おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

東宝の株主優待。TOHOシネマズの割引や無料映画招待券などの特典

toho-yutai東宝(9602)は日本を代表する映画興行、邦画配給を行っている会社です。会社としては阪急系ですね。映画館のTOHOシネマズも東宝による運営となっています。株主優待制度も用意しており、映画優待券と映画招待券を保有する株数に応じて提供しています。

今回はそんなTOHOシネマズをお得に楽しめる株主優待を用意している東宝の株主優待について紹介していきます。

スポンサーリンク

東宝(9602)の株主優待基本情報

毎年2月末、8月末時点の株主に対して株主優待券がプレゼントされます。映画優待割引券は800円で映画鑑賞が可能になる割引券で、映画ご招待券は指定2ヶ月間通用する映画無料券で6枚で1シートです。

100株以上:映画優待割引券(2枚)
500株以上:映画優待割引券(5枚)
1000株以上:株主映画ご招待券(1シート)
2000株以上:株主映画ご招待券(2シート)
3000株以上:株主映画ご招待券(3シート)
5000株以上:株主映画ご招待券(6シート)
10000株以上:株主映画ご招待券(10シート)+演劇ご招待券(A席1枚)
20000株以上:株主映画ご招待券(15シート)+演劇ご招待券(A席1枚)
30000株以上:株主映画ご招待券(20シート)+演劇ご招待券(A席2枚)
50000株以上:株主映画ご招待券(25シート)+演劇ご招待券(S席3枚)
100000株以上:株主映画ご招待券(30シート)+演劇ご招待券(S席3枚)

※いずれも半年につき。

東宝(9602)の株価は2016年10月14日終値で3200円なので100株なら32万円、映画ご招待券の1000株だと320万円とかなり投資金額が高額となります。映画好きとしてはご招待券(無料券)まで行きたいところですけどね……。

さて、優待割引券は1800円の映画料金を800円と1000円割引にできるチケットです。単純にいえば1枚で1000円割引券ということになります。100株(2枚)で考えた優待利回りは0.625%くらいです。映画招待券だと1800円のチケット6枚分で10800円分の価値ですね。同優待利回りにすると0.33%くらいになります。

投資を優待利回りだけで考えるのであればあまり魅力的な水準とはいえないかもしれませんね。

 

映画ご招待券の仕組み

映画ご招待券は指定2ヶ月間通用する映画無料券としてますが、仕組みをもう少し詳しく説明します。
2月末の株主には5月ごろに優待券が届きます。この場合、「6月と7月」、「8月と9月」、「10月と11月」にそれぞれ使える無料券が各2枚で合計6枚。8月末の株主には11月ごとに優待券が届き「12月と1月」「2月と3月」「4月と5月」にそれぞれ使える無料券が各2枚という形になっています。

 

映画ご招待券の転売は難しい

また、1000株以上でもらえる映画の無料招待券は転売が難しい仕組みになっています。映画館では優待券だkでなく、別途発行される株主カードの提示も求められます。この番号が一致しないと入場できません。

そのため、第三者に転売するような場合には株主カードも渡す必要があるので、切り分けて無料にはできません。

 

株主優待投資が初めてという方は「株主優待目的で投資をする上でおさえておきたい優待投資の基本と注意点」や「株主優待の為の証券会社の選び方とお勧めのネット証券」なども参考にしてみてください。

 

以上、東宝の株主優待についてまとめてみました。映画が好きで東宝のような会社を応援したいという方にもいいかもしれませんね。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP