おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ドコモの携帯電話料金をdカードで支払ってはいけない理由とおすすめのクレジットカード

d_pointドコモユーザーにとってお勧めのクレジットカードとしてはdカードgoldやdカードがあります。これらはドコモのポイントであるdポイントがたまったり、ケータイ補償やクーポンなどでドコモの利用がお得になります。そうなると、ドコモの料金(携帯電話料金)もdカード払い(dカードゴールド払い)にするべきか?と思うかもしれませんが、これは悪手です。

ドコモの料金は絶対にdカードで決済してはいけません。

スポンサーリンク

ドコモ料金とdカードゴールドでもらえるポイント

dカードgold(旧:DCMX gold)はドコモのユーザーはメリットいっぱいのカード」でも紹介したようにドコモのクレジットカードであるdカードゴールドはドコモの携帯電話料金の10%がポイント還元されるというように紹介しています。

ただし、これはクレジットカード(dカードゴールド)で支払うという意味ではありません。dカードゴールドを保有するとdポイントのステータスが自動的に「ゴールド」となり、このゴールド特典としてドコモの料金の10%分がdポイント還元されるわけです。

このポイントは「クレジットカード払いによるポイント」とは全く関係ありません。あくまでもdポイントクラブ(旧:ドコモプレミアムクラブ)という会員サービスの一つなんです。

 

ドコモ料金をdカード払いにしてもポイント対象外になる

dカードゴールドは100円のクレジットカード利用につき1ポイント(dポイント)が貯まる氏うk身になっています。ところが、dカードゴールドは「ドコモ携帯電話料金の支払い」についてはポイント付与の対象外としているのです。

一方で、dカード以外のクレジットカードで支払いをした場合は、それぞれのクレジットカードのポイントが付与されます。そのため、dカードgoldを持っているからといってドコモの料金までdカード払いにするのはその分のポイントを無駄にしているわけです。

 

dカードgoldは持つけど、ドコモの料金は他のクレジットカードで行おう

このあたりがややこしいのですが、dカードゴールドの特典である10%ポイント還元というのは、dカードとは無関係なdポイントクラブ(旧:ドコモプレミアムクラブ)というドコモの会員サービスの一環なんですね。クレジットカードとは関係ないわけです。

たとえばドコモの携帯電話料金が1万円で、dカードゴールドと楽天カード(還元率1%)で支払った場合を比較しましょう。

 

dカードゴールドで支払った場合
・ドコモプレミアムクラブ(10%):1000円分のdポイント
・クレジットカード払いのポイント(対象外):0円分のdポイント

 

楽天カードで支払った場合
・ドコモプレミアムクラブ(10%):1000円分のdポイント
・クレジットカード払いのポイント(1%):100円分の楽天ポイント

 

というわけで、ドコモの料金はdカードを持っていたとしてもdカードではなく社外のクレジットカードで支払いをする方がお得ということになるわけです。よりポイント還元の高いカードがお勧めです。詳しくは「ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ」もご参照ください。

 

その他dカード(クレジットカード)のポイント付与対象外のサービス

ドコモの携帯電話料金以外にも

・NTTファイナンスおまとめ請求
・ドコモケータイ払い料金
・故障修理代金

これらはdカードのポイント積算対象外になりますので、こうした支払いはdカード以外で行うようにしましょう。

 

せっかくドコモのクレジットカードを作ったんだからドコモの料金はdカードで払っておこうと思う方も多いかと思いますが、それは実は大きな損ですよというお話でした。

ちなみに、ドコモユーザーであればdカードは確実にお得なクレジットカードなので作っておいた方がいいというのは間違いないですよ。あくまでも、dカード(gold)でドコモの携帯電話料金の支払いはしないようにしましょうというだけです。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP