おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ふるさと納税はクレジットカード払いで特産品とポイントを両方ゲットしよう

cardふるさと納税は、2015年4月より従来必要だった確定申告が不要になるなど、かなり便利になってきています。さらに、制度が浸透してきたことで各自治体もふるさと納税をしてもらおうと、総務省から過度なプレゼントを自重するように注意されるほど特産品などの特典を充実させてきています。

そんなふるさと納税をよりもっとお得に活用するための方法が「クレジットカード」をつかってふるさと納税をするというものです。特産品がもらえるうえ、さらにクレジットカードのポイントも貯まるという節約術を紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも、ふるさと納税とは?

ふるさと納税というのは、現在お住まい以外の自治体に「ふるさと納税」と言う名前の「寄付」をすることです。
寄付されたお金は各自治体の収入として公的サービスなどに利用されます。
目的としては、ふるさと(故郷)や好きな自治体などを「金銭的に応援」する制度です。

寄付したお金は税法上の「寄付金」として扱われ、所得税や住民税が一部還付される形となります。また、多くの自治体では「ふるさと納税」をしてくれた人に対して地域の特産品などをプレゼントする「特典」を用意しています。

ふるさと納税が注目されているのはどちらかといえばこの「特典(お礼の品)」が充実しているからです。

まず、ふるさと納税をして寄付をしたお金は最低2000円の自己負担が必要になりますが、それ以上の分は所得税や住民税が安くなる形で戻ってきます。

そのうえで、たとえば、2万円の寄付(ふるさと納税)をした場合で1万円分のお礼の品がもらえるとしましょう。
2万円の寄付での自己負担は2000円なので、寄付した2万円の内、18000円は戻ってきます。

ということは2000円の負担で1万円のお礼の品がもらえるということになるわけです。こう聞くと非常にお得な制度であるということがわかりますね。こうした仕組みについては「ふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」で詳しく説明してるのでこちらも御覧ください。

 

ふるさと納税の支払いはクレジットカードでも可能。

ふるさと納税による、寄付はいくつかの方法で可能となっています。代表的なものは下記の通りです。

・窓口に持参する
・銀行振込で寄付する
・コンビニ払いなどで支払う
・クレジットカードで支払う
・ポイント払い(Tポイントや楽天ポイントなど)

といったように色々な決済手段が用意されています。どんなふうにして支払うことができるのかと言う点については各自治体によって異なりますが、最近では「クレジットカード」による支払いにも対応している自治体が増えています。

このカードによる支払い、上手に使えばクレジットカードのポイントまで戻ってくることになり、ふるさと納税の特典で儲かるだけでなく、ポイント分まで得をすることができるんです。

 

クレジットカードが使える自治体

すべての自治体というベースであればカード払いに対応しているのは5割くらいといったところでしょうか?
ただし、「ふるさと納税ポータルサイトを比較。どこでふるさと納税をするのがお得?」などで紹介しているポータルサイトに登録されているような自治体はほとんどカード払いに対応しています。

また、カード払いに対応していない自治体は、それだけふるさと納税に力を入れていないということの裏返しだと思います。ふるさと納税で「得をする」という観点で考えるのであればカード払いに対応していない自治体にわざわざ寄付をする価値は大きくないと考えることもできるでしょう。

 

ふるさと納税で寄付をするときカード払いならポイントが貯まる

クレジットカードで支払いをすると支払いに応じてポイントが貯まるということをご存知の方も多いかと思います。
こうしてもらえるポイントはカードによっても違いますが、「ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ」でも紹介しているように1%を超えるようなポイント還元が受けられるクレジットカードも多数あります。

仮に2万円の寄付をするとしたら、1%還元で200円分が戻ってくるということになります。

個人的にお勧めなのは、「還元率では最高峰の1.2%。リクルートカードのメリット、デメリット」で紹介しているリクルートカード(常時還元率1.2%)が挙げられるでしょうか。

また、楽天市場がサービスを提供している「楽天ふるさと納税」を使って寄付をするとき「楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ」でも紹介している楽天カードを利用して寄付をすると寄付金額の3%分がポイント還元されます。楽天市場を利用している人にとってはかなり魅力的といえそうです。

>>リクルートカード公式ホームページ
>>楽天カード公式ホームページ

 

クレジットカードの「名義」には注意しよう

なお、クレジットカードでふるさと納税(寄付)をする場合にはカードの名義に注意をしましょう。
基本的には寄付人=名義人である必要があります。

問題となりやすいのは家族の名義のカードです。ふるさと納税は「税額控除」という形で税金が安くなります。そのためには当然ですが、税金を払っている人が利用する制度です。

一般的には、世帯主(ご主人)の名義でふるさと納税を利用することになります。そうした時に、間違って妻の名義のクレジットカードを利用して寄付をしてしまうとその寄付は「妻の寄付」という形になってしまいます。

寄付できないわけではないですが、その場合は夫の税金は安くなりません。2万円の寄付をして全額が自己負担で1万円分のお礼の品をもらうという形で損をしてしまうこともあるわけです。必ずクレジットカードの名義人は寄付をする本人となるようにしましょう。

 

ふるさと納税はポイントの二重取り、三重取りで得をしよう

ただでさえお得なふるさと納税ですが、今回紹介したようにクレジットカードのポイント制度なども活用してさらに得をしましょう。

2016年9月現在で私が考えるもっともお得なふるさと納税の寄付方法は下記の方法です。

 

楽天ふるさと納税を選択

スーパーセール、買い回り特典で最大10倍
・楽天イーグルスの勝利特典で2倍~3倍
・スーパーポイントアッププログラムで最大7倍

楽天市場はポイントキャンペーンが多いので楽天カードを利用した寄付(+3%)も含めて、色々条件を組み合わせれば20%分くらいの還元は受けられそうです。

>>楽天ふるさと納税公式ホームページはこちら
>>楽天カード公式ホームページ

 

以上、ふるさと納税はクレジットカード払いで特産品とポイントを両方ゲットしようというお話でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP