おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

知らないうちに借金?自動リボ払いにご注意。

2016/03/28最終更新   クレジットカードのライフハック

creditcardクレジットカードの利用において注意したいものの一つに「自動リボ」というサービス(罠?)があります。自動リボ(自動リボ払い)というのはクレジットカードでの買い物がすべて「リボ払い」という支払い方法になるというものです。カード会社もあの手この手で、勧誘してきます。場合によっては意外と知らない間に勝手に自動リボ払い設定になっていて、知らない間に借金をしていたというようなケースもあるようです。今回はそんな自動リボ払いの注意点について紹介していきます。

スポンサーリンク

知らない間にリボ払いになってる??

実は、リボ払いという支払い方法は、カード会社にとって「とっても儲かる」仕組みなんです。
詳しくは「実は危険な「リボ払い」。リボ払い利用の問題点」にも書いていますが、ユーザーにとって便利そうで、かなりの間、高い金利を支払わなければならないことになるような支払い方法です。

カード会社からすれば、手数料(金利)をたくさん受け取れるため、リボ払いをしてもらえるというのは儲かることになるわけです。
一方、ユーザーから見ればその分、高い金利を支払うことになります・・・。

 

自動リボ払いサービスへの誘導

自動リボ払いは、すべてのカード決済を自動的にリボ払いにしてしまうというサービスです。
各カード会社とも、利便性などを謳って誘導するほか、ポイントや年会費などの特典を用いて誘導することもあります。
ほかにも、利用者がわかりにくいように、あの手この手で自動リボ払いへ誘導しています。

自分で気づかないうちに、リボ払いになっており、一括払いで支払っているつもりが実はリボ払いになっていて気づかないうちに何十万円ものリボ払いの残高が出来上がってしまい、大変な借金を背負ってしまったというような事例もよく耳にします。

 

よくある例の紹介

・作ったクレジットカードが、「リボ払い専用」だった。
・実は海外での利用に関しては自動リボ払いになっていた。
・ポイントがもらえるからという理由で手続きしたら勝手に自動リボ払いになっていた

どことは言いませんが、いろいろポイントキャンペーンなどを行う某カード会社にトラップが多いような気がします。カードのポイントキャンペーンの応募条件に自動リボ払いへの変更が入っているといった感じでしょうか。

特に、クレジットカードの明細をWEB明細にしている方は特に気づきにくいと思います。こうしたこともあるので個人的には可能な限り明細は郵送方式にしています。
WEB明細については「クレジットカードのWEB明細のデメリットとリスク」でも記事を書いていますのでご確認ください。

 

自動リボ払いの注意点と対応策

自動リボ払いについては、そうならないように気をつけるというのが一つです。
あるいは、そうなった場合には、リボ払いでもリボ払いしないようにするというのが一つです。

通常、リボ払いの金額は月々5000円とか1万円とか少額の決済に設定されていることが多いです。その金額を一括払いの金額で済ませることができるように大きな金額に設定し直すという方法があります。
こうすれば、事実上の1回払いとすることができ、利息負担を抑えることができます。

詳しくは「リボ払い専用クレジットカードの上手な活用法」でもまとめていますので、こちらも御覧ください。

また、知らないうち(気づかないうち)にリボ払いになっており、後から多額の借金に気がついてどうしていいかわからないという方は「リボ払い地獄に陥った人が早く返済するためのコツと方法」の記事をご覧ください。

 

以上、知らないうちに借金?自動リボ払いにご注意というお話でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP