おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

FX取引業者を徹底比較。目的別におすすめのFX業者を徹底分析

fxFX取引業者の比較というと今更という感じがする人も多いかと思います。今回はそんなFX業者について純粋な為替取引という部分だけでなく、日常の生活などにも活用できるといったちょっと変わった活用方法も含めて比較していきたいと思います。

基本的に外貨で運用を考えたとき「外貨預金を絶対におすすめできない3つの理由」でも紹介したように外貨預金はほぼ確実にお勧めできないため、FXを使うのが基本です。ただ、いきなりFXは怖いという方も多いと思いますので今回はそんな初心者の方でも付き合いやすい証券会社や取引業者を比較していきます。

スポンサーリンク

あなたに合ったFXの使い方に合わせた業者の選び方

FXの使い方というと難しく聞こえるかもしれませんが、そもそものFX業者をどう使いたいのかで自分に合ったFX取引業者は変わってきます。

FXでの外貨運用・外貨投資という場合は大きく下記の4つのパターンに投資家の考えを当てはめることができるのではないかと思います。

1)外貨預金の代わりにFXで外貨を貯蓄したい

2)海外旅行などで使う外貨をFXで有利に調達したい

3)レバレッジも活用してバリバリ運用したい

4)システムトレード(自動売買)に興味がある

 

外貨預金の代わりにFXで外貨を貯蓄したい人におすすめ

外貨預金を絶対におすすめできない3つの理由」でも紹介したように外貨預金は正直言ってコスト(手数料)が高すぎて全くお勧めすることができません。そんな外貨預金よりもはるかに手数料も売買の自由度も高いのがFXです。

FXと聞くとハイリスクな運用と考える方も多いかとは思いますが、レバレッジをかけなければリスクは外貨預金と同様の水準になります。むしろ手数料(取引コスト)が安い分リスクはより低いといえます。

外貨預金としてFXを運用するのであれば、業者に求められるのは「少量から売買ができる」「スワップポイントの設定が有利」ということでしょう。

 

マネーパートナーズ 最低100通貨単位から取引可能で初心者に優しい

FXの取引単位は米ドルの場合1万通貨単位(約100万円)ということが多い中で、マネーパートナーズは100通貨単位(約1万円)からの売買が可能になっているというのが大きいです。初心者の方や少しずつ外貨を買っていきたいという方にも取り組みしやすいのが特徴です。

FXを使って米ドルを少しずつ積み立て投資していきたいという方にもお勧めできるFX取引業者です。

>>マネーパートナーズ公式ホームぺージはこちら

 

インヴァスト証券 くりっく365対応業者の最大手 まとまった資金の長期運用

インヴァスト証券は取引所FXである、くりっく365の最大手です。くりっく365の大きなメリットはスワップポイント(FXにおける金利)が一本値と業者の中抜きが入らないことです。そのため、長期運用で金利収入を中心に考えている方にはお勧めです。なお、くりっく365については「」もご参照ください。

ただし、取引単位は1万通貨単位(米ドルなら100万円相当)となりますのである程度まとまったお金をドルやユーロ、豪ドルなどの外貨で運用したい方向けといえますね。

>>インヴァスト証券(くりっく365)公式ホームページはこちら

 

海外旅行などで使う外貨をFXで有利に調達したい人におすすめ

海外旅行に行くときに現地通貨(外貨)を手に入れる手段の一つとしてもFXは魅力的です。FX取引業者の中にはこうした外貨獲得の手段としてのFXサービスを提供している会社もいくつかあります。
空港や現地の両替所で両替するよりもはるかに有利なレートで外貨を手に入れることができます。

 

マネーパートナーズなら外貨活用も魅力的

FXで貯めた外貨を海外旅行などで使うという場合はマネーパートナーズが一番お勧めです。というかマネーパートナーズしかないと言えるかもしれません。すでに当ブログでも「外貨両替はFXで為替手数料節約」や「海外旅行や出張で使える海外プリペイドカード」などでも紹介しているように、FXで買った外貨をそのまま出金したり、マネパカードというプリペイドカードにチャージして利用することもできます。

こうした使い勝手が高いうえ、100通貨単位という少額からの利用も可能なのでFX初心者の方にもお勧めできます。

>>マネーパートナーズ公式ホームぺージはこちら

 

レバレッジも活用してバリバリ運用したい人におすすめ

いわゆるFXという場合はこちらに該当するでしょう。為替レートの小さな変動でもレバレッジを活用して利益を出すという投資(投機)スタイルです。FXといって想像するのはこうしたトレード・スタイルではないかと思います。

求められるのは「通貨ペアの種類」「スプレッド(コスト)」「約定力」「トレードツールの使い勝手」などが挙げられるのではないかと思います。

 

GMOクリック証券 FX取引高4年連続世界1位

GMOクリック証券は大手ネット証券の一つに数えられ、さらにFX取引にも特に力を入れています。スプレッド(コスト)や約定力も高いうえ、スマホアプリの使い勝手も高く評価されています。
また、大手ネット証券ということで、同じ資金をFXだけでなく、株やCFD取引、先物取引などに転用することができるという自由度の高さも魅力的といえます。

>>GMOクリック証券FX公式ホームページはこちら

 

DMM FXはコスパの良いFX取引業者

DMMのFXサービスは低コストかつ約定力も高く、多くの投資家から高く評価されています。積極的なFXによる売買を考えているのであれば第1に検討できるFX取引業者になるかと思います。トレード用のFX業者としておすすめできます。

コストパフォーマンスを考えるのであればまず失敗のないFX取引業者といえそうです。

>>DMM FX公式ホームページはこちら

 

システムトレード(自動売買)に興味がある人におすすめ

システムトレードというのは、FXの売買を自動化して取引をするというものです。一定の戦略(ストラテジー)に沿って、トレードスタイルを自動化するというものです。自分自身で考える必要はないというのが魅力かと思います。一方で確実に成功するわけではないという点は理解しておく必要があります。

 

マネースクウェアジャパン トラリピが人気

マネースクウェアジャパンは非常にシンプルなシステムトレードを提供しています。その名も「トラップ・リピート・イフダン(トラリピ)」です。購入した価格より一定以上値上がりしたときに売るという注文を罠のようにたくさん仕掛けるというものです。相場が上下するタイミング売買を自動的に繰り返すというもので直観的にもわかりやすいのが特徴です。

>>マネースクウェアジャパン公式ホームページはこちら

 

インヴァスト証券 シストレ24はストラテジーの豊富さが魅力

上記のトラリピのように単純なシステムトレードではなく非常にたくさんの種類のストラテジー(戦略)が用意されており、それを投資家が選択するというタイプのFXシステムトレードです。一定の条件を決めればあとはフルオートでFXを売買するという仕組みになっています。

>>インヴァスト証券(シストレ24)公式ホームページはこちら

 

以上、様々な目的別にFX取引会社を比較してみました。皆様の参考になれば幸いです。

 

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP