(1マイル当たりの価値)は高くなります。

 

JALマイルを活用する上での注意点

JALマイルを貯めて、それを利用する上でも注意点としてはJALのマイルの有効期限は3年間しかないということです。3年という期間は長いようで短いです。たとえば国内線なら最低でも14000マイルを貯めないと国内線の往復利用はできません。

仮にクレジットカードの利用でマイルを貯めるとすると1%還元率としても140万円分はクレジットカードで買い物をしないとたまらないマイル数になります。

もちろん、フライトマイルが日常的に貯まる方(飛行機に日常的に乗る方)であれば、比較的マイルを貯めるのも簡単ですが、飛行機に乗らずにマイルを貯めようと考えている方はある程度マイルを貯めるというための道筋を考えてからマイルを貯め始めることをお勧めいたします。

 

以上、JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点についてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP