おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

奨学金を滞納するとブラックリストに登録されるのは平成20年11月以降に利用した人

black日本学生支援機構(旧:日本育英会)は貸与型の奨学金として日本最大の奨学金制度です。最近その奨学金で問題になっているのが、返済開始ができずに遅延とみなされ、返済者に異動情報が付与される(ブラックリストに載る)というものがあります。

このブラックリストに載るというのは実は全員ではなく、平成20年11月以降に奨学金を利用し始めた人に限ります。それ以前の人はブラックリストには載りません。だからといって返済しなくてもよいというわけではもちろんありませんが、心配されている方が多いようなので記事にしておきます。

スポンサーリンク

日本学生支援機構がブラックリスト登録をするようになったきっかけ

奨学金の返済率の低さは当時から問題でした。奨学金制度自体が過去に利用した人の返済を通じてあたらしい学生に貸与するという性質上、返済率が低いのは今後の奨学金給付に対して問題となります。

それを受けて、奨学金返済促進を目的として信用情報への登録というものをスタートさせたわけです。

日本学生支援機構はこれを受けて、平成20年11月に、信用情報機関であるKSC(全国銀行個人信用情報センター)に加盟し、それ以降の奨学金を利用する人には、奨学金の申込書に「個人信用情報の取扱いに関する同意書」といものを提出させています。

これには延滞した時には信用情報機関に登録しますよとしっかり書かれています。

 

それ以前の契約者は「任意提出」

ちなみに平成20年10月以前に奨学金の契約をしている人にも同じ同意書が郵送されています。これは任意提出となっており同意しなくても構いません。
ただし、同意をしたという場合には平成20年10月以前に奨学金の契約をしている場合でも遅延をすればブラックリストに載ることになりますのでご注意ください。

ちなみに、任意提出をしているかどうかは日本学生支援機構に電話をして確認すれば教えてくれるはずです。

 

それ以前の契約だからといって安心するものではない

当たり前の話ですが奨学金がどうであっても、契約をしたのであれば返済しなければならない借金です。事故情報が登録されないからとタカを括っていると民事訴訟法に基づいて法的な続きを取ってくることになるでしょう。

一方で、日本学生支援機構には奨学生の経済状況によって返済が困難な場合には返済猶予や減額返済などの制度があり、比較的柔軟に対応してくれます。

自分自身に置き換えて考えてほしいのですが、何度督促しても払ってくれない、こちらから強く出たら「今苦しくて払えないんです。もう少し待ってください」という人と、最初から「○○の理由で返済が厳しいので少し待ってください」という人がいるとしたら、前者よりも後者の相談に乗ってあげようと思いますよね。

それと同じことです。経済的な事情で返済ができないというのであれば早い段階で相談をすることをお勧めします。

 

日本学生支援機構(奨学金)は学資ローンであると認識するべき

特に、これから日本学生支援機構の奨学金制度を利用しようと考えている人は奨学金は学資ローン(教育ローン)である認識しておきましょう。

金融商品(ローン)として支援機構の奨学金制度を見れば、在学中は返済なしの上に無金利、卒業後は2種は金利がかかりますが微々たるもので、1種に至っては無金利という破格の条件です。
民間の銀行が提供している教育ローンなどと比べると大きく優遇されています。

もらっているものと勘違いせず、借金をして大学に通っているんだという認識をもって充実した大学生活を過ごすことが大切なのだと思います。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP