おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dカードgold(旧:DCMX gold)はドコモユーザーはメリットいっぱいのカード

dgoldNTTドコモの携帯電話や光インターネットサービスを利用している人はドコモのクレジットカード「dカード」がオススメ。特に家族契約や光インターネット契約もパックにしている方は上位クレジットカードである「dカードgold」が大変お得です。

ゴールドカードと聞くと年会費が高額というイメージがありますが、特典まで考えると年会費は軽くペイできてしまいます。今回はそんなdカードgoldのメリット、デメリットや活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

dカードとは?

ドコモのクレジットカードです。2015年11月までは「DCMX」というブランド名でクレジットカードを発行していましたが、2015年12月より「dカード」にブランドを変更しています。

さらに、従来のドコモポイントを「dポイント」というポイントに切り替えており、TポイントやPontaのような共通ポイント制度に変更しました。ドコモで貯めたポイントを加盟店での決済に利用するということもできるようになっており、従来よりもより汎用性の高いポイントプログラムとなっています。

dカードは「一般カード」と「ゴールドカード」の二種類があります。

 

一般カード
・初年度年会費無料。翌年以降は利用が無いと年会費1250円(税別)
・ドコモの利用代金の1%分がポイントバック
・ケータイ補償 最大3万円保証

 

ゴールドカード
・年会費1万円(税別)
・ドコモの利用代金の10%分がポイントバック
・ケータイ補償 最大10万円保証

 

以上のようになっています。一般カードについては1度でも利用すれば年会費無料にできるので問題ないですが、ゴールドカードは年会費が1万円もします。

特典はいろいろあるみたいですが、ペイできるものでしょうか?

 

ゴールドカードの年会費はポイントでペイできる

dカードはドコモユーザーの方なら年会費をケチって一般カードにするよりもゴールドカードを選択するほうが最終的なメリットは大きいです。ポイント還元や必ずもらえるポイントプレゼントなどを含めたら、年会費の1万円以上のポイントを受け取れるはずです。

 

ドコモ利用料金の10%ポイント還元

dカードGoldの特典はなんといってもドコモの利用料金の10%分がポイントとしてバックされるのが非常に大きいです。

正確に言うとdカードゴールドの特典ではなく、dポイントクラブのゴールドステージ特典です。dカードゴールドの所有者は自動的にdポイントクラブのゴールドステージに上がれるので、結果的に10%ポイントバックの特典が受けられるわけです。

※ドコモの利用料金1000円につき100ポイント還元となります。

 

月に1万円以上払っているなら確実に得になる

月に1万円を支払っているとすると、年間で12000円相当のポイントが貰えます。dカードゴールドを持っていなくても1%分である1200ポイントは貯まることを考えると差し引き10800円分得をできることになります。

たとえば、家族がいる方などはドコモの「カケホーダイ&パケあえる」といった料金プランを利用している人も多いかと思います。こうしたプランの場合は料金として1万円以上かかることも珍しくないはずです。

このようにポイント還元だけで年会費をペイするというのもそんなに難しいことではありません。ちなみに、ドコモの携帯料金以外にもドコモ光(光インターネット)の料金も同様に10%還元となります。

 

家族カード1枚無料なので家族の支払い分も10%還元

dカードゴールドは家族カード1枚が無料になります。家族カード会員も同じようにdポイントクラブのゴールド会員となれるので、家族が支払っている分も1名分は10%還元とすることができます。

 

その他ドコモのゴールドステージ優待も受けられる

そもそもの10%ポイント還元はドコモのdポイントクラブの「ゴールドステージ」の会員に対する特典となります。ゴールドステージの会員特典は上記以外にも下記のような特典が用意されています。

 

プレミアムクーポン

ホテル宿泊券、食事券やJALのおもてなし空間、ディズニーリゾートやUSJなどテーマパークの優待券など抽選でプレゼント。シルバーステージ以上の会員が利用できます。

私は一度、この懸賞でホテルの食事券が一度当たりました!一定以上の会員向けの懸賞なので当選しやすいのかもしれませんね。

 

電子マネーiDの利用で3000ポイントプレゼント

これは絶対に忘れてほしくいないイベントです。dカードGoldにはドコモの電子マネーのiDが付帯しています。ドコモでは毎年、このiDを利用することでもれなく、ゴールドステージなら3000ポイントをプレゼントするキャンペーンをやっています。

2016年度分は「2015年12月1日(火曜)~2016年5月31日(火曜)の利用」で、3000ポイント(dポイント)をもれなくプレゼントという企画でした。

参加ハードルが非常に低く、コンビニで100円のジュースを買うだけでも条件達成でポイントがもらえるので絶対に活用してください。こちらもdカードゴールドの家族カードを利用すれば2名分で年間6000円相当のポイントです。

これだけで年会費の半分以上をクリアです!

 

ケータイ補償 最大10万円

ケータイ補償最大10万円はdカードgold会員向けの特典となります。

これも大きいですよ。

dカードgoldで利用している携帯電話が購入から3年以内に紛失・盗難・水濡れ・全損(修理できない故障)となった場合で新しい携帯電話をドコモショップで購入し、dカードgoldで支払うと、利用代金(請求金額)から補償額である最大10万円分が減額されます。

これはどういうことかというと、携帯電話を購入する時につける「保険」が無料でプラスされるようなものです。

 

家族カード1枚無料で2つの回線が対象になる

dカードgoldは家族カードも1枚まで無料で作ることができます。そして家族カードも主カードと同様のサービスを受けることができます。

それぞれがiPhone6sを購入してケータイ補償サービス for iPhone & iPadを利用しているとしましょう。この場合、年間に750円(税別)×2人分×12ヶ月がかかるわけで18,000円です。

一方でdカードgoldの保険を利用すればこの保険分を節約できるので最大で年間18000円も節約できることになります。

 

ドコモのスマホの保険は不要になる?

dカードゴールドの保険は「機種変更」という扱いになります。ドコモは購入から6か月以内に機種変更をする場合には、月々サポートが適用されないという規定があります。

そのため、購入から半年でdカードgoldの保険を使うと、月々サポートが効かなくなるためかなり高額となり損をしてしまいます。

そのため、この万が一に備えるためには当初の半年はドコモのキャリアが提供している保険に入っておくという手が有効です。

 

端末購入サポートを利用するときも同様に注意

ドコモでは、「端末購入サポート」というキャンペーンも行っています。これは一部の指定された端末を特定条件(乗り換えや新規など)で購入したときに一定の割引を受けることができるというものです。

こちらを利用している場合は1年(12ヶ月)を経過していない場合の解約(機種変更含む)は解除料という違約金が生じます。

こちらの対象者は主に乗り換え利用(MNP利用)なのでそう多くはないかもしれませんが、端末購入サポートを利用してスマホを買う場合は、dカードgoldの補償では不十分なので、ドコモのキャリアが提供している保険に入っておきましょう。

 

修理対応の場合は保険対象外なので注意

最後はdカードゴールドの保険は修理できない故障や紛失が対象だということです。修理可能な場合は修理費用は補償されません。
ここも考えておく必要がありますね。故障の場合はアップルストアで修理不可能だという判断をしてもらう必要があります。紛失の場合は警察に紛失届の提出が必要です。

 

他にもゴールドカードならではの特典も多い

dカードgoldはゴールドカードなので、ゴールドカードならではの特典も豊富です。

・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング保険
・国内空港ラウンジ無料
などが付帯します。

他にもゴールドカードを持っている方は重複してしまうサービスも多いでしょうが、ゴールドカードは一枚も持っていないという方はかなりお得なクレジットカードと言うことになります。

 

デメリットはないの?審査は厳しい?

カードを持つだけでお得になるライン(月額1万円)を超えているなら所有に関するデメリットは皆無といってよいでしょう。ただし、受け取れるのは「dポイント」になります。年会費自体をポイント払いすることはできませんのでご注意ください。

また、現時点でdポイントを現金に換金できる方法はありません。ドコモの携帯料金への割り当ての他、dポイントが利用できるローソンなどで使う、JALのマイルに交換するなどの利用方法もあります。

 

dカードgoldの審査

dカードgoldは「ゴールドカード」です。そのため一般カードであるdカードと比較して審査基準はやや厳しいはずです。もっともドコモユーザーに対するクレジットカードであるため、長年ドコモを利用しているようなユーザーに対しては信頼関係ができているとも言えますので、長期利用者は安心して良いかもしれません。

その一方で過去にドコモの携帯料金の未払いや遅延が頻繁に起こっていると言ったようなケースでは審査は厳しくなる可能性があります。

 

まとめ。ドコモユーザーなら持つべきカード

とりあえず、月に合計で1万円以上をドコモの携帯と光インターネットで払っているなら、それだけでもdカード ゴールドを持つ方がお得になります。家族がいる場合は家族1名分の料金も加えて考えることができます(家族カードが1枚年会費無料)。

ちなみに、ポイント目当てだけなら、dカードgold払いにする必要はありません。dカードgoldを作った上で、別のクレジットカードで決済するという方法でもポイントはもらえます。むしろ、dカード(gold)でドコモの料金を払ってもポイント対象外となるので、ドコモの携帯料金はdカード以外のクレジットカードで支払いましょう。詳しくは「ドコモの携帯電話料金をdカードで支払ってはいけない理由」でも紹介しています。

dカードゴールドを上手に活用して、しっかりと得をしましょう。

 

>>dカード GOLD 公式ホームページはこちら

 

以上、dカードgold(旧:DCMX gold)はドコモのユーザーはメリットいっぱいのカードという紹介でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP