おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

年3000ポイントがもらえる。ドコモ 子育て応援プログラムのメリット、デメリット

docomo-kosodateNTTドコモは2016年11月1日から12歳以下の子供を持つ親(扶養者)に対して、子供の誕生日に年3000ポイント(dポイント)をプレゼントするプログラムを開始します。子供が電話回線を持っていなくてもOKということなので、小学生以下の子供を子育て中の人でドコモを利用している方はほとんどの方が対象になりそうです。

要申込のようなので、子供のお誕生日が近い方はなるべく早めの対応をするとよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ドコモ 子育て応援プログラム

ドコモの子育て応援プログラムは、ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」を使っている方で小学生以下(12歳以下)の子供がいる家庭向けに、ポイントやクラウドサービスを提供するというものです。

条件は以下の3つです。

1)基本プランおよびパケットパックをご契約中の方
2)dポイントクラブ会員の方
3)ドコモ子育て応援プログラム会員規約に同意して子供情報を登録してくれる方

子供が回線を持っている必要はありません。当たり前ですが、子ども一人に対して、一回線のみ有効です。

 

誕生日月に3000ポイント(dポイント)プレゼント

一番の目玉となるのがこの3000ポイントプレゼントでしょう。子供一人当たり年3000円相当がもらえるということになります。二人なら6000円相当です。
プレゼントされるのはdポイントと呼ばれる共通ポイントですが、期間・用途限定ポイントという交換はできないポイントとなります。有効期限は6か月とのことです。

ただ、ローソンなどのdポイント加盟店で使えるので消費自体は難しくないと思います。

 

クラウド容量オプション プラス50GB無料で追加

「データ保管BOX」と「フォトコレクション」などのドコモのクラウドサービス(インターネット上にデータを保管できるサービス)が50GBが、一番下の子供が小学校を卒業する年度末まで無料で追加されます。
なお、もともと無料版として5GBが用意されているので55GBまで無料ということになります。

 

プログラムお申込みから最大13か月間、フォトコレクションプラス無料

フォトコレクションプラスという月額280円で毎月スマホで撮影した写真を無料で月1冊フォトブックにできるサービスが最大13ヶ月無料となります。

なお、月額使用料には、フォトブック1冊またはL判プリント30枚の作成料および1回分の送料が含まれます。

 

ドコモ 子育て応援プログラムへの申し込み方法

オンラインでの手続き(マイドコモなど)ではできません。

ドコモショップまたは量販店・一般販売店で申し込みをします。なお、ドコモショップ以外での手続きは端末購入を伴う手続きが必要になりますので、基本的にはドコモショップを利用するのがお勧めです。

申込の際には以下のような親子関係や扶養関係を確認できる書類が必要となります。

・母子健康手帳
・乳幼児医療費受給者証
・住民票
・戸籍謄本

 

基本的に申し込みにはデメリットがなさそうです。おそらく過去に遡及してポイントをもらうことはできないので、子供さんの誕生日が11月、12月という方は急ぎ目に手続きをしたほうがよさそうですね。

気になるところとしては利用条件の3番目である「ドコモ子育て応援プログラム会員規約に同意して子供情報を登録してくれる方」というところでしょうか。情報がどのように使われるのか?また、何か縛りのような物が生じるのかどうかはチェックしたいと思います。

まずは、速報的に記事にしましたが、今後詳しい情報がわかり次第、加筆修正する予定です。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP