おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天ペイのメリット、デメリット。現金・カードも持ち歩き不要なアプリ決済

rakuten-pay楽天ペイはスマートフォンを使ってクレジットカードを使わずに決済することができるユーザー向けアプリです。楽天スマートペイ対応のお店で利用可能なモバイル決済になります。加盟店ならスマートフォンだけあれば簡単に、また安心に決済をすることができます。さらに追加でポイントが貯まるという特典もあるので上手に活用したいところですね。

今回はそんな楽天ペイをユーザーとして利用する場合のメリットやデメリットについてまとめていきます。

スポンサーリンク

楽天ペイとは何か?

楽天は「楽天スマートペイ」というモバイル決済システムを店舗向けに提供しています。

モバイル決済システムとは、ネット回線と専用端末を使ってクレジットカード決済を行えるようにするシステムです。導入するのはお店(加盟店)となりますが、一般的なクレジットカード決済契約を結ぶよりは初期費用などを抑えることが可能です。

楽天ペイはこの楽天スマートペイの加盟店においてクレジットカードを直接買うことなく、スマホアプリを通じてクレジットカード決済ができるというシステムです。

 

楽天ペイの登録

楽天ペイは楽天IDと紐づけをして利用します。楽天の会員情報としてクレジットカードを登録し、登録したクレジットカードを利用して決済をします。

カード情報をすでに登録している場合には、楽天ペイのアプリをインストールして、ログインそして利用するカードを選択するという流れになります。利用可能なのは楽天のクレジットカードである「楽天カード(JCB、VISA、MasterCard)」と他社カードです。ただし、楽天カード以外のクレジットカードの場合はJCBは登録できず、VisaとMasterCardブランドのみとなります。

楽天ペイ スマホだけでお支払いOKな新サービス

楽天ペイ スマホだけでお支払いOKな新サービス
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

楽天ペイをお店で利用する方法

お店での支払いをするときは「楽天ペイで支払いたい」を伝える必要があります。その上で、「QRペイ」「または「セルフペイ」というどちらかの支払い方法を選択する必要があります。なお、店舗によってはセルフペイが利用できないお店もあります。
個人的にはミスが少なそうということを考えるとQRペイを使ったほうがよさそうです。

 

QRペイ

店舗側(お店)の端末に表示されたQRコードを楽天ペイのカメラで読み込んで決済をする方法になります。お店側が端末をあなたのところまで持ってくるか、あなた自身がそこに行く必要があります。

 

セルフペイ

セルフペイは楽天ペイの画面上でGPSを利用して近隣の楽天ペイ利用可能店舗が表示されます。その上で、該当する店舗を選び、あなたが金額を入力して決済をする形になります。支払い後に完了画面を店員さんに見せる必要があります。

 

楽天ペイのメリット

利用者としてのメリットは一つとして「ボーナスポイントが貯まる」ということが挙げられます。また、アプリだけで決済を完了させるためハード的な制限が少ないのもメリットといえそうです。

 

現金だけじゃなくてカードも持ち歩く必要がない

楽天ペイは物理的なプラスチックカードやICカードを必要としない決済手段です。楽天ペイが利用可能なお店なら、現金だけでなくカードすら持ち歩く必要がなくお買い物ができるわけです。もちろん加盟店に限られてはしますが……。

 

ポイント還元が魅力的

2016年11月現在、楽天ペイを通じて決済をすると、通常のクレジットカードのポイントとは別に0.5%分が楽天ポイントとして楽天からプレゼントされることになります。なお、ポイント還元されるのは「楽天ペイが利用できるお店で楽天ペイのアプリを通じて決済した場合のみ」です。

楽天ペイ加盟店で楽天カードを提示して通常のクレジットカード決済をした場合には当然ボーナスポイントは付与されませんのでご注意ください。

仮にポイント還元率1.0%の楽天カードを利用して楽天ペイで支払いをすると1.5%分の楽天ポイントが貰えるということになります。

なお2017年1月6日までは楽天ペイで楽天カードを使って決済をすると10%、楽天カード以外のカードの場合は5%という高い還元率のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。これはかなりお得ですね。

>>楽天カード公式ホームページ

 

ハード(機種)としての制限が少ない

楽天ペイはアプリを使って決済を完了させます。おサイフケータイやApple Payのようにスマホに埋め込まれたチップ(Felica)を使って通信は行いません。そのため、アプリの起動要件さえ満たしていれば古いスマホでも導入できます。

名前が似ているのでついつい比較してしまいますが、Apple PayはiPhone7以降出ないと利用できないのとは大きな違いがありますね。

 

クレジットカード払いだけでなく楽天ポイントで支払うこともできる

楽天市場で貯まった楽天ポイント(期間限定ポイントを含む)を支払代金として充てることもできます。

 

楽天ペイのデメリット

楽天ペイはあくまでもスマホのインターネットを利用して決済するというシステムです。利用料金自体は無料ですが、接続にはパケット通信が発生します。また、楽天スマートペイ自体がお世辞にも普及しているとは言えないため、利用可能店舗が少ないというのもデメリットといえそうです。

 

利用可能な店舗が少ない

最大のデメリットといえるのがこの部分です。

Apple PayのようにQUICPAYiDといったすでに普及している既存の電子マネーのシステムを利用しているわけではなく、楽天ペイはあくまでも楽天スマートペイというモバイル決済サービスを導入しているお店(加盟店)でしか利用できません。

共通ポイントとしての楽天ポイントが利用できるサークルKサンクスや松坂屋、大丸などの大手チェーンでも利用することはできません。せめて楽天ポイント加盟店では使えるようにしてくれるとありがたいのですが……

強調しておきますが、楽天ポイントが利用できるお店と楽天ペイが利用できるお店は別物です。

 

全体的なことを考えると、現金だけなく、カードすら持ち歩きが不要。さらに追加でポイントが加算されるといったこうしたシステム自体は魅力があります。

ただ、加盟店数が少なすぎます。とりあえず導入しておいて、たまたまお店が楽天ペイに対応していたらラッキーくらいでしょうか。

そもそも楽天スマートペイという決済システムは比較的小規模なビジネスをやっている人が対象のサービスです。なので個人経営の飲食店や美容室、洋服屋さんなどに多いようです。

今後、どれだけ加盟店を増やすことができるかが楽天ペイの将来を左右するといえそうです。

 

以上、楽天ペイのメリット、デメリットをまとめました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP