おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

nanacoポイントのお得な利用方法や貯め方のまとめ

nanacoセブンイレブンの電子マネーであるnanacoを利用することで貯まるnanacoポイント。基本的にはセブンイレブンを筆頭にお買い物でnanacoを使って買い物をすることで貯まるポイントです。さて、この貯めたポイントはセブンイレブンでnanacoに充当することができます。

今回はそんなnanacoで貯まるnanacoポイントについてお得な貯め方やお得な利用方法・活用方法などを掘り下げて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

nanacoとは何か?

nanacoとはセブンイレブンなどで利用することができるプリペイド型(チャージ式)の電子マネーです。あらかじめチャージした範囲でお買い物ができます。

・nanacoカード
・nanaco一体型クレジットカード
・nanacoモバイル(おサイフケータイ版nanaco)

上記の3種類があります。どのタイプを選んでも基本的な還元率などは一緒です。

 

nanacoポイントの上手な貯め方

nanacoポイントを貯める方法としてはセブンイレブンなどのnanacoが利用できるお店での買い物が基本となります。100円(税抜)に対して1ポイントが貯まるというのが基本です。また、一部の商品についてはボーナスポイントの設定があるものがあります。nanacoで購入した場合は10ポイントプレゼントといった具合のものです。

また、nanacoポイントとは直接関係ありませんが、nanacoへのチャージをクレジットカード経由で行うことでカード会社のポイントも貯めたうえで、買い物でnanacoポイントを貯めるというポイント二重取りができるというのもnanacoポイントの活用術といえます。こちらに関連してnanacoポイントはセブンイレブンでは「現金」と同じ扱いがされていることを活用して税金や公共料金の支払いをするというのもnanaco活用の中心的な方法とえいますね。

nanacoが使えてポイントが貯まるお店
・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・ヨークベニマル
・ヨークマート
・デニーズ
・SEIBU
・SOGO
・アカチャンホンポ

 

セブンイレブン等のお買い物でnanacoポイントを貯める時の注意点は端数切り捨て

nanacoポイントを一番ためやすい機会といえば、セブンイレブンでのお買い物が挙げられますが、この時の注意点や意識しておきたい点がいくつかあります。

まずは、nanacoポイント付与は端数切り捨てということですね。多くのクレジットカードなどのポイントは月間の総利用金額に対して100円に対して1ポイントといった具合で総額で見てくれます。一方のnanacoはnanacoでのお買い物100円(税抜)に対して1ポイントが通常付与されます。つまり100円未満の金額については「切り捨て」されるわけです。

ポイント付与率は約1%ではあるものの、この切り捨ての影響で実際の還元率は低下します。

実際に例を見ていきましょう。

・180円(1ポイント)
・260円(2ポイント)
・100円(0ポイント)
・110円(1ポイント)
・980円(9ポイント)
合計:1680円(13ポイント)

還元率にすると0.714%となります。端数の切り捨てによって付与率はかなり下がっていますね。コンビニでのお買い物は基本的に少額な買い物が多いはずですので、こうした端数切り捨ての影響は大きいはずです。

そう考えるとあえてnanacoを使って買い物をするよりも「ポイント還元率が高いクレジットカード」などを利用してポイントを貯める方が効率的かもしれませんね。

 

セブンイレブンのボーナスポイントはやっぱりおいしい

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのボーナスサービス対象店舗で特定の商品を購入するとボーナスポイントプレゼントという販促がよく行われています。還元率にすると10%を超えるような商品もあるので、セブンイレブンで色々な商品を買っているという方は、こうしたボーナス分は魅力です。

nanacoのボーナスがあるお店
・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・ヨークベニマル
・ヨークマート
・デニーズ

 

クレジットカードチャージをすればポイントの二重取りが可能

nanacoのようなプリペイド型の電子マネーの場合に、節約家が注目するのはやはり「クレジットカードを使った電子マネーのチャージ」です。
nanacoは事前にチャージをしてそのチャージをした残高で買い物をします。そのチャージをするときのチャージをクレジットカードで行うとしましょう。その時に、クレジットカードのポイントが付きます。そして、さらにチャージしたnanacoで買い物をしてポイントが付けば同じ金額でポイントの二重取りが可能です。

たとえば、nanacoに1万円をチャージするとしましょう。楽天カード(JCB)を使ってチャージをすれば1%分の楽天ポイントが貯まります。10000円×1%=100楽天ポイント。そしてチャージされたnanacoを使ってセブンイレブンでお買い物をして700nanacoポイントが貯まったとしましょう。

実際に使ったお金は1万円ですが、使いきった時には100円分の楽天ポイントと700円分のnanacoポイントが貯まっています。最終的な還元率は1.7%となり、ポイントの二重取りができることになります。

ちなみにnanacoにチャージをしてポイントを貯めることができるのは楽天カード(JCB)YahooJapanカード(JCB)が代表的です。両者とも1%の還元となっており魅力的ですね。

ちなみにこのクレジットチャージでポイントが貯まるということを利用して「公共料金や税金などの支払いはセブンイレブンのnanaco(電子マネー)がオススメ」というような節約術も利用されています。
この節約テクニックが利用できるのは現状ではnanacoのみということもあり、かなり重宝されていますね。

 

その他のキャンペーンで貯める

このほかにも、セブンイレブン系のサービスでnanacoポイントがもらえるキャンペーンも多数展開されています。このブログでも「セブン銀行の上手な利用でnanacoポイントを賢く貯める方法」などを紹介してきましたね。決してまとまったポイントが貯まるわけではありませんが上手に活用したいところですね。

このほかにもnanacoのメルマガ(ポイント付きメール)購読でもポイントを貯めることができます。

 

nanacoポイントの使い方・交換

貯めたnanacoポイントの使い道ですが、大きく「nanacoの残高に再チャージする」という方法と「別のポイントと交換する」という方法があります。他の共通ポイントであるTポイントPontaポイントdポイントのように使い道が多いわけではないので、貯めたポイントは素直にnanacoに再チャージして使うという利用方法がお手軽な気がします。

 

nanacoへ再チャージする

1ポイント=1円分としてそのままチャージすることができます。
こちらへの交換はセブンイレブンのレジなどでも行うことができるようになっています。手続き的には簡単な上、1ポイント単位から交換可能なので無駄にすることがありません。

 

提携ポイント(ANAマイル/ANAスカイコイン)と交換する

nanacoポイントを唯一外部のポイントとできるのはANAのマイルとANAスカイコインの2種類です。

500nanacoポイント→250ANAマイル
500nanacoポイント→500ANAスカイコイン

等価交換となっていますね。レートも他のポイントと比較して決して悪くはないです。ちなみにANAマイルとスカイコインについては「ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ」と「ANAスカイコインの活用術。お得な交換方法や使い道、有効期限などのまとめ」でそれぞれ説明しています。

 

以上、nanacoポイントのお得な利用方法や貯め方についてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP