おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

auウォレット(au WALLET)の仕組みや使い方、メリット、デメリットのまとめ

auwallet_mauウォレット(au WALLET)は携帯電話キャリアのauが管理している電子マネー(プリペイドカード)です。いわゆるブランドプリペイドカードと呼ばれるタイプのカードで、左の券面に「MasterCard」のロゴがあり、MasterCard加盟店で利用することができます。

au WALLETと「au」の名前がつく通りauの携帯電話、スマートフォン、光インターネットサービスを利用している人にお得なカードとなっています。

今回はそんなau WALLETについて、その仕組みやお得な利用方法や注意点、ポイント還元などについて分かりやすく紹介していきます。上手に利用すればかなりお得なカードを上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

au WALLETとは?

au WALLETはブランドプリペイドカードと呼ばれるタイプの決済サービスとなっています。特徴としては下記のような機能を持っています。

・事前にチャージ(入金)をして利用する
・クレジットカードと同様のカード番号が発行されている
・国際ブランド(MasterCard)のお店で使える
・インターネットでのお買い物(ネット決済)にも対応
・クレジットカードのような審査はない
・タッチ決済(Felica)には対応していない

事前にチャージして利用するというのは「nanaco」や「楽天Edy」「Suica」のような電子マネー・交通系ICカードと似ています。その一方で、利用することができるお店はMasterCard加盟店(クレジットカード支払いに対応しているお店)となっています。

 

au WALLETの基本スペック

年会費:無料
チャージ時ポイント:1.0%(auかんたん決済利用時)
ショッピングポイント還元:0.5%

特徴的なのはチャージをするときと実際に利用する時の2回に分けてポイントが貯まるということですね。後述しますが、上手に利用すればかなりポイント還元はお得です。

 

au WALLETを入手しよう

au WALLETは「auショップ(携帯ショップ)」「auの取り扱いがあるお店」で入手可能です。また、au WALLETの公式サイトやアプリからも請求することができます。

なお、作ることができるのは「au携帯電話を契約の個人」「auひかりを契約の個人」となっています。つまりauを利用している人のみということになりますね。なお、カードを作るにはau IDが必要になります。

 

au WALLETはどうやって使えるの?

手元にau WALLETが届いてもすぐに使えるわけではありません。まずは利用手続き(初回のみ)とチャージ(入金)が必要です。

 

まずは利用手続きをしよう

au WALLETの利用手続きをする必要があります。パソコンやスマートフォンなどを使ってカードとアカウントのひも漬けなどの手続きをします。

 

チャージ(入金)をする

au WALLETはプリペイド(事前払い)の決済カードです。初期状態では1円もチャージされていないので、最初に使う分を入金しておく必要があります。チャージ方法はau WALLETのウェブサイト・スマホアプリでインターネットを利用して簡単にチャージが可能です。またあまりお勧めしませんがauショップで現金チャージも可能です。

お勧めはau WALLETのウェブサイトかスマホアプリを使って、「auかんたん決済」「じぶん銀行」「クレジットカード」を使ってチャージするというものです。

 

あとはクレジットカードと同じように使う

チャージをしたらあとは普通に利用することができます。お店で使う時の注意点として「au WALLET払いで」と説明してもわかってもらえないと思います。普通に(クレジット)カード払いでといって、支払回数を聞かれたら1回を選択してください。これで買い物できます。
使い方もクレジットカードと同じようにクレジットカードリーダーを使って決済します。

 

au WALLETのメリット、活用方法

ここではau WALLETを活用するメリットや上手な利用方法を紹介していきます。

 

ポイントが充実。チャージや支払いでザクザクポイントが貯まる

au WALLETを利用する一番のメリットはやはりポイントサービスでしょう。使う時だけでなく、チャージでもポイントが貯まります。チャージの方法を工夫すれば1.5%ほどのポイント還元になります。一般に「ポイント還元率が高いクレジットカード」でも1%を超えるくらいなので、au WALLETの還元率の高さがわかりますね。

 

基本のポイント還元率は0.5%だけど上乗せもある

au WALLETの利用で貯まるポイントは通常0.5%(200円で1ポイント)となっています。また、一部の店舗ではポイント還元率がアップします。

代表的なところとして、セブンイレブン(1%)、マツモトキヨシ(1.5%)、ココス(1.5%)、ビッグエコー(1.5%)、紀伊国屋書店(1.5%)、TOHOシネマズ(1.5%)などがあります。こうしたポイント還元率がアップしているお店で利用すればもっとお得になりますね。

 

チャージするときも上手にポイントを貯めよう

au-wallet-cardchargeau WALLETにチャージをするときはポイント還元率の高いクレジットカードでチャージをするのがお勧めです。左の画像(クリックで拡大)はau WALLETにチャージが可能なクレジットカードをまとめています。

たとえば、楽天カードでチャージをすれば、楽天カードの利用に伴うポイントが1%もらうことができるわけです。au WALLETはお店で利用する時もポイントが貯まるので、いわゆるポイントの二重取りをすることができるわけですね。

・楽天カード(1.0%還元)
・DCカード jizile(1.5%還元。リボ専用なので注意)
・リクルートカード(1.2%還元)

電子マネー等にチャージをするときにクレジットカードを使ってチャージをすることでポイントを二重取りするというのはもはや常識ですね。上手に活用していきましょう。

 

じぶん銀行の利用で勝手にポイントがドンドンたまる

au(KDDI)が出資しているネットバンク「じぶん銀行」ではauユーザー向けのサービスとして「じぶんプラス(au star × じぶん銀行)

「プレミアムバンクfor au」といってauユーザー限定で振込手数料やATM手数料が無料になるサービスを提供していますが、2015年より、これらに加えて「じぶん銀行の利用でau WALLETのポイントが貯まる」というサービスを開始しています。

くわしくはのページをご覧ください。

 

クレジットカードが使えるお店で使えて審査もない

auwalletauウォレットは左の画像を見てもらうとわかる通り、クレジットカードそっくりです。MasetrCardというカードブランドのロゴものっていますよね。

一般的に電子マネーの決済方法は非接触ICチップを利用した方法(タッチして決済)が多いのですが、auウォレットはクレジットのカードリーダーを通して行います。

世間的には電子マネーリーダーよりもクレジットカードリーダーの方が多く普及しているので使えるお店の数は格段に多くなります。電子マネーが使えないお店でもMasterCardのクレジットが使えるお店なら電子マネーとして使えるので使える店舗数が多いです。
(一部店舗では利用できないお店もあるそうです)

使えるお金は事前チャージの範囲内のため、クレジットカードのような審査も不要です。どちらかというと事前チャージ式の「ブランドデビットカード」といったようなイメージに近いですね。

ブランドデビットについては「ブランドデビットカードとJ-Debitの違いを比較。デビットカードの特徴を理解しよう。」でも説明しています。また、au WALLETはMasterCardブランドなので少し違いますが、「VISAデビットカードとVISAプリペイドカードの比較とそれぞれのメリット、デメリット分析」でブランドデビットとブランドプリペイドカードの違いも説明しているのでこちらも参考にしてみてください。

 

WALLETポイントの使い道

au WALLETで貯まるポイントはWALLETポイントです。商品との交換などにも利用できますが、お得な使い方としてはau WALLETの残高に再チャージすることでしょう。100ポイント(100円分)としてau WALLETにチャージすることができます。なお、WALLETポイントを再利用してチャージした場合にはその分のチャージポイントは貯まりません。

 

au WALLETのデメリット

さて、ポイント還元率の高さで魅力的なauウォレットですが、一部マイナスの面もあります。それは基本auユーザー向けのサービスであるということです。

 

デメリットはauユーザーじゃないと利用できない

まずは、auを使っている人じゃないと申込ができません。auの携帯電話・スマートフォンの利用があるか、auひかりなどのインターネットサービスを利用している人でないと年会費がかかります。ドコモやソフトバンクユーザーの方にとっては残念な話です。

なお、携帯電話の会社を変えるのは面倒という方はインターネット回線の変更を検討してみるのもいいかもしれません。私も引っ越しを機に自宅のインターネット回線をそれまでのフレッツ光(NTT)から「auひかり(KDDI)」に変更しましたので、auユーザーとしてauウォレットを無事利用することができるようになりました。
光インターネット回線の料金もフレッツよりも安かったので結果的にさらなる節約につながりました。

また「じぶん銀行はauユーザーならぜひとも口座を作りたいネットバンク」でも書いていますが、auユーザーになるとじぶん銀行の預金金利や振込手数料、コンビニATM手数料が無料になるプレミアムバンクfor auが利用できるようになったのもうれしいです。

 

100%クレジットカードの代替にはならない

au WALLETはMasterCardブランドのクレジットカードが使えるお店で利用できますが、すべてのお店で利用できるわけではありません。一部利用できないお店もあるようなので100%の代替とはなりません。

 

まとめ。auユーザーなら持っておきたいカード

auウォレットは全体で見てもチャージと利用で実質1.5%という高還元率を実現できます。
また、還元率が高いクレジットカードを使うなどすれば2%台のポイントを受け取ることも可能です。上手に活用して下さい。

>>じぶん銀行公式ホームページはこちら
>>auウォレット公式ホームページはコチラ

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP