おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

銀行カードローンと消費者金融の違いとそれぞれのメリット、デメリット

chart急にお金が必要になってお金を借りなければいけないという時に利用されることが多いのが銀行のカードローンや消費者金融(いわゆるノンバンク)の二つが選択肢に入ることが多いかと思います。

最近ではWEBでの申込で完結して最短で即日に融資を受けることができるというケースもあるようです。そんなお金を借りるときに、銀行のカードローンと消費者金融とでどちらを利用するべきなのか、あるいはどちらの方がお得なのかといった点についてまとめていきます。

スポンサーリンク

銀行カードローンと消費者金融の違い

まずは違いを簡単に表にまとめてみました。

銀行カードローン 消費者金融(キャッシング)
貸し手 銀行(都市銀行・地方銀行・ネット銀行) 信販会社などの貸金業者
法律 銀行法 貸金業法
総量規制
(借入上限)
対象外
利用枠は銀行が個別に判断する
対象
借入総額が原則年収等の1/3までに制限
所得証明の提出 原則として不要だが、一定以上の利用限度額を与える場合には求められる。 利用限度額が50万円を超える場合、あるいはほかの貸金業者の総貸付額が100万円を超える場合は所得証明が必要。
金利面 貸出金利については銀行、消費者金融によって違いがありますが、一般論としては銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利が安く設定されていることが多いです。
借りることができる上限額 総量規制のある消費者金融(キャッシング)と比較して規制のない銀行カードローンの方が、借りることができる上限金額は大きいようです。特に銀行カードローンには1000万円といったような高額な融資可能額を提供することもあります(同じ枠を消費者金融が与える場合は年収3000万円ないとダメ……)
審査のハードル・厳しさ 審査のハードル・厳しさは一般的に銀行カードローンの方が厳しいことが多いです。
審査期間・融資までのスピード 審査のスピードが早いのは消費者金融側の方が早いことが多いです。多くの消費者金融は即日審査で早いところでは即日融資だって可能なところがあります。銀行カードローンの場合は保証会社を通じての審査が多いため消費者金融よりも審査に時間がかかることが多いです。
その他サービス 一般の人へ無担保(担保なし・保証人なし)でお金を貸すことに対しての経験が豊富なのは消費者金融です。そうしたノウハウも整っていて、ユニークなサービスを実施していることも多いです。
たとえば融資(借り入れ)から一定期間の利息は無利息といったサービスを提供しているのは消費者金融に多く見られます。

 

最大の差は「総量規制」

銀行カードローンと消費者金融との大きな違いは総量規制の有無が大きいです。

上記の比較表でも書いているように、消費者金融に対しては年収に対して総額で1/3を超える貸し付けをしてはならないという新ルール(総量規制)が登場したことです。

これによってたとえば年収が500万円の人は総額で150万円までしか借り入れ(借り入れ枠)を設定できません。

一方で銀行カードローンは総量規制が適用される貸金業法ではなく、銀行法という別の法律で規制されている業種です。そのため、銀行カードローンについては年収の1/3までといった上限がなく、銀行側が許す範囲で多額の貸し付けを利用することもできるわけです。

 

借り入れ可能額が大きくなると金利も下がる

いや、自分は少額しか借りる予定がないからという方も、カードローンや消費者金融を利用するなら枠は大きめに持っておいたほうがいいです。

理由は「カードローン・キャッシングはできるだけ1社にまとめる方が金利が安くなる」でも書いたように枠が大きい(利用限度額が大きい)ほど適用されるローン金利が安くなるからです。

総量規制が適用される消費者金融の場合は1社しか利用しないという場合でも年収の1/3が上限となってキャップができてしまいます。

 

所得証明書などの提出も不要

多くの銀行カードローンでは限度額300万円くらいまでなら所得証明は不要とするところが多いです。一方の消費者金融は全体で100万円以上、単独で50万円以上の借入枠を設けるなら所得証明書の提出が必要となります。

このように提出の必要性が消費者金融は高いです。一方で「消費者金融やカードローンを利用するときは面倒でも所得証明を付ける」でも紹介したように、高い融資枠(利用限度額)を設定してもらうためには所得証明は必要です。

特に高収入の方は所得証明をつけて利用可能額を大きくしてローン金利を下げる方が有効に働く可能性も高いので、そうした方は積極的に所得証明を提出しましょう。

 

さらには金利も安いことが多い

総量規制とは関係ありませんが、さらに銀行のカードローンは消費者金融と比較して金利が安いことが多いです。金利というのはお金を借りるときの値段ですから、金利が低いところで借りるほど、安くお金を借りることができたということでもあります。

一方で、前述のように、銀行カードローンは「上限利用額」が高く設定されていることが多いです。たとえば、金利が「1.8~14.6%」と表記されていたとしても、1.8%の金利でお金を借りるには利用限度枠が1000万円といったような高額融資が受けられるほどの属性の人であるケースも多いです。

少額の利用の場合はそこまで消費者金融を利用する場合と金利が変わらないこともありますのでご注意ください。

 

このような総量規制や設定されている金利から個人向けの無担保ローンとしては銀行カードローンが主役となっています。

最近では消費者金融は銀行の傘下とはいり、一部の消費者金融ブランドは銀行カードローンのブランドとして生まれ変わったサービスもあります。(例:レイク→新生銀行カードローン「レイク」)

その一方で、現在でも消費者金融(貸金業者)として貸付を行っている会社ももちろんあります。

 

消費者金融を利用するメリットはないのか?

借りれるお金の上限は低いし(年収によるし)、金利も高いことが多い。
そういう消費者金融を利用するメリットとしてはどのようなところがあるのでしょうか。

大きくは「審査から融資までのスピード」と「無利息期間の設定」、「その他付加サービス」などが代表的です。

 

融資までのスピードが早いことが多い

多くの消費者金融はスピーディーな融資にこだわっているところが多いです。そもそもカードローンやキャッシング等を利用したいという場合は今すぐ必要というケースが多いでしょうから、最短即日融資というのは消費者金融における大きなメリットといえそうです。

 

無利息期間が設定されていることもある

一部の消費者金融では初回のみ、あるいは何度でも借り入れから一定期間は無利息といったサービスを行っているところがあります。
そもそもカードローンも消費者金融も一度使うまではハードルは極端に高いけど、一度使ってしまうと使うことに抵抗を感じなくなるという傾向があるようで、消費者金融側の戦略といえば戦略なのでしょう。

一利用者としては一度きりの利用で短期で返済できるという前提ならこうしたサービスを使ってみるというのも一つかもしれませんね。

 

その他のサービスがあることもある

他にも、たとえば大手消費者金融のプロミスでは、「ポイントサービス」や「おとくらぶ(登録すれば様々な施設の利用や飲食店などで割引が受けられるサービス)」といったような形で還元しているところもあります。

>>プロミス公式ホームページ

 

銀行カードローンと消費者金融はどちらがおすすめ?

ある一定以上の所得があるという前提であれば、やはり金利が安くなる可能性がある銀行カードローンの方をお勧めします。

一方で、今すぐお金が必要で今日中に何とかしたいというのであれば、最短即日をうたうような消費者金融の方が確実度は高いはずです。

なお、いずれにしても金利は決して安いものではないので、できることなら利用しないほうが良いというのは基本的なスタンスであるべきです。

中には、預金があるのにこのお金は○○用のお金だから……という理由でそれを崩さずにカードローンや消費者金融でお金を借りているという人がいますが、現状の預貯金の金利と借り入れの金利を比較すると圧倒的に割に合いません。

崩したくない気持ちは分かりますが、「借金返済・繰上返済は超効率的でノーリスクな資産運用と同じ。」などでも説明しているように借金返済が最高の資産運用という事を考えるとその逆をしてはいけません。

 

以上、銀行カードローンと消費者金融の違いとそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP