おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

一人暮らしを始める社会人・大学生が考えておきたい保険

accidentこの春になって一人暮らしを始めたり、親元から独立したりする人も多いのではないでしょうか?新生活を迎えるにあたって、保険などの営業を受けた方も多いかもしれません。

保険というと生命保険や医療保険などを思い浮かべる方も多いかと思いますが、基本的にこうした生命保険は一人暮らしを始めてすぐの方が必要な保険ではありません。むしろ必要になるのは損害保険と呼ばれる分野の保険です。

今回は、これから一人暮らしを始める、新社会人や新大学生が入っておくべき保険、入る必要がない保険についてわかりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

生命保険・医療保険は基本的に不要

まず一人暮らしを始めた、社会人になりたてという人にとって生命保険や医療保険は基本的に不要です。

なぜなら、あなたが万が一死亡したとしても金銭的に困る人はいません。葬式代くらいはかかるかもしれませんが、あなたの死亡が遺族にとっての生活を脅かすことはないのです。

じゃあ、病気になった時の医療保険は?という話ですが、あなたが会社員として働いているのであれば勤務先の健康保険が使えます。自己負担はありますが、高額療養費制度や傷病手当金などによってかなりの部分はカバーできます。

同様に大学生の方で両親の扶養に入っている方は、同じように高額療養費などの制度を利用することができます。

 

保険は若いうちに加入したほうがお得は本当か?

また、保険のセールスで若いうちから加入した方が、年をとってからの保険料が安くなるというトークが使われることがあります。

確かに60歳を満期とした定期保険(死亡保険)に加入するとした場合、20代前半から保険に入ったほうが、30歳になってから保険に入るよりも月々の保険料は安くなるケースが多いです。

ただ、これは若いうちに年を取った時の保険料分まで「先払い」しているにすぎません。60歳まで保険料を支払うとしたときのそうトータルの保険料は20代前半から加入するほうが高くつくはずです。

保険というのは、自分がカバーしきれないリスクを負うために使うものですから必要のない保険に加入する必要はありません。そうするくらいなら、将来のために積立預金積立投資などをした方がよいと思っています。

保険は原則として損をするものであり、そのリスクをカバーする必要がなければ加入する必要はありません。詳しくは「生命保険・医療保険は”損”をする金融商品」の記事も御覧ください。

 

じゃあ、どんな保険が必要なのか?

どんな保険が必要なのか?と言われると自分自身ではその損害をカバーできないようなリスクに対する備えです。いわゆる「損害保険」といわれる分野の保険です。

自動車保険(任意保険)、個人賠償責任保険、火災保険(賃貸)、その他タイミングに応じた保険のように損害保険が中心になります。

 

賃貸住宅の総合保険(火災保険)

一人暮らしをするなら確実におさえておきたい保険です。
そうはいっても、賃貸住宅を借りるときの火災保険は住宅を借りるときの必須となっていることが多く、初回の加入は初期費用として徴収されているケースが多いです。

この保険、実はかなり広範囲な保険となっており、建物への損害はもちろん、自分自身家財、他の入居者への損害賠償(水漏れなど)、大家さんに対すする損害賠償(借家人賠償)などを広範囲でカバーしています。

最初の個人賠償責任保険もこの賃貸住宅の火災保険(総合保険)でカバーされているケースが多いですね。このあたりは「賃貸住宅の火災保険は必要?広範囲な補償が期待できる総合保険は意外と役立つ」でも詳しく記事にしています。

ちなみに、初回は契約時に加入することが多い一方で、2年(3年)更新となっていることが多く、更新をするときは自分自身で保険料の支払いを行う必要があります。

忘れないようにしましょう。

 

個人賠償責任保険

知らない間に加入しているけど有用な保険No1がこの個人賠償責任保険です。賃貸住宅の場合は火災保険にセットされていることが多いです。このほか、自動車保険などにも付帯していることが多く、この場合、一人暮らしをしていたとしても、あなたが未婚なら両親の自動車保険でこの補償がセットされていることもあります。

他人への賠償責任を幅広くカバーしてくれます。詳しくは「日常の様々なリスクに対応した「個人賠償責任保険」を知る」でも記事にしているのでぜひご覧ください。

 

自動車保険(任意保険)

一人暮らしを始めて自動車を買う(乗る)と言う人はかならず自動車保険(任意保険)に加入しましょう。交通事故による損害賠償は高額化しており、とてもじゃないですが、死亡事故や後遺障害が発生するような事故を自分のポケットマネーで解決できる人はほとんどいないはずです。

自賠責保険」という公的な保険もありますが、現在の自動車事故による賠償をカバーするには不十分です(相手に対する最低限の保険でしかありません)。

なお、法律で加入が義務付けられている自賠責保険を「強制保険」、一般の損害保険会社で加入する自動車保険を「任意保険」と呼びます。任意とついていますが、現状の自動車事故による損害やその賠償を考えると任意とは言えず、自動車に乗るなら絶対に加入しておいてください。

なお、自動車保険については「自動車保険に加入や更新するときに抑えておきたい補償の選び方と入り方」で補償内容や保険の選び方などを説明しているのでこちらもご参照ください。

 

バイク保険

バイクに乗るならバイク保険も必要になるでしょう。
なお、自動車保険に加入している方はミニバイクや原付等の限定されますが、ファミリーバイク特約なども利用できます。

この特約は家族の場合も有効です。たとえば、一人暮らしを始めるけど、両親が自動車保険に加入しているという場合はファミリーとして保険の適用を受けることができます(未婚の場合)。

 

自転車保険

最近では自転車事故専門の保険として「自転車保険」という保険も登場しています。ちなみに、自転車保険の必要性については「仕事中に自転車に乗るなら加入しておきたい自転車保険」でも紹介しています。

なお、一般的な日常利用で、相手への自転車事故に対する補償という話であれば、第三者に対する賠償責任ということで、前述の「個人賠償責任保険」でカバーされます。

ただし、個人賠償責任保険は「日常利用」が前提です。仕事中などは業務中であるため保険の適用外となります。こうしたケースでは自転車事故をすべて補償する、専用の自転車保険の方が好ましいといえるでしょう。

たとえば、新聞配達のアルバイト中の事故だとすると、個人賠償責任保険では補償されませんが、自転車保険なら保険が効きます。

 

 

以上、これから一人暮らしをする大学生や社会人にとって必要な保険の紹介でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP