おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

スポンサーリンク

社会保険とはそもそも何か?

会社で働いている人で一定の条件を満たした人が加入することになる「健康保険」「介護保険(40歳以上)」「厚生年金保険」の3つが社会保険と呼ばれます。
ちなみに健康保険料と介護保険料はまとめて徴収されます。

また、これに加えて労災保険料と雇用保険料があります。こちらは労働保険と呼ばれ、社会保険に含まれますが、適用条件が異なることから社会保険を「健康保険」「介護保険」「厚生年金」、労働保険を「労災保険」「雇用保険」と呼びます。

今回は社会保険として労働保険分は除く保険料の負担状況や推移についてまとめていきたいと思います。

 

健康保険料+介護保険料

私たちが病気や怪我をした時の公的医療保険制度のための保険料です。平成28年(東京都・協会けんぽ)の場合健康保険料は収入の9.96%、介護保険に該当する方は健康保険料と合計して11.54%になります。

なお、大企業にお勤めの方は健康保険組合に加入されている方も多いでしょう。その場合の保険料率は上記よりも低いことが多いですが、近年では健康保険組合でも保険料は上昇傾向にあります。
詳しくは「協会けんぽと健康保険組合の違い」もご参照ください。

 

厚生年金保険料

厚生年金保険料は老後の年金のための保険料となります。こちらは平成28年の場合で18.182%となります。

 

健康保険料+介護保険料+厚生年金保険料の合計だと収入の約30%が保険料となります。なお、実際の社会保険料は4月、5月、6月の報酬によって決まる「標準報酬月額」で決定されるので厳密にはこの割合と変わる部分もありますが、大まかにはこの割合となっています。

また、健康保険料は月収135万5千円以上(年収1626万円)、厚生年金は月収63万5千円(年収762万円)の標準報酬月額で打ち止めとなりますので、年収が上記を超えている人の保険料率は実質的には少し下がります。

 

え、そんなに払ってないよ……という方へ

30%ということは年収が500万円なら約150万円です。え、自分そんなに払っているとは思えないけど……という方。

そのとおりです。実際にはその半分となる約15%が給料から天引きされているはずです。なぜ半分なのかというと、実は残りの半分は事業者(会社)が負担しているわけです。つまり、実際の保険料はあなたが負担している倍あるわけです。

ただでさえ、高い社会保険料ですが、実際のところ実質的にはその倍の保険料を納めているわけです。

 

実際にはもっと高い社会保険を負担している

会社負担なら自分(個人)には関係ないと思うかもしれません。
ただ、会社からみれば健康保険料や厚生年金保険料の会社負担分は労務費です。あなたを雇用するために払っているお金であることに変わりはありません。

昇給させれば当然に社会保険料もアップするわけですから、結果として昇給のスピードが落ちるなどの形で影響が出ているはずです。

また、今回は記事にしていませんが、労働保険である雇用保険料も事業主が半分負担しており、労災保険料については事業主の全額負担になっています。

 

社会保険料は年々上がっている

さらに、この保険料は下記の推移を見てもらうとわかるように年々高くなっていきます。以下は健康保険料・介護保険料(政府管掌・協会けんぽの全国平均)、厚生年金保険料の推移をグラフにしたものです。
昭和30年は収入の9.5%だったものが平成28年は29.76%と3倍以上に上がっているわけです。

shakaihokenryo

これだけ上昇していれば、いくら給料水準が上がってもあまり経済的に楽になるはずはないですよね。見た目の負担率は上記の半分ですが、それでも収入の15%ほどは社会保険料として負担することになるわけです。

おそらくこの水準はアップすることはあったとしてもダウンすることはなかなか考えにくいでしょう。

もちろん、払っている保険料が増えれば年金保険料については増額されます。また、健康保険料についても、傷病手当金のように万が一、病気や怪我で仕事ができないときの保障となります。

そのため、社会保険料については全てが払い損になるわけではありません。ただ、上昇傾向がつづいる中で、給料(額面)が増えてもなかなか収入増を実感しにくいというのはこうした社会保険料の増加も一つの原因なのではないかと思うわけです。

 

以上、社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP