おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

純金積立で金を買うメリットとデメリットと純金積立サービスを比較

gold純金積立とは、毎月一定の金額を拠出して純金(ゴールド)を購入して積み立てていくという運用方法です。純金という実物資産を少額の資金からでも購入することができる運用サービスになっています。貴金属の販売会社や一部の銀行などが純金積み立てサービスとして提供しています。

今回はそんな純金積立について、サービスを利用するメリット、デメリットを分かりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

まず、純金を買うというのはどういうことか?

純金(ゴールド)を買うというのは、実物資産への投資です。

黄金は古来から富の象徴であり、それ自身が価値を持っています。宝物といえば黄金や金の延べ棒を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

金はそれ自身が価値を持つ資産である

宝飾品としてはもちろん、腐食しない、錆びないといった価値の保存性も高いことから、かつては「金本位制(きんほんいせい)」といって黄金をベースに通貨(紙幣)が管理されていたほどです。

今では通貨に対しての金本位制は崩れていますが、有事の金といって戦争などの大きな環境変動時には金に資金が流れることは多々あります。

 

一方で、金はそれを保有していても富を新たに生み出すことはない

金(黄金)はどれほど持っていたとしても、それ自身が利息や分配金などの収益を生みだすことはありません。

たとえば、株式投資であれば投資したお金は会社の事業のために使われて、それにより収益を生み出し、配当金など形で投資家に対して還元されます。

一方で、金1グラムはいつになっても1gのままです。
もちろん、金の価格は相場によって変動するので金価格の変動によって利益を得ることはあります(損をすることもあります)。ただ、純金(金)自身がなんらかの収益を生みだしていくようなものではないということを理解しておく必要があります。

この部分が純金投資のもっとも大きなデメリットといえるところでしょう。

 

じゃあ、純金を買うメリットは何なのか?

前述の通り、金というのは希少価値があります。宝飾品としてはもちろんですが、工業的な面でも需要があります。金というものはそれ自身が価値を持っているわけです。

 

日本という国のリスクから逃れられる

それと比較して「日本円」というお金(通貨)は、それ自身には裏付けとなるような価値がありません。1万円札は日銀(日本国)がその価値を保証しているから価値があるわけです。もしも国が崩壊するようなことがあれば1万円という紙幣はただの紙切れです。

日本の国が何らかの形でボロボロになったら、日本円の価値は下がり、大幅な円安となるでしょう。となると外国から入っている来るもの(輸入品)の価格は大幅に上昇してすさまじいインフレとなってしまい、円という資産を持っているだけのポートフォリオでは、家計資産の価値が大幅に下落してしまいます。

今のところ普遍的な価値をもっている金(純金)を保有するというのは、そうしたリスクから逃れるという意味で資産分散の意味で価値があります。

 

世界的な不況や戦争などのリスクにも強い

単純に日本のリスクに備えるというだけなら「米ドル」「ユーロ」といった外貨資産を持っていれば大丈夫ということになります。その一方で政変や経済ショック、戦争、大災害などの際に、日本だけでなく世界的に大きなダメージを受けてしまうことも考えられます。

そうした際には普遍的な価値をもっている純金(ゴールド)を持っていることはそうしたリスクのヘッジ(回避)に役立つと考えることができるでしょう。

 

純金積立とは何か?

さて、表題の純金積立ですが、これは純金を毎月一定の金額で積み立てながら購入してくというものです。
たとえば、毎月1000円分ずつ金を買っていくというやり方です。

金の販売会社によるサービスが中心ですが、最近では銀行などでもこうしたサービスを行うようになっています。純金はそれ自体が金額が高いためまとめて購入するのは大変なのでこのように毎月少額からの積み立てができるサービスがあるのです。

 

純金積立で金を買うメリット

純金(ゴールド)の価格は相場によって変動しますが、毎月一定額ずつを購入することで「ドルコスト平均法」によって平均取得価格を引き下げることができ、高値掴みをするリスクは小さくなります。

短期間の金価格の変動で大儲けすることはできなくなりますが、そもそもの純金投資の大きな意味は、リスクヘッジにあるので、高値掴みリスクを減らす方が意味があると思います。
参考:ドルコスト平均法のメリット、デメリット

 

純金積立のサービスを比較するポイント

以下では、純金積立のサービスを行っている事業者を紹介、比較していきます。
順番は月3000円を積み立てた時のコストの大きさで比較しています。

 

やはり大切なのは手数料

純金積立も投資です。投資においてリターンに対して大きな影響を与えるものが「手数料」です。株式投資や投資信託への投資などと同様に純金積立においても手数料を重視しましょう。

 

純金積立の金の保管形式は2種類ある

純金積み立ては金を購入して積立しているわけですが、その購入した金の管理方法には「特定保管」と「消費寄託」という2種類がありそれぞれで特徴が違います。

基本的には純金積立については特定保管を採用している会社の方が安心です。
その一方で、特定保管ではなく、消費寄託の場合、純金積立のサービス提供会社は純金を第三者に貸し出すなどすることで一定の利益を得らるという面があり、その結果として純金積立に関する手数料(購入手数料など)が割安になっているという面もあります。

 

○特定保管

純金積立を管理している会社と、顧客の金資産を完全に分離して管理・保管する方法。株式投資などの信託保全と同様の考えで、万が一、金を預けている会社が倒産するなどした場合でも顧客投資家の金資産は守られます。

 

○消費寄託

こちらの場合、純金の名義人はあくまでも純金積立サービスを行っている会社のものとなっています。サービス利用者はその会社に対して金○○gの債権(返還を請求できる権利)を持つという形になります。そのため、純金積立サービスを提供している会社が倒産するなどした場合は、預けている純金(金)の一部または全部が戻ってこない可能性があります。

 

以上から、純金積立を考える場合には「手数料」と「保管方法」の2つで比較する必要があります。さらに保管方法が「消費寄託」である場合はその業者がどれほど信頼できるかも一緒に考える必要があるということですね。

 

住信SBIネット銀行の純金積立

手数料:75円(1,000円ごとに25円)
年会費:無料
保管方法:消費寄託

コスト面を考えると2015年12月現在で最も安いです。ネット銀行ですが、親会社は住友信託銀行、SBIホールディングスがそれぞれ50%出資しており安全性は高い銀行だと思います。個人的に純金積み立てをするなら住信SBIネット銀行が一番お勧めです。

>>住信SBIネット銀行公式ホームページはこちら

 

マネックス証券・楽天証券の純金積立

手数料:81円(購入額の2.7%)
年会費:無料
保管方法:消費寄託

マネックス証券、楽天証券ともに大手ネット証券とされる証券会社です。いずれも手数料は安いです。おなじ投資という部分で資金管理をするなら証券会社を通じての方がよいかもしれません。

>>マネックス証券公式ホームページはこちら
>>楽天証券公式ホームページはこちら

 

田中貴金属工業の純金積立

手数料:150円(購入額の5.0%)
年会費:無料
保管方法:特定保管

貴金属取引店として有名な田中貴金属です。最大の特徴は「特定保管」で顧客の金資産を守っているところです。少額投資の場合は手数料がネット銀行、ネット証券の純金積立と比較して高いですが、安全を買うという考えであれば特定保管の田中貴金属工業は安心できるかもしれません。
ただし、やはり「手数料」という部分が高いのは中長期的に考えると、厳しいかもしれません。

 

ちなみに、純金に投資をするという運用方法は純金の積立という方法以外にも方法があります。それぞれの特徴については「純金(ゴールド)へ投資をする方法とそれぞれの特徴、メリット・デメリットを比較」の記事でまとめておりますのでこちらも御覧ください。

以上、純金積立で金を買うメリットとデメリットと純金積立サービスを比較してみました。

Pocket

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP