おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Vプリカの使い方やメリットとデメリット、注意点のまとめ

vpricaVプリカ(ブイプリカ)はクレジットカード会社のライフカードが提供しているネット決済専用のバーチャルブランドプリペイドカードです。審査不要で匿名性も高いことから、クレジットカードを持てない方や家族に知られたくない買い物、クレジットカード番号を登録したくないネット通販での買い物などに便利なカードです。

このように書くとなんだか怪しいカードなのかな?と思われる方も多いと思います。今回はそんなVプリカ(ブイプリカ)について、カードの特徴や活用方法、メリット、デメリット、利用上の注意点などをまとめていきます。

スポンサーリンク

Vプリカはバーチャルブランドプリペイドカード

バーチャルブランドプリペイドカードと書くと、なんだかよく意味が分かりませんよね。分解して考えていきます。

バーチャルカード
プラスティックカードとしての券面は発行されません。インターネット上で管理されるカードとなります。実物がないので実店舗での利用はそもそもできません。インターネット取引のみで利用することができます。

ブランド○○カード
ブランドというのはクレジットカードの決済機能を持つ国際ブランドのことです。Visa、JCB、MasterCardなどが代表的ですね、VプリカはVisaブランドの加盟店で利用できるカードという意味になります。もともとはクレジットカードのサービスですが、近年はブランドプリペイドカードやブランドデビットカードというように、クレジット以外の決済でも利用できるようになってきました。

プリペイドカード
ご存知の方も多いと思いますが、事前払い式のカードです。あらかじめ入金・チャージした範囲で利用することができるカードです。

 

以上から、バーチャルブランドプリペイドカードというのは、Visaカードが使えるネット通販やネットサービスの決済に事前にチャージした範囲で買い物ができるカードということになります。

 

Vプリカとクレジットカードの違い

Vプリカのカードの仕組み自体はなんとなくわかっていただけたかと思いますが、クレジットカードではなく、Vプリカという使い方をする必要や意味は何なのでしょうか?
実際はこのクレジットカードとの違いがVプリカを使うメリットといえます。

 

審査不要で発行できる

Visaブランドのクレジットカードが必要な場合には当然審査が必要です。なぜなら、クレジットカードは基本的に後払いだからです。一方のVプリカは事前チャージ(プリペイド)であるため、そもそも与信が不要です。ですから、誰でも申し込みが可能です(規約上は日本在住で18歳以上)。

ネット通販でクレジットカードが使いたいけど、何らかの理由でクレジットカードが持てないという人でも作れるというのは大きな魅力です。スマホゲームなどの課金にも利用できるため、お小遣いを決めてVプリカを渡す(使う)というのも一つの手かもしれませんね。

 

本人確認が事実上なく匿名性が高い

Vプリカはプリペイドカードで本人確認書類の提出や銀行口座の登録も不要です。カード決済の時には「Taro Yamada」のようにローマ字の名前も必要ですが、ここもニックネームにできます。つまり、ほぼ匿名で利用することができるわけです。

また、カード番号も使い捨てにできますので、海外通販などでカード番号を教えるのは怖いというケースでも利用できます。

なお、携帯電話を使ったSMS認証だけは必要になります。

ブランドプリペイドカードと似たカードとして「ブランドデビットカード」もありますが、こちらは銀行口座との紐づけがあるため、Vプリカなどのブランドプリペイドカードより匿名性は劣ります。

 

入金すれば即日すぐに使える

Vプリカはコンビニで買えます。そして購入してアカウントに登録をすればすぐに利用することができます。発行までに数日、1週間かかるということはありません。

 

Vプリカの注意点やデメリット

つづいて、Vプリカを利用する上での注意点やデメリットも紹介していきます。正直言って、Vプリカは上記の匿名性というところに重きを置いているので、そのほかの条件はあまりよくないといえます。

 

有効期限は1年間

Vプリカの残高はチャージしてから1年間しか有効ではありません。使わずに有効期限を過ぎると没収(消失)します。

なお、ややこしいのですが、新しいカード(Vプリカ)を購入して古いVプリカの残高を新しいVプリカに加算するという方法を取れば、有効期限が延長されます。定期的にVプリカを購入して利用するというのならよいのですが、そうでないケースではやや不利といえます。

 

購入時に手数料がかかる

有効期限を考えると、必要な時に必要なだけVプリカを購入して都度継ぎ足しを行おうと思うかもしれません。ただし、Vプリカは購入時に手数料がかかるのです。
下記はコンビニ購入時の利用可能な額面と購入に必要な金額です。

利用可能額面 購入金額 手数料率
2000円券 2200円 10%
3000円券 3200円 6.7%
5000円券 5200円 4%
7000円券 7280円 4%

かなり割高ですね。なお、Vプリカの発行元であるライフカード(クレジットカード)でVプリカを購入した場合は手数料がゼロになります。「ライフカードの誕生月のポイント5倍特典の活用術」でも書いたような誕生日ポイントもたまるので、Vプリカを継続的利用する人はライフカードを利用して購入するのがお勧めです。

 

使わないと手数料(休眠手数料)も発生する

Vプリカは残高があるカードで3か月間一度も利用がないと休眠手数料として125円がかかります。3か月の間に一度でも使っていればいいのですが、そうでない場合はコストがかかり少しもったいないですね。

なお、残高がゼロより少なくなって請求が生じるということはありません。休眠手数料も残高ゼロ円で終了になります。中途半端な残高が余った場合については「Vプリカなどのバーチャルプリペイドカードで端数を使い切る方法」でその処理方法を紹介しています。

 

ポイント還元などはない

クレジットカードなどの利用においては利用金額に応じて0.5%、1%といったポイントが付与されるようなケースが多いですね。クレジットカード利用の大きなメリットですが、Vプリカにはこうしたポイントはありません。

そのため、クレジットカードを持っているならそちらで決済をするほうがポイントはお得になります。

 

ネット決済でもVプリカが使えないお店もある

原則的にVisa加盟店のネット取引で利用できるVプリカですが、使えないお店もあります。

たとえば、後日カードの提示が求められることがある航空券やJRなどのチケット予約、月額性サービスや継続契約の料金(公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバー/定額サービス/通信教育/各種月会費)なども利用できない場合があります。

ちなみに「利用できない加盟店を確認したい」のページで問い合わせが多いVプリカの利用できない店が一覧で掲載されているのでこちらも確認してください。

 

正直、Vプリカは何のために使うものなの?

Vプリカのメリットはやはり高い匿名性が大きいといえるでしょう。

単純にクレジットカードが持てない(年齢や収入、過去の金融事故など)けどクレジットカード決済がしたいというのであれば、ポイント還元などのも考えると「ブランドデビットカード(銀行口座と連携させ直接銀行口座払いができるカード)」の方が便利がいいと思います。

この辺りの違いや差については「VISAデビットカードとVISAプリペイドカードの比較とそれぞれのメリット、デメリット分析」でも比較しています。

そうしたことを考えるとVプリカは、家族などやお店自身に自分がそのお店(ネットショップ)を利用していることを知られたくないという買い物に向いているといえそうです。

カード明細や利用引き落としもありません。また、使っているお店に対しても渡している情報はカード番号と匿名の氏名だけなので、誰が使っているのかを判断できません・

あるいは、逆に子供のお小遣いとしてVプリカを渡しておき、オンライゲームなどの利用に使わせるというのも手かもしれません。ただし、ネットゲームなどの課金であればiTunesカードやGooglePlayギフトカードのようなものもあるので、あえてVプリカを使うという必然性も微妙な気がします。

 

以上、Vプリカの使い方やメリットとデメリット、注意点についてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP