おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック

mypaceribo正直言って誰にでも推奨できるテクニックというわけではないということをまずは断っておきます。マイペイすリボは、大手カード会社である三井住友カードが提供している自動リボ払いサービスの名称です。

私のリボ払いに対するスタンスは「実は危険なリボ払い」でも紹介している通りで利用するべきではないというのが前提です。ただし、仕組みを理解して上手に特典だけをゲットできるというのであればその限りではありません。今回はそんなマイペイすリボを利用した特典活用テクニックの紹介です。

スポンサーリンク

マイペイすリボの利用特典は2つ

マイペイすリボの利用特典は2つあります。一つは「年会費の無料化・割引サービス」、もう一つは「リボ払い利用時のポイント2倍キャンペーン」です。

年会費の無料化・割引サービス

マイペイすリボの利用登録をすることで年会費が割引または無料になります。なお、WEB明細サービスを利用することでさらに割引がアップします。下記はマイペイすリボ+WEB明細の両方の特典を利用した場合のケースです。

たとえば、三井住友VISAカードの代表的なプロパーカードの年会費は下記のようになります。年会費はすべて「税別」となっております。

三井住友VISAカード クラシックカード:1,250円→無料
クラシックカードA:1,500円→無料
ヤングゴールドカード20s:3,000円→1,000円
プライムゴールドカード:5,000円→1,500円
ゴールドカード:10,000円→4,000円

>>三井住友VISAカード公式ホームページはこちら

かなりの割引率になるとことがわかるかと思います。ゴールドカードになると年会費が6000円も割引になるわけです。実質的な負担はゼロです。

 

また、三井住友カードはANAカードの発行も行っており、各種ANAカードの年会費も下記のように割引となります(一部はWEB明細サービスの利用も必要)。
ANAカードはVISA(三井住友カード)以外にもJCBやアメリカンエキスプレス、ダイナースクラブなどでも発行されていますが、年会費の割引が聞いているのは三井住友カードだけです。
年会費を節約したいならVISAブランドが最もお得です。

ANA(一般):2,000円→1,025円
ANAワイドカード:7,250円→6,275円
ANAワイドゴールドカード:14,000円→9,500円

>>ANAカード(VISA)の公式ホームページはこちら

 

この他にも「ヤハマFC VISAカード」「阪急百貨店ペルソナ」「STACIA PiTaPa VISAカード」「新AOYAMA VISAカード」「KIP VISAカード」「JNB VISAカード」「マツダm’x/m’z PLUSカード」なども同様の割引サービスがあります。

基本的にはマイペイすリボの登録で割引を受けることができます。たとえば、月の利用限度額が40万円なら、月々のリボ払い支払額を40万円にしておけば、手続き不要となります。そのため、最初の設定だけVpass(三井住友カードのカード管理サイト)で行う必要がありますが、それ以降の手続きは不要です。

 

リボ払い利用時のポイント2倍キャンペーン

こちらは、上級者向けですし、すこし手続きが面倒です。
三井住友カードでは「マイペイすリボを設定しリボ払いをして金利(手数料)が発生した場合には、その月のポイントが2倍になる」と言うキャンペーンを行っています。

手数料は1円でもいいわけです。このしくみを利用してポイントを2倍にします。

毎月の利用金額が確定し次第、増額返済の手続きをして、手数料が少しだけ発生する残金を残した状態にして決済するという方法を取ります。

具体例で説明しましょう。
今月に15万円のクレジットカードで買い物をして、マイペイすリボの支払金額として2万円を設定しているとしましょう。このままですと、翌月の支払は2万円で13万円分がリボ残高となります。

この13万円分を金利・手数料が発生する最小限度額だけを残して残りを増額返済します。おおよそ1000円残高があれば確実に手数料が発生するので、このケースだと12万9千円を増額返済手続きします。

すると、翌月の支払はデフォルトの2万円の支払に加えて、増額返済の12万9千円の合計14万9千円となり、1千円のリボ払い残高が発生します。これに対しては金利が発生するので、見事ポイントが2倍になるという仕組みです。

 

毎月の手続きが必ず必要になるのでちょっと面倒

この方法のデメリットは、最初の年会費無料(割引)テクニックと違って、カード利用があれば「毎月」手続きをする必要があるということです。手続き自体はVpass上から可能なので、そんなに手間暇がかかるわけではありませんが、それでも毎月忘れずに処理するというのはちょっと面倒です。

ポイントの為ならこのくらいの手間は惜しまないよ、と言う人向けのお話になりますね。

 

ちなみに、このマイペイすリボのような自動リボはしっかりと理解した上で、特典を上手に活用するというのであればアリですが、よく理解しないで自動リボの設定をするのは絶対にやめておきましょう。この辺りについては「知らないうちに借金?自動リボ払いにご注意。」でも記事にしています。

以上、マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニックでした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP