おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Apple PayのSuicaへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを比較

bic-suicaApple Payに交通系ICカード(電子マネー)であるSuicaが登録でき利用できるようになりました。Apple Payに登録をすればApple Payに登録しているクレジットカードからSuicaの残高を簡単にチャージすることができます。今回はそんなApple PayでSuicaチャージをすることでポイントが貯まるクレジットカードを紹介していきます。

特にApple Payの導入でJR東日本以外の地域でSuicaを導入した方は必読ですよ。

スポンサーリンク

Apple PayにSuicaを導入しよう

Apple PayにSuicaを導入するのは簡単です。すでにカードを持っている人はWalletアプリから自動的に読み取ることができます。また、Suicaを持っていない人は「Suicaを持っていないけどApple Payに登録したい人はモバイルSuicaの登録でOK」でも紹介したようにモバイルカードを発行してApple Pay(Walletアプリ)に取り込むことが可能です。

 

チャージはApple Payに登録したクレジットカードで簡単にできる

登録したSuicaに実際にチャージをするのは、同じようにApple Payにクレジットカードを登録していれば、そのクレジットカードからチャージが可能です。かなり簡単に手続きができますよ。

なお、リアル(駅など)でのチャージは物理カードは存在しないのでカードを入れてチャージする方式は利用できませんが、Felica(非接触ICカード)を使ったチャージであれば可能です。

 

普通のクレジットカードだとポイント付与対象外

一方で、普通のクレジットカードの場合、いくらチャージしたとしても利用金額に対するポイントは付きません。たとえば、SuicaにJCBカードでチャージをしてもOkiDokiポイント(JCBのポイント)は付与されません。

電子マネーを活用する方法としては「電子マネーとしてチャージをするときにいかにしてポイントを獲得するか?」というところもあるのでこのチャージの時のポイントはほしいところです。

楽天Edyにクレジットカードでチャージをしてお得にポイントを貯める方法
公共料金や税金などの支払いはセブンイレブンのnanaco(電子マネー)がオススメ

ただし、JR東日本のカード会社である「ビューカード」が発行したクレジットカードについては例外的にポイントが貯まるようになっています。

 

Suicaにチャージでポイントが貯まるクレジットカード

ビューカード(JR東日本のクレジットカード会社)が発行するクレジットカードはいくつかの種類があります。自分に合ったものを選ぶようにしましょう。なお、ビックカメラSuicaカード、ビュー・スイカカードに関しては、Apple Payを通じたチャージ、オートチャージのどちらでもポイントが貯まります。

Apple Payのみでポイントが貯まるカードはApple Payを通じたチャージの場合に限りポイントが貯まるようになっています。教えていただいた「やまりん」さんありがとうございます。

 

ビックカメラSuicaカード

JR東日本のSuicaエリア「以外」にお住まいの方にお勧めなのがビックカメラSuicaカードです。年1度でも使えば年会費は無料です。Suicaにチャージをすれば利用額の1.5%分のポイントが貯まります(通常の3倍)

Apple Payにももちろん対応しています。ビックカメラのお店でもカード利用ができるのでビックカメラを使うことがある人に特におすすめです。なおビックカメラでお買い物をするときはこのカードが一番お得です。

一度ビックカメラSuicaカードにクジレットチャージをして、そのSuicaでビックカメラで買い物をすれば、1.5%分のクレジットチャージのポイント(ビューポイント)と、10%分のビックポイントサービスの両方が貯まり、合計還元率は11.5%相当になります。

実質的にコストゼロにできるのでJR東日本エリア外に住んでいる人にはお得といえそうです。

 

年会費
初年度無料。2年目以降は1度も利用がなければ477円(税別)。Suicaチャージだけでも年会費無料条件を満たせます。

 

ポイントプログラム
ビューカードのポイント(サンクスポイント)とビックカメラのポイント(ビックポイントサービス)の2つのポイントプログラムが同時に貯まるようになっています。SuicaへのチャージやJRのみどりの窓口の利用などはビューポイントが加算されます。一方でビックカメラでのカード利用の場合はビックカメラのポイントが貯まるようになっています。

 

ビュー・スイカカード

ビューカードのSuica一体型のノーマルなクレジットカードとなります。こちらのカードは年会費477円(税別)の無料条件がありませんが。WEB明細を利用すると毎月50円相当のポイントが貰えるということを考えると、年間で600円相当になるので、。逆にプラスとなります。

ただし、WEB明細でポイントが貰えるのは請求があったときだけなので月に1度は最低でも使う必要があります。また、定期券として利用することもできるというのは大きいですね。Apple Payでは定期券は使えませんが……。

 

年会費
年会費は477円(税別)。前述の通りWEB明細を利用すれば毎月50ポイントがもらえるので実質的には年会費以上の還元となります(請求があれば)

 

ポイントプログラム
Suicaのチャージで貯まるポイントはビックカメラSuicaと同様に1.5%になります。

 

Apple Payを使ったクジレットチャージならポイントが貯まるカード

以下のクレジットカードはApple Payを通じてSuicaにクレジットチャージをした場合にそれぞれのカードのポイントが貯まるそうです。

・楽天カード(JCB / MasterCard)
年会費無料。VISAブランドは登録できませんが、JCBブランド、MasterCardブランドは登録でき、かつポイントも貯まるようです。還元率は1%とビューカードの1.5%よりも落ちますが、使いやすい楽天カードでもポイントが貯まるのは朗報です。楽天カードJCBなら「nanacoにチャージしてもポイントが付く」ので本当に電子マネーと相性の良いカードですね。
>>楽天カード公式ホームページはこちら

 

Apple Payのクレジットチャージのためにカードを作るならどっち?

あまり電車やバスに乗らない方でチャージも年に数回という人は、毎月50ポイント還元を受けられない可能性があるので、年1度の利用で年会費無料のビックカメラSuicaカードが安心です。また、ビックカメラによるクレジットチャージ+Suica払いによるポイントも大きいですね。

一方で電車やバスをそこそこ利用するという方でチャージも頻繁にする方やJR東日本エリアにお住まいという方はビュー・スイカカードの方が魅力的になるかもしれません。

どっちかよくわからないや。というのであればさほど大きな差はないのでビックカメラSuicaカードを選んでおけば安心かと思います。また、JR東のエリアには住んでいないし、ビックカメラも使わないという人は素直に楽天カードのJCBブランドを作って登録しておけばよいと思います。

>>ビックカメラSuicaカード公式ホームページはこちら

>>楽天カード公式ホームページはこちら

 

以上、Apple PayのSuicaへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカードを比較してみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP