おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

コロワイドの株主優待。年4万円分のお食事ポイント。

colowide-yutaiコロワイド(7616)は、居酒屋の甘太郎などの展開のほか、多数の外食チェーン店を傘下に収めている企業です。外食系ならではともいえる株主優待に力を入れており、傘下の飲食店で使えるお食事ポイントを提供しています。

今回はそんなコロワイドの株主優待について、外食展開ならではの高い優待利回りを活用する方法や注意点も紹介していきます。

スポンサーリンク

コロワイドの株主優待の基本情報

コロワイドは毎年3月末、9月末の株主に対して、自社グループの店舗で利用可能な株主様ご優待カードを発行し、3月末株主に対しては6月、9月にそれぞれ1万円相当のポイント、9月末株主に対しては12月、翌年3月にそれぞれ1万円相当のポイントを付与するという少しユニークな優待を実施しています。

500株以上:株主優待ポイント2万ポイント

株主優待ポイントは株主様ご優待カードに所定のタイミングごとにチャージされて利用できます。なおこのポイントはグループ企業である「アトム(7412)」「カッパ・クリエイト(7421)」とも共通のポイントとなっています。

優待利回りは2016年10月17日終値の1974円を基準に考えると年4万円分のポイント付与ということになり4.05%となります。一方の配当利回りは0.25%しかないので完全に株主優待に比重をおいた配当政策となっています。

なお、一時期は優待利回りは10%近かったのですが、最近の株価上昇によって優待利回りも低下しているというのが現状です。

外食チェーンに多い、株主優待の高い利回りをテコに株価を引き上げて、それをベースとして買収等で成長していく典型的な優待レバレッジ経営の企業です。似ているところとしては「SPFダイニング(3198)」などがありますね。

 

コロワイドの株主優待の使い道

株主優待ポイントは、コロワイドグループの店舗で利用できます。

・居酒屋 甘太郎
・遊食ざんまいNIJYU-MARU
・うまいもん酒場 えこひいき
・北の味紀行と地酒 北海道
・うまいものういっぱい いろはにほへと
・なにわ味 贔屓屋
・ゆであげパスタ&焼き上げピザ ラパウザ
・ウルフギャング・パックカフェ
・ステーキ宮
・にぎりの徳兵衛
・ 韓の食卓
・かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)

コロワイドの運営する店舗は非常に多く上記以外にも様々なブランドで飲食店を運営しています。詳しくは「コロワイドグルメサーチ」のサイトで確認してください。グルメサーチのページでは株主優待ポイントの利用可否も書かれています。

なおコロワイドは、レインズインターナショナル(牛角など運営)も傘下に収めていますが、こちらでは今のところ株主優待ポイントを使うことはできません。なお、コロワイドはハンバーガーチェーンのフレッシュネスバーガーの買収も報道されており、こちらでも使えるようになると幅が大きく広がりますね!

 

コロワイドの店舗が近くにないという方向けの商品交換

そうはいっても上記のコロワイドのお店が近くにはないという方もいらっしゃるでしょう。特に九州、四国、中国地方の方はかなり限定されてしまいます。そうした株主のためにコロワイドでは優待ポイントを使っての優待商品との交換も可能です。

・国産黒毛和牛ステーキ
・マグロ
・うなぎ
・しゃぶしゃぶ用 牛肩ロース
・美味詰め合わせ
・干物詰め合わせ
・お米
・アイスクリーム
・日本酒
・海鮮詰め合わせ
・生チョコ

といった具合にカタログから選んで、株主優待ポイントを消費してカタログショッピングが可能となっています。近くにお店がないという方でも安心できますね。

 

なお、株主優待投資については「株主優待目的で投資をする上でおさえておきたい優待投資の基本と注意点」や「株主優待の為の証券会社の選び方とお勧めのネット証券」などが参考になるかと思いますので、優待投資初心者の方はぜひ参考にしていただければと思います。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP