おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

個人型確定拠出年金の愛称がiDeCo(イデコ)に決定

ideco-logo節税対策として人気の高まっている個人型確定拠出年金ですが、こちらの愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定したそうです。最初にその名前を聞いたときは「は?」と思いましたが、きっとこれからは色々な発行物などで個人型DCなどとは書かれずにiDeCoと書かれるようになるんでしょうね……。

今回はそんな2016年9月16日に愛称が決まったiDeCo(イデコ)について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもなんでiDeCoなの?

こちらの愛称の選定理由については厚生労働省のホームページで公開されています。

英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。  また、「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。

「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

小文字の「 i 」がなぜスタイリッシュなのかは微妙な気もしますが、iPhoneやらiPadやらiPS細胞やらこうした名称の付け方は最近多いですね。

 

そもそも個人型確定拠出年金の呼び方について

たしかに個人型確定拠出年金という制度の呼び名は色々ありました。

・個人型確定拠出年金
・個人型DC
・個人型401k

といった具合ですね。

これにiDeCoが加わっちゃうわけですね。

 

なんでわざわざ横文字にする必要があるのかが疑問

そもそも論ですが、「個人型確定拠出年金」でええやんと思うわけなんです。国民年金だって厚生年金だって全部漢字じゃないですか?外国人向けの制度というわけでもないんだし……。

NISAだって本来は「少額投資非課税制度」といわれていたわけですが、わざわざ「Nippon Individual Savings Account」の略としてNISAとしているわけです。

むしろ漢字の方がその文字を見ただけで意味がわかりますが、略称にされてしまうことでそれだけをパッと見てそれが内を意味しているかが分かりにくくなるような気がします。

 

親しみやすくかわいらしい名前になった

という評価もあるようですが、そもそも年金制度の名前を可愛らしくする必要があるのかと……。

 

ちなみに、個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度上の特徴やメリット、デメリットなどについては「個人型確定拠出年金(愛称iDeCo)のメリット、デメリットのまとめ」の記事で説明しているのでこちらをご覧ください。

散々いいますが、こうやって記事を言及する時も()付で説明するのが面倒です。

 

それでも無理やり普及させるんだろうなぁ……

まぁ、僕みたいな人間が文句を言ったところで個人型確定拠出年金がiDeCoと呼ばれるようになるのは間違いないでしょうね。きっと銀行や証券会社のホームページや窓口などでは「将来のために今からiDeCoを始めませんか?」みたいなPOPが並んだりするんでしょうね?

今はまだないみたいですが、きっと「iDeCo(イデコ)」のロゴなんかもできるんでしょうね。

ちなみに個人型確定拠出年金(iDeCo)では多くの利用者を抱えているSBI証券では以下のようにホームページもiDeCoの表現を()付きですが使っています。

ideco

>>SBI証券のiDeCoプランの公式ページはこちら

 

個人的にはそんな愛称を作って広告費なんかのお金をかけるくらいならもう少し制度を使いやすくするとかそっちの方で頑張ってほしいと思うわけなんですけど。

 

以上、個人型確定拠出年金の愛称がiDeCo(イデコ)に決定というお話でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP