おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ

anaポイントプログラムの中でも特に人気が高いものの一つが航空会社が用意しているマイレージプログラム(マイル)ではないでしょうか。国内大手航空会社のANA(全日本空輸)もANAマイレージクラブというポイント制度を用意しており、飛行機の利用やクレジットカードの利用、ポイント交換などでANAのマイルを貯めることができます。

マイルを貯める醍醐味の一つは「無料航空券(特典航空券)」でしょう。飛行機は実際に乗るとお高いですが、マイルを使って特典航空券として乗るとかなりポイント効率が高いです。

今回はそんな人気のANAマイルについて上手な貯め方や使い方、活用法や注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

AMC(ANAマイレージクラブ)への入会

マイルを貯めるにはAMC(ANAマイレージクラブ)に入会する必要があります。こちらへの入会は複数の方法があります。基本の入会金や年会費は無料です。

 

1)ANAマイレージクラブカードを取得する

こちらは無料です。年齢制限もないので子どもも入会可能です。

 

2)ANAマイレージクラブ機能付きのクレジットカードやキャッシュカードを作る

ANAマイレージクラブの会員機能が一体となったクレジットカードや銀行のキャッシュカードなどがあります。こうしたカードにもAMCの会員証としての機能が付帯します。年会費などはカードによって異なります。無料のものから年会費が発生するものまであります。

 

3)ANAカード(クレジットカード)を作る

ANAの公式クレジットカードであるANAカードを作れば自動的にAMC会員となります。年会費はカードによって異なります。飛行機への搭乗ボーナスマイルやANAカードで支払いをすればボーナスマイルがもらえる提携店舗など、マイルが貯まりやすい特典も多いため、ANAのマイルを積極的に貯めるのであればANAカードは必須と言えるでしょう。
ANAカードについては「ANAのマイルが貯まるANAカードの種類とその選び方を比較」でもっと詳しく説明しています。

 

ANAのマイルを貯めるのに向いている人といない人

マイルをため始める人の中には、飛行機にはほとんど乗らないけど、マイルを貯めてタダで飛行機に乗れるってのはよさそうだからマイルが貯まるクレジットカードでマイル貯めてます、という人がいます。

そもそも論になりますが、マイルはやはりある程度飛行機に乗ることがある人向けのポイントプログラムだと思います。もっともクレジットカードやポイント交換などを駆使して、年に数万から数十万マイルを飛行機に乗らず貯めることができるような人もいることはいます。
そんなガチ勢になるつもりならいいですけど、そうでないなら止めておいた方がいいと思います。

一方で年に数度は飛行機に乗る機会がある人はぜひともマイルを貯めるということを生活に取り入れてみてください。飛行機の乗り方を工夫したり、クレジットカードの活用や、ポイント交換などを活用すれば飛行機ライフをきっとより充実したものにできるはずです。

 

ANAマイルの貯め方

マイルは貯めなければ使うことができません。ここではANAマイルが貯まる方法ともっとより効率的にANAマイルを貯める方法を紹介していきます。

ANAマイルを貯める方法は大きく4つあります。

1)飛行機への搭乗
2)クレジットカードで貯める
3)ANAとの提携サービスの利用で貯める
4)他のポイントをANAマイルに交換する

 

飛行機への搭乗でマイルが貯まる

もっともスタンダードな方法です。マイルという名前からわかるとおり、マイルは飛行機の搭乗距離によって変わってきます。羽田-伊丹(大阪)よりも距離のある羽田-福岡の方がより多くのマイルが貯まります。国際線ならもっと距離があるのでたくさんマイルがもらえます。

また、マイルの加算率は乗る席や予約方法でも変わってきます。プレミアムクラス(国内線)やビジネスクラス(国際線)は加算率が高い一方で、パッケージツアーなどでの搭乗は加算率が低くなっています。
また、後述するANAカード(ANAのクレジットカード)を保有している人もカードのグレードに応じて加算率がアップします。

なお、マイルとは違い金銭的価値はありませんが、飛行機搭乗のマイルとは別に「プレミアムポイント(PP)」というポイントも別途加算されます。こちらは貯めたポイントに応じてANAマイレージクラブでの会員ランクに影響します。

 

クレジットカードでマイルを貯める

ANAに限らずマイルを貯める方法として多くの人に知られているのがクレジットカードのポイント等を利用するというものでしょうか。ANAはANAカードというクレジットカードを色々なクレジットカード会社と連携して発行しています。基本といえるのはやはりこのANAカードでしょう。

ANAカードの特徴は以下の3点です。
1)カードの作成や更新でマイルがもらえる
2)飛行機に搭乗することでボーナスマイルが貯まる
3)クレジットカード利用でマイルが貯まる(ポイント交換)

ANAマイル初心者の方がカードを利用する上ではANAカードはぜひとも用意しておきたいところだと思います。なおANAカードと一口に行っても種類はたくさんあります。「ANAのマイルが貯まるANAカードの種類とその選び方を比較」では用途、目的、タイプ別にどのANAカードがお勧めのかを紹介しているので参考にしてみてください。

 

ANAとの提携サービスの利用で貯める

ANAは他の様々な企業と提携しており、そうした提携先(特約店)を利用することでANAマイルが貯まるケースがあります。当ブログでもいろいろ紹介しています。

楽天Edyにクレジットカードでチャージをしてお得にポイントを貯める方法

ANAマイラー御用達のスルガ銀行ANA支店の活用方法とメリット、デメリット

旅行好きは活用。旅先の口コミ情報を投稿してANAマイル、JALマイルを貯める方法

など参考にしてみてください。

 

他のポイントをANAマイルに交換する

他で貯めたポイントをANAマイルに交換するという方法もあります。

ANAカード以外のクレジットカードで貯めたポイントも交換レートは決して高くないですがANAマイルと交換できます。他にも共通ポイントとして有名な「Tポイント」も2ポイント1マイルのレートでANAマイルと交換することができます。Tポイントは貯まる場所も多いので、Tポイントをたくさん貯めてANAマイルにするというのはいい方法です。

なお、ANAマイルへのポイント交換としてANAマイラーの中から圧倒的に支持されているのが東京メトロのポイントである「メトロポイント」です。こちらは1000ポイント900ANAマイルという交換レートの高さがウリです。Tポイントよりも1.8倍も高還元率となっています。

なお、この交換ルートを利用するためには「ANAマイラー必携のクレジットカードは「ソラチカカード」で決まり」でも紹介したソラチカカード(ANAカード)が必要です。

ちなみに、このメトロポイントを利用したANAマイルのため方には様々な方法もあるようで、年間にポイント交換だけで20万マイル以上も貯める人もいるみたいです。詳しくは「お金を使わずに年間20万マイル以上をためる方法のまとめ」などが参考になるかと思います。

 

ANAマイルの賢い使い方

いくら何十万マイルも貯めたとしても、正しく使えないと意味がありません。ANAマイルは特典航空券として利用すれば1マイルの価値は数円~10円ほどにすることができますが、使い方を間違えると1マイルの価値は1円程度にしかなりません。

つまり、ANAマイルを貯めるという場合は、ANAマイルの使い方(出口)を考えておくことが大変重要なのです。もしも特典航空券などとの交換ということを全く考えていないというのであれば、正直言ってANAマイルはためないほうがいいです。他にもっとお得なポイントがあるはずです。

 

ANAマイルの価値は使い方で大きく変わる

貯めたANAマイルは下記のような利用ができます。

・ANAセレクションとの交換(商品交換)
・楽天Edyなどの電子マネーとの交換
・ANAスカイコインとの交換
・特典航空券との交換

ちなみに、マイルの価値を最大化しようと思うのであれば「特典航空券との交換」がもっとも妥当なところであり、それ以外の交換はレート的には有利とはいえません。

たとえば、楽天Edyとの交換は1マイル=1円です。一方で楽天ポイントをANAマイルに交換することができますが、楽天ポイントをANAマイルにするには2ポイント=1円(50%)なので、レート的にかなり不利であることがわかるでしょう。

ANAスカイコインはANA航空券購入などに利用できる電子マネーです。こちらは交換数量に応じて交換レートが変わります、ANAカード会員の場合、1万マイル未満の交換は1マイル=1スカイコインですが、5万マイル以上の交換だと1マイル=1.5スカイコイン(1.5円相当)と交換可能です。
なお、スカイコインについては「ANAスカイコインの活用術。お得な交換方法や使い道、有効期限などのまとめ」の記事でより掘り下げて活用方法などを紹介しています。

 

特典航空券は1マイル10円の価値になることもある

ANAマイルの使い道としてもっとも有効なのが「特典航空券」との交換です。タダで飛行機に乗れるわけです。じゃあ、この価値はどのくらいか?といわれると正確な判定は難しいです。

そもそも航空券の価格は様々な割引があるため、一概に決めることができません。国内線の価格であっても普通運賃は4万円でも特割や旅割などの割引料金を利用すれば半額、長期事前割引(旅割75など)なら1/4程度の価格でも予約できるからです。

普通運賃との比較なら1マイルあたり5円ほどの価値があったとしても、特割との比較なら3円、旅割55との比較なら2円といったように1マイルの価値は変動します。

なお、一般的なマイルの利用効率としては距離が長くなるほど1マイル当たりの価値が高くなる傾向があります。また、国内線よりは国際線。さらに言えばエコノミー<ビジネスクラス<ファーストクラスとなります。

欧州路線のファーストクラスは250万円くらいしますが、これをANAマイルの特典航空券として予約すれば16.5万マイル。結果として1マイルの価値は15円程度となります。

この点については「飛行機のファーストクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得」でも詳しくまとめています。

 

ANAマイルの注意点

ここからは注意点を紹介していきます。ANAマイルを貯める、使う上で確実に抑えておきたい項目は利用期限と予約についてです。

 

(1)利用期限が3年と短い

一番もったいないのは3年の期限内に特典航空券を利用できるだけのマイルを貯めることができなかったというケースです。
マイルの活用のところでも初回しましたが、マイルをより効率的に使うには海外旅行(国際線利用)で使うのがもっともお得です。そう考えた時にはある程度マイルを貯めることが必要になります。

特典航空券の最低マイルは1区間5000マイルから。往復だと1万マイルということになります。期限は3年間ですが、飛行機に乗るタイミングというのはあまり選べるものではないと思いますので、2年くらいで少なくとも1万マイル以上は貯められないならANAマイルを貯めること自体をやめておいたほうがいいかもしれません。

また、当然ですが、4人家族なら必要マイル数も4倍になります。一人旅が多い人はいいですが、飛行機乗るのは大抵家族旅行ばかりという方はその分だけ必要なマイル数もおおくなるということを自覚しておく必要があります。

 

(2)特典航空券は予約しにくいことも

ANAマイルを使った特典航空券は特に海外旅行のビジネスクラスの予約に使われることが多いです。日本人旅行者が多いハワイのビジネスクラスなどの予約を特典航空券でとるのは、結構厳しい状況です。

これは航空会社が特典航空券用として用意している座席数がそこまで多くないということが大きな理由のようです。国際線の場合は1年前から予約が可能になるので、人気の時期はそのタイミングで予約する人も多いらしいです。

国内線の場合はそこまで厳しい状況ではないですが、国際線の競争は激しいです。

 

ここまでANAマイルの貯め方や使い方、注意点についての基本を紹介してきました。ANAマイルを貯める、使うというのは本当に奥深いもので、様々な方法で貯めることができます。今回取り合えげた記事はそうしたANAマイラーの基本ともいえる部分です。

ご活用いただければ幸いです。

以上、ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点をまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP