おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

エポスカードはマルイ以外もお得な年会費無料のハイスぺ クレジットカード

eposエポスカードは丸井のクレジットカードです。私はそんなにマルイには行かないしなぁと思う方も多いかもしれません。しかし、エポスカードはマルイの利用者にとってはもちろんお得なのですが、マルイを全く使わないという人にも特典が多いクレジットカードなんです。

エポスカードは提携企業がたくさんあり、それらのお店でエポスカードを提示するだけで割引を受けることができるサービスがあります。また、充実した海外旅行傷害保険は海外旅行に行く人にとっては大変魅力的です。今回はそんなエポスカードの魅力を徹底紹介していきます。

スポンサーリンク

エポスカードの基本スペック

まずはクレジットカードとしての基本スペックを見ていきましょう。

カード会社:エポスカード
年会費:無料
カードブランド:VISA
ポイント還元率:0.5%
家族カード:なし
付帯保険:海外旅行傷害保険(自動付帯

まず、エポスカードはお得なカードというイメージがあるかもしれませんが、ポイント勧化率は0.5%程度とさほど高くなく、むしろごく一般的な水準です。

マルイでのショッピングの場合は2倍の1%が貯まりますが、楽天カード(1.0%)リクルートカード(1.2%)のように年会費無料でエポスカードよりももっとお得なカードはいくつもあります。

 

エポスカードのメリット

エポスカードのメリットをまずは紹介していきます。

 

1)マルコとマルオの7日間なら10%オフ

これはマルイユーザー用の特典です。年に4回開催されるマルイのイベントであるマルコとマルオの7日間はマルイでのお買い物が10%オフになるセールです(エポスカード決済時)。

ほぼ定期的に行われているキャンペーン・イベントなのでマルイをよく利用している方はこうしたイベントを上手に活用してください。

 

2)海外旅行傷害保険が自動付帯

エポスカードでは利用者に対して下記の海外旅行傷害保険が無条件で付帯します。年会費無料のクレジットカードでは非常に珍しい特典です。

死亡・後遺障害 : 最高500万円
傷害治療費用 : 1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用 : 1回の疾病につき270万円限度
賠償責任 : 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 : 1旅行中20万円限度(自己負担3,000円)
救援者費用等 : 1旅行・保険期間中の限度額100万円

死亡保障・後遺障害補償以外は「年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法」でも紹介しているように積み上げができるので複数のカードの保険を組み合わせることもできます。

 

3)エポトクプラザがお得

エポトクプラザはエポスカード利用者向けの優待サイト(サービス)です。グルメ、映画、レジャー、旅行、カラオケ、ショッピング、美容、フィットネス、スクール、カーライフなど様々な分野で得ができる優待サービスを提供しています。

たとえば、ロイヤルホスト(ファミレス)の10%割引。カラオケシダックスやビッグエコーのルーム料金30%オフ、入浴施設の割引、映画館の割引(ユナイテッドシネマ・シネプレックス・イオンシネマ)、ミュージカルのチケット料金割引、アパホテルの宿泊料金など様々です。

エポスカードを提示するだけでOKという特典が多いので、マルイは利用しなくてもエポトクプラザだけを活用しているという方も少なくありません。

また、一部店舗はクレジットカード(エポスカード)で決済をすればポイントが5倍(2.5%還元)となります。こちらも上手に活用したいところですね。

 

4)電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる

エポスカードでは楽天Edyへのチャージでポイントが貯まります。楽天Edyへのクレジットチャージについては「」でも紹介していますが、電子マネーへのチャージでポイントがたまり、さらに利用でもポイントが貯まるので二重にお得ができることになりますね。

 

5)貯めたエポスポイントは使い勝手がいい

エポスカードの利用で貯めたポイントは「エポスポイント」となります。詳しい利用方法などについては「エポスポイントの上手な使い道やお得な貯め方」でも紹介していますが、dポイントなどの共通ポイントとの交換やANAマイルJALマイルとの交換も可能です。

 

6)無償のUG(アップグレード)が利用できる

エポスカードは非公開ながらも利用条件を満たすとエポスゴールドカードの招待(インビテーション)が届きます。インビテーション経由でエポスカードからエポスゴールドカードにアップグレードすると、年会費は無料のままゴールドカードとしての特典を享受することができます。

なお、エポスカードからエポスゴールドカードへのインビテーションについては「エポスカードを持つならプロパーカードをオススメする理由」の記事でもまとめていますので参考にされてください。

>>エポスカード公式ホームページはこちら

 

以上、意外とハイスペックなエポスカードについて紹介しました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP